(最終更新日:2019-07-04 11:00:10)
  ヒロタ ケイコ   Keiko HIROTA
  廣田 恵子
   所属   医学部 医学科  衛生学公衆衛生学
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  栄養から見る線虫の寿命制御経路「実験医学増刊 遺伝子制御の新たな主役 栄養シグナル」 2016/09
2. 部分執筆  エネルギー代謝と転写制御—糖新生制御機構について「転写制御とエピジェネティクス - ゲノムデコードに向けて」 2008/12
3. 部分執筆  糖代謝におけるHNF-4αの役割「医学の歩み」 2005/06
4. 部分執筆  高血圧発症に関与するアンジオテンシノーゲン遺伝子の転写調節機構の解析「細胞工学」 1998
■ 学術雑誌
1. 原著  Tricarboxylic acid cycle activity suppresses acetylation of mitochondrial proteins during early embryonic development in Caenorhabditis elegans 2019/01
2. 原著  rRNA adenine methylation requires T07A9.8 gene as rram-1 in Caenorhabditis elegans 2018/06
3. 原著  The GATA transcription factor ELT-2 modulates both the expression and methyltransferase activity of PRMT-1 in Caenorhabditis elegans 2018/05
4. 原著  Drosophila transcription factors, Séance, Ouija board and Molting defective, cooperatively control ecdysone biosynthesis. 2018/02
5. 原著  Simultaneous ablation of prmt-1 and prmt-5 abolishes asymmetric and symmetric arginine dimethylations in Caenorhabditis elegans 2017/06 Link
6. 原著  PRMT-5 converts monomethylarginines into symmetrical dimethylarginines in Caenorhabditis elegans. 2017/02 Link
7. 原著  The Drosophila Zinc Finger Transcription Factor Ouija Board Controls Ecdysteroid Biosynthesis through Specific Regulation of spookier. 2015/12 Link
8. 原著  Conserved SAMS function in regulating egg-laying in C. elegans. 2013 Link
9. 原著  Asymmetric arginine dimethylation determines lifespan in C. elegans by regulating forkhead transcription factor DAF-16 2011/05 Link
10. 原著  A nuclear receptor, hepatocyte nuclear factor 4, differently contributes to the human and mouse angiotensinogen promoter activities. 2010/12 Link
全件表示(24件)
■ 学会発表
1. T07A9.8 is required for the m1A modification at position 674 in 26S rRNA in C. elegans (ポスター,一般) 2019/06/22
2. 線虫C. elegansにおける開始メチオニンtRNA m1A58修飾を介した寿命調節機構の解析 (ポスター,一般) 2018/09/24
3. Dietary methionine influences the establishment of the germ stem cell pool mediated by sams-1 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/07/10
4. 線虫 C. elegansにおける開始メチオニンtRNA m1A58修飾が寿命に及ぼす影響 (ポスター,一般) 2018/06/23
■ 社会における活動
1. 2018/12~2019/03 筑波大学 生存ダイナミクス研究センター 客員研究員
2. 2018~ 筑波大学グローバル教育院 ヒューマンバイオロジー学位プログラム 非常勤講師
3. 2017/08 茨城新聞「けんなん女子鼎談 研究者ママの働き方」
4. 2014/03 NHK水戸放送局「女性が輝く〜働くチャンスがやってきた〜」
■ 受賞学術賞
1. 2019/07 日本生化学会 JB論文賞
2. 2009/08 第2回 Merck Award for Young Biochemistry Researcher 最優秀賞
3. 2009/01 Young Investigator Award
4. 2000/08 Young Investigator Travel Grant
■ 所属学会
1. 日本衛生学会
2. 日本分子生物学会
3. 日本生化学会
4. 日本心血管内分泌代謝学会
■ 学歴
1. 2000/04~2003/03 筑波大学 農学研究科 博士課程修了 博士(農学)
2. 1998/04~2000/03 筑波大学 医科学研究科 修士課程修了 医科学(修士)
3. 1996/04~1998/03 筑波大学 第二学群生物資源学類 卒業
4. 1991/04~1995/03 東京女子大学 文理学部 哲学科 卒業