(最終更新日:2019-07-09 12:17:58)
  コモイケ ユウタ   Komoike Yuta
  蒋池 勇太
   所属   医学部 医学科  衛生学公衆衛生学
   職種   講師
■ 学術雑誌
1. 原著  In vitro and in vivo studies of oxidative stress response against acrylamide toxicity in zebrafish 2019/03
2. 総説  化学物質の毒性発現機構ー最近のシグナル伝達研究からー 2017/01
3. 原著  Endoplasmic reticulum stress-mediated neuronal apoptosis by acrylamide exposure 2016/11
4. 総説  ゼブラフィッシュモデルの環境毒性学研究における有用性 2016/09
5. 原著  DNA Damage Response in Proliferating Müller Glia in the Mammalian Retina 2016/03
6. 総説  Experimental evidence shows salubrinal, an eIF2α dephosphorylation inhibitor, reduces xenotoxicant-induced cellular damage 2015/07
7. 原著  Single nucleotide variations in CLCN6 identified in patients with benign partial epilepsies in infancy and/or febrile seizures. 2015
8. 原著  Novel compound heterozygous mutations of POLR3A revealed by whole-exome sequencing in a patient with hypomyelination. 2014
9. 原著  Exposure to tributyltin induces endoplasmic reticulum stress and the unfolded protein response in zebrafish 2013/08
10. 原著  Potential teratogenicity of methimazole: Exposure of zebrafish embryos to methimazole causes similar developmental anomalies to human methimazole embryopathy 2013/06
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. アクリルアミドの毒性発現における酸化ストレス応答の保護的作用 (口頭発表,一般) 2019/02/02
2. アクリルアミドの毒性発現に関わる細胞応答パスウェイの検索と酸化ストレス応答の保護的作用の検討 (口頭発表,一般) 2018/10/27
3. アクリルアミドの毒性発現に関わる細胞応答パスウェイの検索 (ポスター,一般) 2018/03/24
4. 小胞体ストレス応答を介したアクリルアミドの神経毒性 (口頭発表,一般) 2017/11/04
5. アクリルアミドの神経毒性に関する解析:小胞体ストレス応答の関与 (口頭発表,一般) 2017/03/28
6. Cell cycle reentry and DNA damage response of Müller glia after retinal injury (ポスター,一般) 2016/09/26
7. ヒト神経芽細胞株とゼブラフィッシュを用いたアクリルアミドの神経毒性に関する解析 (ポスター,一般) 2016/05/13
8. Single nucleotide variation in CLCN6 identified in patients with benign partial epilepsies in infancy and/or febrile seizures. (ポスター,一般) 2016/04/03
9. 網膜の変性によるMüllerグリアの 細胞周期進入とDNA損傷応答 (口頭発表,一般) 2015/08/19
10. アクリルアミドの神経細胞毒性における小胞体ストレス応答の関与 (ポスター,一般) 2015/03/27
全件表示(33件)
■ 資格・免許
1. 1999/03 高等学校教諭1種免許(理科)
2. 1999/03 中学校教諭1種免許(理科)
3. 2001/03 高等学校教諭専修免許(理科)
4. 2001/03 中学校教諭専修免許(理科)
■ 社会における活動
1. 2013~ 厚生労働大臣登録 清掃作業監督者講習会
2. 2013~ 女子中高生の理系進路選択支援プログラム 科学実験講座「私も未来の科学者」
3. 2018/12 東京都立戸山高校 チームメディカル研究発表会
■ 教育上の能力
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2019/04 「至誠と愛」の実践学修 教育委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2014/03  ゼブラフィッシュ個体を用いた小胞体ストレス応答解析の環境毒性学への展開 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B) 
2. 2011/04~2012/03  CHARGE症候群の成人期の病像の解明と遺伝子診断の臨床応用・iPS細胞の確立 厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 
3. 2014/04~2017/03  ゼブラフィッシュを用いたアクリルアミドの毒性における小胞体ストレス応答の研究 科学研究費補助金 若手研究(B) 
4. 2017/04~2020/03  小型魚類を用いたアクリルアミドの毒性研究:小胞体ストレスとDOHaDの視点から 科学研究費補助金 基盤研究(C) 
■ 講師・講演
1. 2013/04 ゼブラフィッシュモデルの毒性学研究への展開(大阪市)
2. 2014/09 衛生学 ~生をまもる科学~(東海大学付属高輪台高校)
3. 2019/01 ゼブラフィッシュの毒性学における有用性とその活用(北九州市)
■ 現在の専門分野
放射線・化学物質影響科学 (キーワード:ゼブラフィッシュ、 環境毒性学) 
■ 受賞学術賞
1. 2012/02 平成23年度山川寿子研究奨励賞
2. 2014/05 2014年度 日本先天異常学会奨励賞
■ 所属学会
1. 2010 臨床ストレス応答学会
2. 2010~ 日本衛生学会
3. 2018/04~ ∟ 評議会員
4. 2010~ 日本人類遺伝学会
5. 2011~ 日本先天異常学会
■ 学歴
1. 1995/04~1999/03 早稲田大学 教育学部 理学科生物学専修 卒業
2. 1999/04~2001/03 早稲田大学 理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 修士課程修了
3. 2001/04~2005/03 早稲田大学 理工学研究科 生命理工学専攻 博士課程修了 博士(理学)
■ 職歴
1. 2004/09~2007/03 早稲田大学 教育・総合科学学術院 助手
2. 2007/04~2010/03 東京女子医科大学 国際統合医科学インスティテュート 特任助教
■ 科研費研究者番号
70386556