(最終更新日:2019-11-08 13:13:02)
  ミヤヤマ タカミツ   Takamitsu Miyayama
  宮山 貴光
   所属   医学部 医学科  衛生学公衆衛生学
   職種   助教
■ 著書
1. 部分執筆  Health Effects of Silver Nanoparticles and Silver ion, Biological Effects of Fibrous and Particulate Substances 2015/10
■ 学術雑誌
1. 原著  Involvement of Notch1 signaling in malignant progression of A549 cells subjected to prolonged cadmium exposure 2017/05
2. 総説  化学物質の毒性発現機構ー最近のシグナル伝達研究からー 2017/01
3. 原著  Involvement of lysosomal dysfunction in silver nanoparticle-induced cellular damage in A549 human lung alveolar epithelial cells 2016/01
4. 原著  Difference in the toxicity mechanism between ion and nanoparticle forms of silver in the mouse lung and in macrophages 2015/02
5. 原著  Increased expression and activation of serum- and glucocorticoid-inducible kinase-1 (SGK1) by cadmium in HK-2 renal proximal tubular epithelial cells 2014/09
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 銀ナノ粒子によるオートファジー阻害と細胞毒性発現の分子機構 (ポスター,一般) 2017/03/27
2. 銀ナノ粒子によるA549細胞障害とリソソームpH破綻 (口頭発表,一般) 2016/09/07 Link
3. 銀ナノ粒子を曝露したヒト肺胞上皮細胞におけるリソソーム機能の破綻 (口頭発表,一般) 2016/05/13
4. リソソームpH変動による銀ナノ粒子の細胞内分布と毒性 (ポスター,一般) 2015/08/27
5. リソソーム形成阻害による銀ナノ粒子の細胞内分布と毒性への影響 (ポスター,一般) 2015/03/27
全件表示(18件)
■ 資格・免許
1. 2004/06/29 薬剤師名簿登録(第386975)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  銀ナノ粒子によるオートファジー阻害と細胞毒性の分子メカニズム 若手研究(B)  Link
2. 2009/04~2011/03  細胞内における銅制御因子のクロストーク機構の解明 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)  Link
■ 取得特許
1. 2010/04/16 全量導入型ネブライザー対応シースガス導入型スプレーチャンバー(特許第4491607号)
■ 所属学会
1. 2018/01~ 日本毒性学会 Link
■ 学歴
1. ~2009/03 千葉大学大学院 医学薬学府 博士課程修了 博士(医薬学)
■ 職歴
1. 2011/04~2013/07 (独)国立環境研究所 研究員
2. 2009/04~2011/03 (独)日本学術振興会 特別研究員PD
3. 2007~2008 Duke University Medical Center, Durham, NC, USA. Research Scholar