<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 神経精神科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   西村 勝治
   大坪 天平
   金 吉晴
准教授:
   赤穂 理絵
   稲田 健
   高橋 一志
講師:
   押淵 英弘
助教:
   浅野 瑞穂
   河野 敬明
   川本 恭子
   澤村 実紀
   柴田 結以
   末木 亮嗣
   鈴木 枝里子
   辻 かをる
   堤 多可弘
   野田 剛史

   松井 健太郎
   村岡 寛之
   森脇 久視
   山本 舞
■ 概要
東京女子医科大学 神経精神科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 41 0 1 5  0 3 0 2  0 38  0 4  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SUGAWARA Hiroko, TSUTSUMI Takahiro, INADA Ken, ISHIGOOKA Jun, HASHIMOTO Mamoru, TAKEBAYASHI Minoru , NISHIMURA Katsuji:  Association between anxious distress in a major depressive episode and bipolarity.  Neuropsychiatric Disease and Treatment  :267-270 , 2019.1
2. NODA Tsuyoshi, KOBAYASHI Sayaka*, SAWAMURA Jitsuki, OSHIBUCHI Hidehiro, NISHIMURA Katsuji:  Withdrawal of the Decision to Donate Kidney by Living Related Donors: A Single-center Study in Japan.  Transplantation proceedings  50 (10) :3045-3052 , 2018.12
3. MURAOKA Hiroyuki, OSHIBUCHI Hidehiro, KAWANO Masahiko, KAWANO Takaaiki, TSUTSUMI Takahiro, YAMADA Makiko, ISHIGOOKA Jun, NISHIMURA Katsuji, INADA Ken:  Escitalopram attenuates fear stress-induced increase in
amygdalar dopamine following methamphetamine-induced sensitisation: Implications
of fine-tuning action of selective serotonin reuptake inhibitors on emotional
processing.  European journal of pharmacology  :1-9 , 2018.9
4. KAWANO Takaaiki, OSHIBUCHI Hidehiro, KAWANO Masahiko, MURAOKA Hiroyuki, TSUTSUMI Takahiro, YAMADA Makiko, ISHIGOOKA Jun, NISHIMURA Katsuji, INADA Ken:  Diazepam suppresses the stress-induced dopaminergic release
in the amygdala of methamphetamine-sensitized rat.  European journal of pharmacology  833 :247-254 , 2018.8
5. INADA Ken, OSHIBUCHI Hidehiro, ISHIGOOKA Jun, NISHIMURA Katsuji:  Analysis of Clozapine Use and
Safety by Using Comprehensive National Data From the Japanese Clozapine Patient
Monitoring Service.  Journal of clinical psychopharmacology  :302-306 , 2018.8
総説及び解説
1. 白川美千雄, 稲田健:  特集 高齢者の精神疾患(認知症を除く)
臨床に役立つQ&A
1.ベンゾジアゼピン系薬の減量・中止のコツを教えてください.  Geriatric Medicine  57 (3) :253-258 , 2019.3
2. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第11回スタッフへの迷惑行為が見られる患者.  透析ケア  25 (3) :76-80 , 2019.3
3. KOBAYASHI Sayaka, KAI Kotaro, OKABE Sachi, TSUTSUI Junko, TSUTSUMI Takahiro, FUCHINOUE Shohei, NISHIMURA Katsuji:  New-onset anorexia nervosa after living kidney transplantation.  Psychosomatics  60 (2) :216-220 , 2019.3
4. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第10回 職員への暴言をくり返すが転院を拒否する患者.  透析ケア  25 (2) :72-75 , 2019.2
5. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第9回 スタッフに対する要望が強い患者.  透析ケア  25 (1) :72-75 , 2019.1
6. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第8回 精神障害の息子と同居し自傷行為をくり返す患者.  透析ケア  24 (12) :76-79 , 2018.12
7. 西村勝治:  精神科薬物療法の実践と治療哲学
リエゾン精神医学からみた精神科薬物療法.  臨床精神医学  47 (増刊) :212-213 , 2018.12
8. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第7回 摂食障害のある女性患者.  透析ケア  24 (11) :72-76 , 2018.11
9. 西村勝治:  患者の心に寄り添う透析看護 精神科医と考えるサイコネフロロジー
第6回 自殺企図を起こした初期成人期透析患者.  透析ケア  24 (10) :72-76 , 2018.10
10. 堤多可弘, 高橋一志:  産業保健における神経症性障害と薬物療法.  臨床精神薬理  21 (10) :1325-1331 , 2018.10
全件表示(32件)
その他
1. 松井健太郎:  症例検討ワークショップ4「不眠症」.  アプライド・セラピューティクス  10 :7-13 , 2018.12
