<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 衛生学公衆衛生学(環境・産業医学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   松岡 雅人
准教授:
   加藤 多津子
講師:
   蒋池 勇太
   中島 範宏
   野原 理子
助教:
   奥津 康祐
   藤木 恒太
   宮山 貴光
■ 概要
環境・産業衛生学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学(一)講座の概要
医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K09166)
 研究課題:医師の業務バランスの見直しによる働き方の改善に関する研究  (研究代表者:野原 理子)
 研究補助金:1,820,000円  (代表)
2.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K00571)
 研究課題:小型魚類を用いたアクリルアミドの毒性研究:小胞体ストレスとDOHaDの視点から  (研究代表者:蒋池 勇太)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
3.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15495)
 研究課題:カドミウム曝露による細胞死誘導・選択メカニズムの解析  (研究代表者:藤木 恒太)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15856)
 研究課題:銀ナノ粒子によるオートファジー阻害と細胞毒性のメカニズム  (研究代表者:宮山 貴光)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 1 0 2 2 1  0 0 0 0  10 2  0 0  2 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MIYAYAMA Takamitsu, FUJIKI Kota, MATSUOKA Masato*:  Silver nanoparticles induce lysosomal-autophagic defects and decreased expression of transcription factor EB in A549 human lung adenocarcinoma cells.  Toxicology in Vitro  46 :148-154 , 2018.2   DOI:10.1016/j.tiv.2017.10.009
2. Tokiwa Yamasaki, Norie Deki-Arima, Asahito Kaneko, Norio Miyamura, Mamiko Iwatsuki, Masato Matsuoka, Noriko Fujimori-Tonou, Yoshimi Okamoto-Uchida, Jun Hirayama, Jamey Marth, Yuji Yamanashi, Hiroshi Kawasaki, Koji Yamanaka, Josef Penninger, Shigenobu Shibata, Hiroshi Nishina:  Age-dependent motor dysfunction due to neuron-specific disruption of stress-activated protein kinase MKK7.  Scientific Reports  7 :7348 , 2017.8   DOI:10.1038/s41598-017-07845-x
3. FUJIKI Kota*, INAMURA Hisako, MIYAYAMA Takamitsu, MATSUOKA Masato:  Involvement of Notch1 signaling in malignant progression of A549 cells subjected to prolonged cadmium exposure.  The Journal of Biological Chemistry  292 (19) :7942-7953 , 2017.5   DOI:10.1074/jbc.M116.759134
その他
1. 藤木恒太、松岡雅人:  カドミウムのヒト近位尿細管由来上皮細胞における毒性発現メカニズム.  東京女子医科大学総合研究所紀要  37 :47 , 2018.3
2. 宮山貴光、藤木恒太、松岡雅人:  ヒト肺胞上皮腺がん細胞A549を用いた銀ナノ粒子によるオートファジー阻害とTFEBの発現.  東京女子医科大学総合研究所紀要  37 :48 , 2018.3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎宮山貴光, 藤木恒太, 松岡雅人: ヒト肺胞上皮腺がん細胞を用いた銀ナノ粒子によるオートファジー阻害とTFEBの減少.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
2. ◎蒋池勇太, 松岡雅人: アクリルアミドの毒性発現に関わる細胞応答パスウェイの検索.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京, 日本,  2018/03
3. ◎藤木恒太, 松岡雅人: フッ素曝露により惹起される炎症反応における転写因子FOXO familyの機能解析.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
4. ◎松岡雅人: 環境・産業医学を基盤としたシグナリング毒性学:細胞運命決定におけるシグナル伝達系の役割の解明.  第88回日本衛生学会学術総会,  東京,  2018/03
5. ◎加藤多津子, 寺崎仁, 武市尚子, 遠藤ひろみ, 井出理沙, 河野龍太郎: 本学におけるTeam STEPPS研修の効果と課題.  医療マネジメント学会 第18回 東京支部学術総会,  東京,  2018/02
全件表示(14件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者