<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 衛生学公衆衛生学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   松岡 雅人
   山口 直人
准教授:
   加藤 多津子
   小島原 典子
講師:
   蒋池 勇太
   佐藤 康仁
   中島 範宏
   野原 理子
助教:
   遠藤 源樹
   奥津 康祐
   清原 康介
   藤木 恒太
   宮山 貴光
   竹原 祥子
   矢口 明子
■ 概要
環境・産業衛生学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学(一)講座の概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K09166)
 研究課題:医師の業務バランスの見直しによる働き方の改善に関する研究  (研究代表者:野原 理子)
 研究補助金:1,820,000円  (代表)
2.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K00571)
 研究課題:小型魚類を用いたアクリルアミドの毒性研究:小胞体ストレスとDOHaDの視点から  (研究代表者:蒋池 勇太)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
3.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15495)
 研究課題:カドミウム曝露による細胞死誘導・選択メカニズムの解析  (研究代表者:藤木 恒太)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15856)
 研究課題:銀ナノ粒子によるオートファジー阻害と細胞毒性のメカニズム  (研究代表者:宮山 貴光)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 11 3 10 7 17  0 5 0 0  14 8  0 2  2 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 重川須賀子, 加藤砂織, 河合富士美, 山口直比古, 佐山 暁子, 鈴木孝明, 森實敏夫, 小島原典子*:  診療ガイドライン作成における有害事象の網羅的検索方法の検討.  医学図書館  65 (1) :42-48 , 2018.3
2. Okubo Masashi, Gibo Koichiro, Wallace David J, Komukai Sho, Izawa Junichi, Kiyohara Kosuke, Callaway Clifton W, Iwami Taku, Kitamura Tetsuhisa:  Regional variation in functional outcome after out-of-hospital cardiac arrest across 47 prefectures in Japan.  Resuscitation  124 :21-28 , 2018.3
3. Sado Junya, Kiyohara Kosuke, Iwami Taku, Kitamura Yuri, Ando Emiko, Ohira Tetsuya, Sobue Tomotaka, Kitamura Tetsuhisa:  Three-Year Follow-up After the Great East Japan Earthquake in the Incidence of Out-of-Hospital Cardiac Arrest With Cardiac Origin.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  82 (3) :919-922 , 2018.2
4. URYU Outa, OU QiuxiangOu, KONUMA-KAWA Tatsuya, KAMIYAMA Takumi, IGA Masatoshi, SYRZYCKA Monika, HIROTA Keiko, KATAOKA Hiroshi, HONDA Barry M., KING-JONES Kirst, NIWA Ryusuke*:  Drosophila transcription factors, Séance, Ouija board and Molting defective, cooperatively control ecdysone biosynthesis.  Genetics  208 (2) :605-622 , 2018.2
5. Kiyohara Kosuke, Sakai Tomohiko, Nishiyama Chika, Nishiuchi Tatsuya, Hayashi Yasuyuki, Iwami Taku, Kitamura Tetsuhisa:  Epidemiology of Out-of-Hospital Cardiac Arrest Due to Suffocation Focusing on Suffocation Due to Japanese Rice Cake: A Population-Based Observational Study From the Utstein Osaka Project.  Journal of epidemiology  28 (2) :67-74 , 2018.2
6. Kitamura Tetsuhisa, Kiyohara Kosuke, Nishiyama Chika, Kiguchi Takeyuki, Kobayashi Daisuke, Kawamura Takashi, Iwami Taku (equal contribution):  Chest compression-only versus conventional cardiopulmonary resuscitation for bystander-witnessed out-of-hospital cardiac arrest of medical origin: A propensity score-matched cohort from 143,500 patients.  Resuscitation  126 :29-35 , 2018.2
7. MIYAYAMA Takamitsu, FUJIKI Kota, MATSUOKA Masato*:  Silver nanoparticles induce lysosomal-autophagic defects and decreased expression of transcription factor EB in A549 human lung adenocarcinoma cells.  Toxicology in Vitro  46 :148-154 , 2018.2
8. Katayama Yusuke, Kitamura Tetsuhisa, Kiyohara Kosuke, Iwami Taku, Kawamura Takashi, Hayashida Sumito, Ogura Hiroshi, Shimazu Takeshi:  Factors associated with prehospital death among traffic accident patients in Osaka City, Japan: A population-based study.  Traffic injury prevention  19 (1) :49-53 , 2018.1
9. Fujii Tomoko, Kitamura Tetsuhisa, Kajino Kentaro, Kiyohara Kosuke, Nishiyama Chika, Nishiuchi Tatsuya, Hayashi Yasuyuki, Kawamura Takashi, Iwami Taku:  Prehospital intravenous access for survival from out-of-hospital cardiac arrest: propensity score matched analyses from a population-based cohort study in Osaka, Japan.  BMJ open  7 (12) :e015055 , 2017.12