2. 鵜殿明日香:  睡眠薬を減量する際は長時間作用型と短時間作用型のどちらから減量すべきでしょうか?.  精神科治療学  33 (増刊) :210-211 , 2018.11
3. 佐藤萌子:  不眠を訴える患者さんの睡眠状況について、どのように評価すればよいでしょうか?.  精神科治療学  33 (増刊) :212-213 , 2018.11
4. 松井健太郎:  単なる寝言とレム睡眠行動障害は違いますか?.  精神科治療学  33 (増刊) :214-215 , 2018.11
5. 稲田健:  薬物療法は学会などが作成したガイドライン通りに行わなければならないのでしょうか?.  精神科治療学  33 (増刊) :234-235 , 2018.11
6. 赤穂理絵:  せん妄疑いの患者さんを往診する前に収集しておくべき情報は何でしょうか?.  精神科治療学  33 (増刊) :278-279 , 2018.11
7. 押淵英弘:  せん妄状態の患者さんで肝障害,腎障害,糖尿病,心疾患それぞれがあったら,対応上注意すべき点を教えて下さい。.  精神科治療学  33 (増刊) :280-281 , 2018.11
8. 末木亮嗣, 高橋一志, 西村勝治:  肝障害で内科に入院した患者さんが数日後に不穏状態を呈したとコンサルトがありました。どのように対応したらよいでしょうか?.  精神科治療学  33 (増刊) :286-287 , 2018.11
9. 西村勝治:  サイコネフロロジーを担う医療スタッフのためのメンタルへルス.  臨床透析  34 (11) :101-102 , 2018.11
10. 西村勝治:  編集後記.  精神科治療学  33 (10) :1268-1268 , 2018.10
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 島本啓輔, 稲田健:  統合失調症治療薬.  Pocket Drugs 2019  29-32.  医学書院,  日本, 2019.1
2. 稲田健:    患者さん・ご家族・支援者のために 統合失調症薬物治療ガイド  1-93.  株式会社 じほう,  日本, 2018.8
3. 石郷岡純:  統合失調症薬物治療ガイドライン.  最新医学別冊 診断と治療のABC 136 統合失調症  162.  最新医学社,  東京都、日本, 2018
4. OSHIBUCHI Hidehiro:  THE ROLE OF AMYGDALA DOPAMINE IN FEAR MEMORY PROCESSING.  Facilitating Resilience after PTSD,A Translational Approach  91-112.  Nova Science Publishers,  USA, 2018
5. NISHIMURA Katsuji:  Psychiatric Symptoms.  Neuropsychiatric Systemic Lupus Erythematosus - Pathogenesis, Clinical Aspects and Treatment  129-140.  Springer International Publishing,  Switzerland, 2018
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KAWANO Takaaki, INADA Ken, OSIBUCHI Hidehiro, MURAOKA Hiroyuki, TSUTSUMI Takahiro, NISHIMURA Katsuji: Diazepam suppresses the stress-induced dopaminergic release in the amygdala of methamphetamine-sensitized rat.  CINP,  Vienna,Austria,  2018/06
2. ◎HOKAMA Tyouryou, TSUTSUMI Takahiro, KAWANO Takaaki, OSHIBUCHI Hidehiro, INADA Ken, NISHIMURA Katsuji: Relationship between withdrawal symptoms of benzodiazepine sleeping pills and background factors.  CINP,  Vienna,Austria,  2018/06
3. ◎OSHIBUCHI Hidehiro, MURAOKA Hiroyuki, KAWANO Masahiko, KAWANO Takaaki, TSUTSUMI Takahiro, INADA Ken, NISHIMURA Katsuji: Escitalopram Attenuates Fear Stress-Induced Increase in Amygdala Dopamine According to Dopaminergic Sensitisation:Implications of Fine-Tuning Action of Selective Serotonin Reuptake Inhibitors on Emotional Processing.  CINP,  Vienna,Austria,  2018/06
4. ◎TSUTSUMI Takahiro, OSHIBUCHI Hidehiro, KAWANO Takaaki, MURAOKA Hiroyuki, NAKANO Tatsunori, INADA Ken, NISHIMURA Katsuji: An open trial of aripiprazole for delirium treatment.  CINP,  Vienna,Austria,  2018/06
5. ◎山元健太朗, 堤多可弘, 大野友梨香, 安楽勇太, 佐藤萌子, 河野敬明, 末木亮嗣, 西村勝治: 性衝動を合併した思春期の注意欠陥多動性障害の1例.  第115回東京精神医学会学術集会,  東京,  2019/03
6. 小林清香, 押淵英弘, 赤穂理絵, 西村勝治: 移植前のレシピエントの心理社会的評価の実態と課題.  第52回臨床腎移植学会,  大阪,  2019/02
7. 松井聡子, 小林清香, 筒井順子, 押淵英弘, 赤穂理絵, 西村勝治: 臓器移植レシピエント候補者の心理社会的な移植適応の評価法.  第52回臨床腎移植学会,  大阪,  2019/02
8. ◎村尾朋彦, 大坪天平, 押淵英弘, 田中康: リウマチ性脳軟膜炎による器質性精神障害の一例.  第31回日本総合病院精神医学会,  東京,  2018/12
9. ◎井上敦子, 大下隆司, 西村勝治: 小児腎移植レシピエントにおける移植後の精神科受診.  第31回日本総合病院精神医学会総会,  東京,  2018/12
10. ◎松井聡子, 大野友梨香, 関口直樹, 河野敬明, 末木亮嗣, 松井健太郎, 押淵英弘, 稲田健, 高橋一志, 赤穂理絵, 西村勝治: 統合失調症の存在が明らかでなく他科での治療に難渋し精神科介入が有用であった一例.  第31回日本総合病院精神医学会総会,  東京,  2018/12
全件表示(43件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者