<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度
 衛生学公衆衛生学(環境・産業医学分野)
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
社会における活動 学術雑誌 学会発表


教授:
   松岡 雅人
准教授:
   加藤 多津子
   蒋池 勇太
講師:
   中島 範宏
   廣田 恵子
助教:
   藤木 恒太
   宮山 貴光
■ 概要
環境・産業医学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学講座環境・産業医学の概要
ページの先頭へ
■ Keywords
環境医学、産業医学、公衆衛生学、医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K10454)
 研究課題:銀ナノ粒子による肺がん細胞のプログラム細胞死の解明  (研究代表者:宮山貴光)
 研究補助金:1,690,000円  (代表)
2.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07052)
 研究課題:鉄イオン依存性尿細管細胞死における新規制御因子の機能解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
3.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K05964)
 研究課題:線虫C. elegansにおける排泄リズムの制御と消化・寿命への影響  (研究代表者:廣田恵子)
 研究補助金:1,950,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K10582)
 研究課題:小胞体ストレスシグナリングカスケードに着目した重金属毒性抑制機構  (研究代表者:松岡雅人)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
5.  令和2年度重金属等による健康影響に関する総合的研究(イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒に関する総合的研究)
 研究課題:カドミウム曝露により惹起される ヒト近位尿細管細胞死制御メカニズムの解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,700,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  宮山 貴光 帝京科学大学生命環境学部非常勤講師
2.  中島 範宏 東京医療学院大学保健医療学部非常勤講師
3.  中島 範宏 首都圏私立7医科大学ベンチマーク会議委員
4.  廣田 恵子 女子中高生の理系進路選択プログラム「私も未来の科学者」
5.  廣田 恵子 筑波大学グローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラム非常勤講師
全件表示(21件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 4 0 1 1 0  0 0 0 0  2 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KOMOIKE Yuta*, KOMOIKE Kaori, MATSUOKA Masato:  Intake of acrylamide at the dietary relevant concentration causes splenic toxicity in adult zebrafish.  Environmental Research  189 :109977 , 2020.10   DOI:https://doi.org/10.1016/j.envres.2020.109977
2. 中島範宏*:  慢性疾患薬を使用する市民の残薬状況と災害時用自己備蓄の実態調査 (in press).  日本医療経営学会誌  (14) :in press , 2020.8
総説及び解説
1. 松岡雅人*:  経皮ばく露による発がんのおそれ:オルト-トルイジン取り扱い作業者に発生した膀胱がん.  東京都医師会雑誌  73 (8) :23-26 , 2020.9
2. 松岡雅人*:  金属中毒:鉛による末梢神経障害.  Peripheral Nerve 末梢神経  31 (1) :8-15 , 2020.6
その他
1. 松岡雅人*:  「職業性末梢神経障害」特集にあたって.  Peripheral Nerve 末梢神経  31 (1) :7-7 , 2020.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎中島範宏: 出生前診断と法律・係争 (シンポジウム:小児神経疾患の出生前診断up-to-date).  第62回 日本小児神経学会学術総会,  東京,  2020/08
2. ◎蒋池勇太: ゼブラフィッシュモデルの有用性.  第62回日本小児神経学会学術集会,  東京, 日本,  2020/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者