<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 衛生学公衆衛生学
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   松岡 雅人
准教授:
   加藤 多津子
   小島原 典子
講師:
   蒋池 勇太
   佐藤 康仁
   中島 範宏
   廣田 恵子
助教:
   奥津 康祐
   藤木 恒太
   竹原 祥子
■ 概要
環境・産業医学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学講座環境・産業医学の概要
公衆衛生学
東京女子医科大学衛生学公衆衛生学講座公衆衛生学の概要
医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ Keywords
環境医学, 産業医学, 公衆衛生学, 医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15495)
 研究課題:カドミウム曝露による細胞死誘導・選択メカニズムの解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,600,000円  (代表)
2.  学術研究助成基金助成金 若手研究(B)  (研究課題番号:17K15856)
 研究課題:銀ナノ粒子によるオートファジー阻害と細胞毒性のメカニズム  (研究代表者:宮山貴光)
 研究補助金:1,600,000円  (代表)
3.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K00571)
 研究課題:小型魚類を用いたアクリルアミドの毒性研究:小胞体ストレスをDOHaDの視点から  (研究代表者:蒋池勇太)
 研究補助金:1,200,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07746)
 研究課題:tRNAiMetメチル化による寿命制御メカニズムの解明  (研究代表者:廣田恵子)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
5.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:15K08858)
 研究課題:診療ガイドラインのシステマティックレビューための効果的文献検索方法  (研究代表者:小島原典子)
 研究補助金:1,000,518円  (代表)
6.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K10112)
 研究課題:医療被曝と脳腫瘍 MOBI-Kids Studyにおける国際比較  (研究代表者:小島原典子)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
7.  厚生労働行政推進調査事業費補助金 政策科学総合研究事業 政策科学推進研究事業  (研究課題番号:H30-政策-指定-002)
 研究課題:外国人患者の受入環境整備に関する研究  (研究分担者:中島範宏)
 研究補助金:3,751,000円  (分担)
8.  総務省  (研究課題番号:0155-0139)
 研究課題:中間周波に係る疫学調査及びばく露量モニタリング調査  (連携研究者:小島原典子)
 研究補助金:5,876,000円  (連携)
9.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:16K11851)
 研究課題:呼気中の揮発性有機成分の選択的検出による早期肺がんの高感度スクリーニング  (研究代表者:竹原 祥子)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  蒋池勇太 東京都立戸山高校チームメディカル研究発表会
2.  蒋池 勇太 科学実験講座「私も未来の科学者」
3.  蒋池 勇太 厚生労働大臣登録清掃作業監督者講習会講師
4.  廣田 恵子 筑波大学グローバル教育院ヒューマンバイオロジー学位プログラム非常勤講師
5.  松岡 雅人 産業医科大学産業生態科学研究所非常勤講師
6.  松岡 雅人 産業医科大学産業医学基本講座講師
7.  松岡 雅人 産業医科大学産業医学基礎研修会東京集中講座講師
8.  松岡 雅人 建築物環境衛生管理技術者講習会講師
9.  松岡 雅人 認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座講師
10.  松岡 雅人 国立健康・栄養研究所第三者委員会委員
全件表示(24件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 9 0 4 3 6  0 5 0 0  8 4  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KOMOIKE Yuta*, MATSUOKA Masato:  In vitro and in vivo studies of oxidative stress response against acrylamide toxicity in zebrafish.  Journal of Hazardous Materials  available online :430-439 , 2018.11
2. 小島原典子*, 福本正勝, 吉川 悦子, 品田 佳世子, 對木博一:  「科学的根拠に基づく産業保健分野における復職ガイダンス2017」の作成.  産業衛生学雑誌  60 (5) :103-111 , 2018.9
3. KIYOHARA Kosuke*, NITTA Masahiko, SATO Yasuto, KOJIMAHARA Noriko, YAMAGUCHI Naohito, IWAMI Taku, KITAMURA Tetsuhisa:  Ten-Year Trends of Public-Access Defibrillation in Japanese School-Aged Patients Having Neurologically Favorable Survival After Out-of-Hospital Cardiac Arrest.  The American Journal of Cardiology  122 (5) :890-897 , 2018.9
