<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 衛生学公衆衛生学(環境・産業医学分野)
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 社会における活動 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   松岡 雅人
准教授:
   加藤 多津子
   蒋池 勇太
講師:
   中島 範宏
   廣田 恵子
助教:
   藤木 恒太
   宮山 貴光
■ 概要
環境・産業医学
基礎研究では、環境要因、特に金属、神経毒性物質や微小粒子状物質、の生体影響について分子・細胞レベルで解明することにより、環境ストレスに対する応答や適応機構を明らかにすることを目指しています。特に、細胞内オルガネラである小胞体を介した分子シャペロンなどストレス応答遺伝子の発現変動や「細胞生存と死」の決定に関わるシグナル伝達系活性化の毒性学的意義について、分子生物学的アプローチによる研究を進めています。また、ゼブラフィッシュや線虫をモデル動物とした環境ストレス応答研究にも着手しています。実践研究として、職業性疾患の原因の把握と対策にも取り組み、その成果を社会に還元することを目標に活動しています。

医療・病院管理学
病院経営に関する研究、医療安全に関する研究、医療倫理に関する研究、医療従事者の労働に関する研究、医事法、医療政策に関する研究を行っています。
ページの先頭へ
■ Keywords
環境医学、産業医学、公衆衛生学、医療・病院管理学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:22K065860002)
 研究課題:不良タンパク質凝集体アグリソーム集積因子のカドミウム毒性における役割の解析  (研究代表者:藤木恒太)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
2.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:22K10451)
 研究課題:災害時の孤立高齢者への医療提供と介入の在り方に関する研究  (研究代表者:中島範宏)
 研究補助金:650,000円  (代表)
3.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:21K12257)
 研究課題:食を介した微量アクリルアミド摂取による影響のゼブラフィッシュを用いた研究  (研究代表者:蒋池勇太)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
4.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K10454)
 研究課題:銀ナノ粒子による肺がん細胞のプログラム細胞死の解明  (研究代表者:宮山貴光)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
5.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K05964)
 研究課題:線虫C. elegansにおける排泄リズムの制御と消化・寿命への影響  (研究代表者:廣田恵子)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  宮山貴光 :日本衛生学会 若手研究者の会 世話人
2.  中島範宏 :日本医療・病院管理学会 評議員
3.  蒋池勇太 :日本先天異常学会 評議員
4.  加藤多津子 :日本医療・病院管理学会 評議員
5.  松岡雅人 :日本産業衛生学会 代議員
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  宮山貴光 帝京科学大学生命環境学部非常勤講師
2.  宮山貴光 認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座講師
3.  廣田恵子 東京家政大学共通教育推進室非常勤講師
4.  中島範宏 東京医療学院大学保健医療学部非常勤講師
5.  蒋池勇太 厚生労働大臣登録清掃作業監督者講習会講師
全件表示(19件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 0  0 0 0 1  4 0  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 中島範宏*:  院内での自殺企図患者の背景と患者・医療側双方の要因に関する検討  ( in press ).  日本医療経営学会誌  (16) :in press-in press , 2022.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. MATSUOKA Masato*:  Occupational Cancer.  Cancer and Work in Asia Volume 1: Perspective from Public Health  in press.  Springer Nature Singapore Pte Ltd.,  Singapore, 2022
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎MIYAYAMA Takamitsu, MATSUOKA Masato: Involvement of ER stress response/autophagy in silver nanoparticles exposure-induced cell death in SH-SY5Y cells.  The 8th International Symposium on Metallomics,  Kanazawa,  2022/07 Link
2. ◎松岡雅人: 職場における化学物質取扱業務と神経障害.  第12回日本脳血管・認知症学会総会,  東京都,  2022/08
3. ◎宮山貴光, 松岡雅人: 神経芽腫における銀ナノ粒子誘導細胞死とルビコンの発現.  第49回日本毒性学会学術年会,  札幌,  2022/07
4. ◎松岡雅人: 化学物質と職業性神経疾患.  第41回日本脳神経超音波学会/第25回日本栓子検出と治療学会,  東京都,  2022/06
5. ◎松岡雅人: 職域でみられる上肢末梢神経障害.  第65回日本手外科学会学術集会,  北九州市,  2022/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者