10. Katayama Yusuke, Kitamura Tetsuhisa, Kiyohara Kosuke, Iwami Taku, Kawamura Takashi, Hayashida Sumito, Ogura Hiroshi, Shimazu Takeshi:  Evaluation of factors associated with the difficulty in finding receiving hospitals for traffic accident patients at the scene treated by emergency medical services: a population-based study in Osaka City, Japan.  Acute medicine & surgery  4 (4) :401-407 , 2017.10
全件表示(31件)
総説及び解説
1. 小島原典子*:  産業保健における復職と両立支援の最近の動向と実務.  経営法曹  (196) :38-93 , 2018.3
2. 佐藤康仁*, 畠山洋輔, 森實敏夫, 遠藤源樹, 清原康介, 小島原典子, 山口直人:  Minds(medical information network distribution service)における診療ガイドライン作成支援とFAQ(frequently asked questions).  東京女子医科大学雑誌  88 (Extra1) :E27-E34 , 2018.1
3. 小島原典子*, 清原康介, 佐藤康仁, 遠藤源樹, 河合富士美, 森實敏夫, 山口直人:  信頼される産業保健分野におけるガイダンスの作成方法.  東京女子医科大学雑誌  88(Extra1) :E19-E26 , 2018.1
4. 森實敏夫, 小島原典子*:  バイアスを可視化する.  東京女子医科大学雑誌  88(臨増1) :E38-E46 , 2018.1
5. 河合富士美, 小島原典子, 山口直比古, 加藤砂織, 重川須賀子, 佐山暁子, 森實敏夫:  システマティックレビュー検索式査読のためのガイドライン PRESS Peer Review of Electronic Search Strategies.  医学図書館  64 (2) :75-78 , 2017
6. 小島原典子*:  【小児にかかわる診療ガイドライン】診療ガイドラインって何ですか.  小児外科  49 (8) :753-756 , 2017
7. 小島原典子*, 山口直人:  【環境による健康リスク】環境汚染に伴う健康リスク その他(公共・企業・個人の活動)の健康リスク 電磁波.  日本医師会雑誌  146 (特別2) :S241-S243 , 2017
8. 植野正之、竹原祥子、財津崇、大城暁子、川口陽子:  海外諸国における歯科医師免許更新制度と生涯教育制度.  日本歯科医療管理学会雑誌  52 (3) :147-153 , 2017
その他
1. 藤木恒太、松岡雅人:  カドミウムのヒト近位尿細管由来上皮細胞における毒性発現メカニズム.  東京女子医科大学総合研究所紀要  37 :47 , 2018.3
2. 宮山貴光、藤木恒太、松岡雅人:  ヒト肺胞上皮腺がん細胞A549を用いた銀ナノ粒子によるオートファジー阻害とTFEBの発現.  東京女子医科大学総合研究所紀要  37 :48 , 2018.3
3. 鶴谷泉 ,柴田啓美, 野原理子, 斎藤加代子:  「全員何でもできる」保育・病児保育・病棟保育のローテーションモデルについての検討.  病児保育研究  8 :41-45 , 2017.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 松浦賢長, 小林廉毅, 苅田香苗 編:    コンパクト公衆衛生学(第6版)  101-106.  朝倉書店,  東京, 2018.3
2. 衛生学公衆衛生学教育協議会編:    衛生・公衆衛生学用語集 第2版  1.  衛生学公衆衛生学教育協議会,  東京, 2017.12
3. 小児けいれん重積治療ガイドライン策定ワーキンググループ:  小児けいれん重積治療ガイドライン.  小児けいれん重積治療ガイドライン  1.  診断と治療社,  日本, 2017.6
4. 丸山総一郎, 野原理子:  働く女性の健康管理と女性外来のあり方.  働く女性のストレスとメンタルヘルスケア  195-203.  創元社,  大阪,日本, 2017.4
5. 産業衛生学会関東地方会「復職ガイダンス作成グループ」:    科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス」2017  1-68.  産業衛生学会関東地方会HPにて公開,  Tokyo, Japan, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Turner Michelle C, Langer Chelsea E, Gracia-Lavedan Esther, Castaño-Vinyals Gemma, Kundi Michael, Maule Milena, Merletti Franco, Sadetzki Siegal, Vermeulen Roel, Albert Alex, Alguacil Juan, Aragones Nuria, Badia Francesc, Bruhim Revital, Carretero Gema, Kojimahara Noriko, Lacour Brigitte, Suare-Varela Maria Morales, Remen Thomas, Weinmann Tobias, Yamaguchi Naohito, Cardis Elizabeth: Quantifying Nonparticipation Selection Bias in the MOBI-Kids Study.  29th Annual Scientific Conference of the International Society of Environmental Epidemiology,  Sydney, Australia,  2017/09
2. Kojimahara N, Yamaguchi N, Taki M, Sakanaka Y, Cardis E, Lee AK.: Mobile phone use and brain tumor: preliminary results from MOBI-Kids Japan.  World Congress of Epidemiology Saitama, Japan,  Saitama, Japan,  2017/08
3. ◎宮山貴光, 藤木恒太, 松岡雅人: ヒト肺胞上皮腺がん細胞を用いた銀ナノ粒子によるオートファジー阻害とTFEBの減少.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
4. ◎蒋池勇太, 松岡雅人: アクリルアミドの毒性発現に関わる細胞応答パスウェイの検索.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京, 日本,  2018/03
5. ◎藤木恒太, 松岡雅人: フッ素曝露により惹起される炎症反応における転写因子FOXO familyの機能解析.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
6. ◎松岡雅人: 環境・産業医学を基盤としたシグナリング毒性学:細胞運命決定におけるシグナル伝達系の役割の解明.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
7. ◎加藤多津子, 寺崎仁, 武市尚子, 遠藤ひろみ, 井出理沙, 河野龍太郎: 本学におけるTeam STEPPS研修の効果と課題.  医療マネジメント学会 第18回 東京支部学術総会,  東京,  2018/02
8. 星佳芳, 小島原典子, 立道昌幸, 豊田章弘: 平成27年・入院患者病職歴調査における退院後の復職に対する不安についての検討.  第28回日本疫学会学術総会,  福島市,  2018/02
9. ◎加藤多津子, 武市尚子, 清水直樹, 河野龍太郎: リスクマネージャー制度における研修プログラムの導入の試み.  第12回 医療の質・安全学会学術集会,  東京,  2017/11
10. ◎中島範宏, 上塚芳郎: 市民と医療職の災害時用医薬品備蓄に関する認識と課題.  第16回日本医療経営学会学術総会,  東京都千代田区,  2017/11
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者