4. 中島範宏*:  災害に備えた医薬品備蓄の方法に関する医師と薬剤師の意識調査.  日本医療経営学会誌  12 (1) :21-27 , 2018.8
5. Goedhart Geertje, van Wel Luuk, Langer Chelsea E, de Llobet Viladoms Patricia, Wiart Joe, Hours Martine, Kromhout Hans, Benke Geza, Bouka Evdoxia, Bruchim Revital, Choi Kyung-Hwa, Eng Amanda, Ha Mina, Huss Anke, Kiyohara Kosuke, Kojimahara Noriko, Krewski Daniel, Lacour Brigitte, 't Mannetje Andrea, Maule Milena, Migliore Enrica, Mohipp Charmaine, Momoli Franco, Petridou Eleni Th, Radon Katja, Remen Thomas, Sadetzki Siegal, Sim Malcolm, Weinmann Tobias, Cardis Elisabeth, Vrijheid Martine, Vermeulen Roel:  Recall of mobile phone usage and laterality in young people: The multinational Mobi-Expo study.  Environmental Research  165 :150-157 , 2018.8
6. ENDO Motoki*, HARUYAMA Yasuo, MUTO Go, YOKOYAMA Kazuhito, KOJIMAHARA Noriko, YAMAGUCHI Naohito:  Employment sustainability after return to work among Japanese stroke survivors.  International Archives of Occupational and Environmental Health  91 (6) :717-724 , 2018.8
7. TAKEHARA Sachiko*, WRIGHT Clive, KAWAGUCHI Yoko, ISHIDA Yuji, MORIO Ikuko, TAGAMI Junji:  The Impact of Outbound Exchange Programs on Japanese Dental Students.  Journal of Medical and Dental Sciences  65 (2) :99-105 , 2018.6
8. UENO Masayuki, OHNUKI Mari, ZAITSU Takashi, TAKEHARA Sachiko, FURUKAWA Sayaka, KAWAGUCHI Yoko:  Prevalence and risk factors of halitosis in Japanese school children.  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society  60 (6) :588-592 , 2018.6
9. YOKOYAMA Wataru, HIROTA Keiko, WAN Huahua, SUMI Naoaki, MIYATA Mai, ARAOI Sho, NOMURA Naoto, KAKO Koichiro, FUKAMIZU Akiyoshi*:  rRNA adenine methylation requires T07A9.8 gene as rram-1 in Caenorhabditis elegans.  The Journal of Biochemistry  163 (6) :465-474 , 2018.6
10. ARAOI Sho, DAITOKU Hiroaki, YOKOYAMA Atsuko, KAKO Koichiro, HIROTA Keiko, FUKAMIZU Akiyoshi*:  The GATA transcription factor ELT-2 modulates both the expression and methyltransferase activity of PRMT-1 in Caenorhabditis elegans.  The Journal of Biochemistry  163 (5) :433-440 , 2018.5
全件表示(12件)
総説及び解説
1. 道喜将太郎, 原野悟, 品田佳世子, 大山篤, 小島原典子*:  休業者に対する復職支援プログラムの有効性:システマテックレビュー.  産業衛生学雑誌  60 (6) :169-179 , 2018.11
2. 及川孝光, 小島原典子*, 小田 瑞惠, 島忍:  【女性の就労と健康支援(2)】 就労女性の健康管理.  健康管理  (767) :27-32 , 2018.5
3. 能川 和浩, 小島原 典子*:  休職者に対する復職時の就業上の配慮と支援は有用か:「復職ガイダンス2017」における定性的システマティックレビューと推奨.  産業衛生学雑誌  60 (3) :61-68 , 2018.5
4. 菅原 浩幸, 小島原典子*, 山口直人:  【小児診療ガイドラインの読み解き方-ガイドラインの背景、使い方を中心に】 診療ガイドラインQ&A 診療ガイドラインとは? Mindsについて教えてください.  小児内科  50 (5) :764-767 , 2018.5
5. 畠山洋輔, 小島原典子*:  【小児診療ガイドラインの読み解き方-ガイドラインの背景、使い方を中心に】 診療ガイドラインQ&A 診療ガイドラインとは? 海外のガイドラインはどうなっていますか?.  小児内科  50 (5) :768-769 , 2018.5
6. 小島原典子*:  【女性の就労と健康支援(1)】 ライフコースからみた女性就労の課題.  健康管理  (766) :2-11 , 2018.4
7. MATSUOKA Masato*, FUJIKI Kota:  Mechanisms underlying the development of pulmonary fibrosis induced by paraquat exposure: Signaling pathways regulating the epithelial-mesenchymal transition.  Current Topics in Toxicology  14 :21-27 , 2018
