<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度
 生理学(神経生理学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   宮田 麻理子
講師:
   緑川 光春
   三好 悟一
助教:
   植田 禎史
   金谷 萌子
   尾崎 弘展
   中山 寿子
■ 概要
生理学(第一)講座では、脳機能の基盤である神経回路の働きに注目して研究をしています。神経回路が、生後の発達期でどのように変化するのか?神経損傷や感覚遮断などの様々な外界の変化により、その回路がどのような影響を受けるのか?これらに着目することで、神経回路の可塑性原理を明らかにし、脳機能の一端を解明する事を目指しています。神経回路の働きをin vitro およびin vivo において観察するために、電気生理学、分子生物学、イメージング、光遺伝学などの手法を用いています。また、臨床教室との共同研究による神経機能解析を盛んに行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術変革領域研究(A)  (研究課題番号:20H05916)
 研究課題:視床のシナプス刈り込みにおけるプレシナプス機能変化の解明  (研究代表者:宮田 麻理子)
 研究補助金:14,800,000円  (代表)
2.  基盤研究(B)  (研究課題番号:19H03343)
 研究課題:発達期シナプス競合・刈り込みにおけるシナプス機能解析  (研究代表者:宮田 麻理子)
 研究補助金:3,400,000円  (代表)
3.  基盤研究(B)  (研究課題番号:21H02583)
 研究課題:シナプスの選択的強化・除去に伴うシナプス前部の機能的・分子的発達過程の解明  (研究代表者:緑川 光春)
 研究補助金:5,700,000円  (代表)
4.  基盤研究(C)  (研究課題番号:21K07285)
 研究課題:大脳皮質運動野から体性感覚野への投射回路の除痛効果の解明  (研究代表者:尾崎 弘展)
 研究補助金:1,900,000円  (代表)
5.  基盤研究(C)  (研究課題番号:20k07362)
 研究課題:自閉症モデル動物の発病臨界期を制御する分子機構の解明  (研究代表者:三好 悟一)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 3 0 3 3 3  0 0 0 0  2 2  3 1  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kouichi Hashimoto*, Yosuke Yamawaki, Kenji Yamaoka, Takayuki Yoshida, Kana Okada, Wanqin Tan, Miwako Yamasaki, Yoshiko Matsumoto-Makidono, Reika Kubo, Hisako Nakayama, Tsutomu Kataoka, Takashi Kanematsu, Masahiko Watanabe, Yasumasa Okamoto, Shigeru Morinobu, Hidenori Aizawa, Shigeto Yamawaki:  Spike firing attenuation of serotonin neurons in learned helplessness rats is reversed by ketamine.  Brain Communications  3 (4) :fcab285 , 2021.12   DOI:10.1093/braincomms/fcab285
2. Ueta Yoshifumi*, Miyata Mariko*:  Electrophysiological and anatomical characterization of synaptic remodeling in the mouse whisker thalamus.  STAR Protocols  2 (3) :100743-100743 , 2021.9   DOI:10.1016/ j.xpro.2021.100743 Link
3. Nami Hayakawa, Hajime Matsumine*, Kaori Fujii, Hironobu Osaki, Yoshifumi Ueta, Wataru Kamei, Yosuke Niimi, Mariko Miyata, Hiroyuki Sakurai:  Facial nerve regeneration with bioabsorbable collagen conduits filled with collagen filaments: an experimental study.  Regenerative Therapy  18 :302-308 , 2021.8   DOI:10.1016/j.reth.2021.08.006
4. ESK Lai, H Nakayama, T Miyazaki, T Nakazawa, K Tabuchi, K Hashimoto, M Watanabe and M Kano:  Neuroligin-3 Mutation Affects Developmental Synapse Elimination in the Cerebellum.  Frontiers in Neural Circuits  15 :676891 , 2021.6   DOI:10.3389/fncir.2021.676891
5. Goichi Miyoshi*, Yoshifumi Ueta, Akiyo Natsubori, Kou Hiraga, Hironobu Osaki, Yuki Yagasaki, Yusuke Kishi, Yuchio Yanagawa, Gord Fishell, Robert P. Machold and Mariko Miyata:  FoxG1 regulates the formation of cortical GABAergic circuit during an early postnatal critical period resulting in autism spectrum disorder-like phenotypes.  Nature Communications  12 :3773 , 2021.6   DOI:10.1038/s41467-021-23987-z.
総説及び解説
1. 緑川光春:  超解像ライブイメージングによる中枢神経シナプス前終末内部のシナプス小胞動態解析.  Precision Medicine  4 (11) :60-64 , 2021.9
2. 緑川光春:  脳が完成するまでに「生き残る」回路と 「刈り込まれる」回路との違いを解明.  神経科学ニュース  (227) :39-40 , 2021.4
3. 植田禎史*:  末梢神経損傷がミクログリアの働きを介して遠く離れた脳神経回路へ可塑性を誘導する仕組み.  神経化学トピックス  :38 , 2021.4   DOI:10.11481/topics143 Link
その他
1. Osaki Hironobu*, Kanaya Moeko, Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko*:  Distinct nociresponsive region in mouse primary somatosensory cortex.  bioRxiv  :ePub , 2021.4   DOI:10.1101/2021.04.14.439725 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Ueta Yoshifumi: Microglial regulation of peripheral nerve injury-induced synaptic remodeling in the thalamus.  AuPS meeting (annual meeting of Australian Physiological Society),  Gold Coast, Queensland, Australia (オンラインとのハイブリッド開催),  2021/11
2. Midorikawa Mitsuharu, Miyata Mariko: Development of presynaptic functions at surviving and eliminated synapses in the somatosensory thalamus.  第44回 日本神経科学大会 第1回 CJK 国際会議,  Kobe, Japan,  2021/07
3. Nakayama Hisako, Miyata Mariko: Postsynaptic activity dependence of selective strengthening and an establishment of mono-innervation at whisker-related afferents to thalamic neuronal synapses.  第44回日本神経科学大会/第1回 CJK 国際会議,  神戸,  2021/07
4. ◎Hironobu Osaki, Moeko Kanaya, Miyata Mariko: Optogenetic inhibition of the primary somatosensory cortex neurons reduces pain behavior in free-moving mice.  1st International Symposium on Hyper-Adaptability,  Online,  2021/05
5. ◎宮田麻理子: 異所痛を生み出す脳内神経回路改編メカニズム.  第43回日本疼痛学会,  online,  2021/12
全件表示(9件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者