<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 衛生学公衆衛生学
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 当該年度の主催学会・研究会 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   松岡 雅人
准教授:
   加藤 多津子
   小島原 典子
講師:
   蒋池 勇太
   佐藤 康仁
   中島 範宏
   廣田 恵子
助教:
   櫻谷 あすか
   竹原 祥子
   藤木 恒太
   宮山 貴光
■ 概要
環境・産業医学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学講座環境・産業医学の概要
公衆衛生学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学講座公衆衛生学の概要
ページの先頭へ
■ Keywords
環境医学, 産業医学, 公衆衛生学, 医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  筑波大学生存ダイナミクスセンターTARAプロジェクト公募型研究  (研究課題番号:201903)
 研究課題:線虫の食餌量の変化が生体に与える影響  (研究代表者:廣田 恵子)
 研究補助金:300,000円  (代表)
2.  平成31年(令和元年)度重金属等による健康影響に関する総合的研究(イタイイタイ病及び慢性カドミウム中毒に関する総合的研究)
 研究課題:カドミウム曝露により惹起されるヒト近位尿細管細胞死制御メカニズムの解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,661,214円  (代表)
3.  令和元年度科学研究費助成事業 研究活動スタート支援  (研究課題番号:19K24292)
 研究課題:ゲーミフィケーションを用いたジョブ・クラフティング促進介入の心の健康への効果検討  (研究代表者:櫻谷あすか)
 研究補助金:1,100,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07052)
 研究課題:鉄イオン依存性尿細管細胞死における新規制御因子の機能解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
5.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K10582)
 研究課題:小胞体ストレスシグナリングカスケードに着目した重金属毒性抑制機構  (研究代表者:松岡雅人)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
6.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K10439)
 研究課題:真猿類マーモセットの口腔内細菌メタゲノムを活用した次世代型口腔衛生の先駆モデル  (研究代表者:竹原祥子)
 研究補助金:1,100,000円  (代表)
7.  厚生労働科学研究費補助金  (研究課題番号:H29難治等(難) 一般_033)
 研究課題:神経変性疾患領域における基盤的調査研究  (研究分担者:小島原典子)
 研究補助金:550,000円  (分担)
8.  独立行政法人労働者健康安全機構 調査研究
 研究課題:働き過ぎ対策の実施状況に関する大企業と中小企業の比較研究  (研究代表者:小島原典子)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
9.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07746)
 研究課題:tRNAiMetメチル化による寿命制御メカニズムの解明  (研究代表者:廣田恵子)
 研究補助金:1,560,000円  (代表)
10.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K10112)
 研究課題:医療被曝と脳腫瘍 MOBI-Kids Studyにおける国際比較  (研究代表者:小島原典子)
 研究補助金:1,200,000円  (代表)
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  中島 範宏 :日本医療・病院管理学会 幹事・組織委員会委員
2.  加藤 多津子 :日本医療・病院管理学会 評議員・学術情報委員・研究倫理委員・専門職コンピテンシーT/F委員
3.  松岡 雅人 :日本産業衛生学会 代議員
4.  松岡 雅人 :日本衛生学会 評議会員
5.  松岡 雅人 :日本臨床ストレス応答学会 幹事・評議員
6.  松岡 雅人 :日本末梢神経学会 理事・編集委員会委員
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  衛生学公衆衛生学(公衆衛生学分野)キャリアセミナー:WHOの女性研究者のキャリア構築  ( 衛生学公衆衛生学講座(公衆衛生学分野) )  ,東京  2019/05
2.  衛生学公衆衛生学(公衆衛生学分野)海外研究者招聘セミナー:Medical radiation and brain tumor: Preliminary results of the EPI-CT study  ( 衛生学公衆衛生学講座(公衆衛生学分野) )  ,東京  2019/05
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  廣田 恵子 2019年(第27回)日本生化学会JB論文賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  櫻谷 あすか 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野客員研究員
2.  蒋池 勇太 厚生労働大臣登録清掃作業監督者講習会講師
3.  蒋池 勇太 東京都立戸山高校チームメディカル研究発表会
4.  佐藤 康仁 あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師国家試験委員
5.  佐藤 康仁 がん集学的治療研究財団データセンターアドバイザー
6.  佐藤 康仁 東京理科大学理学部第一部非常勤講師
7.  佐藤 康仁 日本医療機能評価機構客員研究員
8.  廣田 恵子 女子中高生の理系進路選択プログラム「私も未来の科学者」
9.  廣田 恵子 筑波大学グローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラム非常勤講師
10.  小島原 典子 日本医療機能評価機構診療ガイドライン作成支援部会委員
全件表示(27件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 3 1 6 7 6  0 0 0 1  3 0  1 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. FUJIKI Kota*, INAMURA Hisako, SUGAYA Takeshi, MATSUOKA Masato:  Blockade of ALK4/5 signaling suppresses cadmium- and erastin-induced cell death in renal proximal tubular epithelial cells via distinct signaling mechanisms.  Cell Death & Differentiation  26 (11) :2371-2385 , 2019.11
2. 中島範宏*:  向精神薬を服用している市民を対象とした災害時用の医薬品備蓄に関する意識調査.  日本医療経営学会誌  13 (1) :29-36 , 2019.8
3. Imamura Kotaro, Tsutsumi Akizumi, Asai Yumi, Arima Hideaki, Ando Emiko, Inoue Akiomi, Inoue Reiko, Iwanaga Mai, Eguchi Hisashi, Otsuka Yasumasa, Kobayashi Yuka, Sakuraya Asuka, Sasaki Natsu, Tsuno Kanami, Hino Ayako, Watanabe Kazuhiro, Shimazu Akihito, Kawakami Norito:  Association between psychosocial factors at work and health outcomes after retirement: a protocol for a systematic review and meta-analysis.  BMJ open  9 (8) :e030773 , 2019.8