ページの先頭へ
■ 著書
1. 小島原典子, 對木博一, 照屋浩司, 道喜将太郎, 能川和浩, 武藤剛, 吉川悦子:    復職ガイダンス活用ハンドブック  1-84.  篠原出版新社,  東京、日本, 2018.10
2. 川口陽子監修, 【共同執筆者】財津崇, 竹原祥子, 植野正之, 古川清香, 白田千代子, 上原容子, Haslina Rani, Nguyen Thi Hoang Yen, Ei Ei Aung, Kaung Myat Thwin, Anastasiya Blizniuk, Anish Kothari, 益田高行:    世界の子どもの歯科事情  78-139.  東京臨床出版,  東京、日本, 2018.10
3. 松岡雅人:  産業医学・分子毒性学に関わる教育研究活動.  産業医学のプリンシプル〜大切なこと  342-342.  産業医学振興財団,  東京,日本, 2018.5
4. 小島原典子:  医のプロフェッショナリズム.  人間関係教育と行動科学テキストブック 第3版―「至誠と愛」の実践学修―  104-106.  三恵社,  名古屋市、東京, 2018.4
5. 岩﨑直子, 小島原典子, 佐藤梓, 中村裕子, 山田千津子:  女性医師のロールモデル実習ーチーム医療におけるコミュニケーションー.  人間関係教育と行動科学テキストブック 第3版ー「至誠と愛」の実践学修ー  124-130.  三恵社,  名古屋市, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. REZENDE LO, BORGES LS, de CAMPOS PS, KAGIYAMA Keisuke, BABA Asato, PICINATO M, TAKEHARA Sachiko, KUMEI Yasuhiro, ZEREDO Jorge: Cineradiographic study of the development of mastication in the common marmoset.  The 41th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Japan,  2018/07
2. ◎HIROTA Keiko, YAMAUCHI Rieko, KOJIMA Mariko, ZHAO Xu, MIYATA Mai, KAKO Koichiro, FUKAMIZU Akiyoshi: Dietary methionine influences the establishment of the germ stem cell pool mediated by sams-1.  The 8th Asia-Pacific C. elegans meeting,  Seoul, South Korea,  2018/07
3. ◎MIYAYAMA Takamitsu, FUJIKI Kota, MATSUOKA Masato: The role of lysosomal dysfunction and autophagic defects in silver nanoparticle-induced cellular damage in A549 human lung adenocarcinoma cells.  The 8th International Congress of Asian Society of Toxicology,  Pattaya, Thailand,  2018/06
4. Zumel-Marne Angela, Kundi Michael, Castano-Vinyals Gemma, Sadetzki Siegal, Mannetje Andreat, Hutter Hans-Peter, Weinmann Tobias, Momoli Franco, Lacour Brigitte, Petridou Eleni, Merletti Franco, Dikshit Rajesh, Vermeulen Roel, Ha Mina, Yamaguchi Naohito, Morales Suarez-Varela Maria, Mohipp Charmaine, Remen Thomas, Bouka Evdoxia, Nagrani Rajini, Maule Milena, Filippini Graziella, Kojimahara Noriko, Eng Amanda, Thurston Angela, Lim Hyung-ryul, Alguacil Juan, Cardis Elisabeth: Clinical characteristics of brain tumours in young people: Results of the international Mobi-Kids study.  Abstract for the Brain Tumor Epidemiology Consortium (BTEC) Annual Meeting,  Copenhagen, Denmark,  2018/06
5. ◎蒋池勇太, 松岡雅人: アクリルアミドの毒性発現に関わる細胞応答パスウェイの検索と酸化ストレス応答の保護的作用の検討.  第13回臨床ストレス応答学会,  小樽市, 日本,  2018/10
6. ◎加藤多津子, 井出理沙, 寺崎仁: リスクマネージャー研修制度の試みとその効果について.  第56回 日本医療・病院管理学会学術総会,  福島県郡山市,  2018/10
7. ◎中島範宏: 保険調剤薬局の周辺環境と災害備蓄に関する調査.  第56回日本医療・病院管理学会学術総会,  福島県郡山市,  2018/10
8. 宮田真衣, 大徳浩照, 角直亮, 横山 航, 廣田恵子, 深水昭吉: 線虫C. elegansにおける開始メチオニンtRNA m1A58修飾を介した寿命調節機構の解析.  第92回日本生化学会大会,  京都市,  2018/09
9. ◎宮山貴光, 藤木恒太, 松岡雅人: ヒト肺細胞における銀ナノ粒子のオートファジー・リソソーム系阻害とTFEBの減少.  第45回日本毒性学会,  大阪,  2018/07
10. ◎小島原典子: 診療ガイドラインの作成における益と害のバランス.  第30回日本内分泌外科学会総会,  札幌、日本,  2018/06
全件表示(16件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者