4. Kazuhiro Watanabe, Kotaro Imamura, Akiomi Inoue, Yasumasa Otsuka, Akihito Shimazu, Hisashi Eguchi, Hidehiko Adachi, Asuka Sakuraya, Yuka Kobayashi, Hideaki Arima, Norito Kawakami.:  Measuring eudemonic well-being at work: a validation study for the 24-item The University of Tokyo Occupational Mental Health well-being scale among Japanese workers.  Industrial Health  :doi: 10.2486/indhealth.2019-0074. , 2019.8
5. 小林顕, 佐々木香る, 田村寛, 平塚義宗, 鈴木一作, 高英美, 住田孝之, 斎藤一郎, 小島原典子, 當間八千代, 川上道江, 長谷川容子, 冨井尚美:  ドライアイ診療ガイドライン.  日本眼科學曾雑誌  123 (5) :485-630 , 2019.5
6. KIYOHARA Kosuke*, SADO Junya, MATSUYAMA Tasuku, KATAYAMA Yusuke, HAYASHIDA Sumito, NAKATA Ken, KITAMURA Tetsuhisa:  Characteristics of sports-related emergency transport: A population-based descriptive study in Osaka City.  Journal of Epidemiology  :in press , 2019.5
7. KIYOHARA Kosuke*, NISHIYAMA Chika, KITAMURA Tetsuhisa, MATSUYAMA Tasuku, SADO Junya, SHIMAMOTO Tomonari, KOBAYASHI Daisuke, KIGUCHI Takeyuki, OKABAYASHI Satoe, KAWAMURA Takashi, IWAMI Taku:  The association between public access defibrillation and outcome in witnessed out-of-hospital cardiac arrest with shockable rhythm.  Resuscitation  140 :93-97 , 2019.5
8. Tran Juliet, Wright Clive, Takehara Sachiko, Shu CC, Chu SK, Naganathan V, Hirani V, Blyth FM, Le Couteur DG, Waite LM, Handelsman DJ, Seibel MJ, Milledge KL, Cumming RG:  Oral health behaviours of older Australian men: The Concord Health and Ageing in Men Project.  Australian Dental Journal  Apr (10) :doi: 10.1111/adj.12694 , 2019.4
9. Imamura Kotaro, Tran Thuy Thi Thu, Nguyen Huong Thanh, Kuribayashi Kazuto, Sakuraya Asuka, Nguyen Anh Quoc, Bui Thu Minh, Nguyen Quynh Thuy, Nguyen Kien Trung, Nguyen Giang Thi Huong, Tran Xuyen Thi Ngoc, Truong Tien Quang, Zhang Melvyn W B, Minas Harry, Sekiya Yuki, Sasaki Natsu, Tsutsumi Akizumi, Kawakami Norito:  Effects of two types of smartphone-based stress management programmes on depressive and anxiety symptoms among hospital nurses in Vietnam: a protocol for three-arm randomised controlled trial.  BMJ Open  9 (4) :e025138 , 2019.4
10. SATO Yasuto*, KOJIMAHARA Noriko, YAMAGUCHI Naohito:  Simulation of the incidence of malignant brain tumors in birth cohorts that started using mobile phones when they first became popular in Japan.  Bioelectromagnetics  40 (3) :143-149 , 2019.4
全件表示(16件)
総説及び解説
1. 松岡雅人*:  化学物質の有害性をめぐる最近の動向.  産業医学ジャーナル  :in press , 2019.11
2. 櫻谷あすか, 今村幸太郎, 渡辺和広, 澤田宇多子, 駒瀬優, 小松周子, 杉野敦, 日高結衣, 岡田順二, 八木一弘, 正木宏明, 牧田広志, 川上憲人:  健康経営アウトカムとそのリスク要因に関する文献レビュー.  産業医学ジャーナル  42 (3) :62-68 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. MATSUOKA Masato:  Toxicological significance of MAPK activation in cadmium-induced kidney cell death.  Mitogen-Activated Protein Kinases (MAPKs): Activation, Functions and Regulation  55-74.  Nova Science Publishers, Inc.,  New York, USA, 2019.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HIROTA Keiko, YOKOYAMA Wataru, WAN Huahua, SUMI Naoaki, MIYATA Mai, ARAOI Sho, NOMURA Naoto, KAKO Koichiro, FUKAMIZU Akiyoshi: T07A9.8 is required for the m1A modification at position 674 in 26S rRNA in C. elegans.  22nd. International C. elegans Conference,  LA, USA,  2019/06
2. Kojimahara N, Sato Y, Taki M,: Mobile phone or tablet use and online activities among children:Results from an internet survey by parents.  BioEM2019,  Montpellier, France,  2019/06
3. Taki M, Ikuyo M, Easaki K, Aimoto A, Kojimahara N, Wake K: Characterization of Magnetic Fields from an EAS System Used in Libraries.  BioEM2019,  Montpellier, France,  2019/06
4. ◎宮山貴光, 藤木恒太, 松岡雅人: 銀ナノ粒子曝露A549ヒト肺胞上皮腺がん細胞におけるオートファジー・リソソーム系阻害とTFEBおよび関連遺伝子発現抑制.  フォーラム2019:衛生薬学・環境トキシコロジー,  京都市,  2019/09
5. ◎小島原典子: 産業別中間周波数帯電磁界(中間周波)発生機器の使用状況.  第92回日本産業衛生学会,  名古屋市,  2019/05
6. ◎櫻谷あすか, 島津明人, 今村幸太郎, 川上憲人: ジョブ・クラフティング介入のワーク・エンゲイジメントへの効果:無作為化比較試験.  第92回日本産業衛生学会,  名古屋,  2019/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者