<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 生理学(神経生理学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   宮田 麻理子
講師:
   三好 悟一
助教:
   緑川 光春
   木内(矢ヶ崎) 有希
   植田 禎史
   尾崎 弘展
   中山 寿子
■ 概要
生理学(第一)講座では、脳機能の基盤である神経回路の働きに注目して研究をしています。神経回路が、生後の発達期でどのように変化するのか?神経損傷や感覚遮断などの様々な外界の変化により、その回路がどのような影響を受けるのか?これらに着目することで、神経回路の可塑性原理を明らかにし、脳機能の一端を解明する事を目指しています。神経回路の働きをin vitro およびin vivo において観察するために、電気生理学、分子生物学、イメージング、光遺伝学などの手法を用いています。また、臨床教室との共同研究による神経機能解析を盛んに行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(B)  (研究課題番号:19H03343)
 研究課題:発達期シナプス競合・刈り込みにおけるシナプス機能解析  (研究代表者:宮田麻理子)
 研究補助金:4,500,000円  (代表)
2.  基盤研究(B)  (研究課題番号:17H03548)
 研究課題:中枢神経シナプス前終末における小胞動態の超解像ライブイメージング  (研究代表者:緑川光春)
 研究補助金:2,200,000円  (代表)
3.  基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07102)
 研究課題:新規自閉症疾患モデルマウスにおける興奮抑制バランスの解明  (研究代表者:三好悟一)
 研究補助金:3,454,443円  (代表)
4.  基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07058)
 研究課題:発達期小脳神経回路形成に関わるミクログリア依存的メカニズムの解明  (研究代表者:中山寿子)
 研究補助金:1,197,548円  (代表)
5.  若手研究  (研究課題番号:18K14854)
 研究課題:痛覚と逃避行動を結びつける上位中枢神経系の役割の解明  (研究代表者:尾崎弘展)
 研究補助金:1,503,969円  (代表)
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 4 2 2  0 0 0 0  0 4  0 0  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hiroshi Fujimaki, Hajime Matsumine*, Hironobu Osaki, Yoshifumi Ueta, Wataru Kamei, Mari Shimizu, Kazuki Hashimoto, Kaori Fujii, Tomohiko Kazama, Taro Matsumoto, Yosuke Niimi, Mariko Miyata, Hiroyuki Sakurai:  Dedifferentiated fat cells in polyglycolic acid-collagen nerve conduits promote rat facial nerve regeneration.  Regenerative Therapy  11 :240-248 , 2019.12
2. Takashi R Sato*, Takahide Itokazu, Hironobu Osaki, Makoto Ohtake, Tetsuya Yamamoto, Kazuhiro Sohya, Takakuni Maki, Tatsuo K Sato*:  Interhemispherically dynamic representation of an eye movement-related activity in mouse frontal cortex.  eLife  :ePub , 2019.11   DOI:10.7554/eLife.50855 Link
3. Ueta Yoshifumi, Sohn Jaerin, Agahari Fransiscus Adrian, Im Sanghun, Hirai Yasuharu, Miyata Mariko, Kawaguchi Yasuo*:  Ipsi- and contralateral corticocortical projection-dependent subcircuits in layer 2 of the rat frontal cortex.  Journal of Neurophysiology  122 (4) :1461-1472 , 2019.10   DOI:10.1152/jn.00333.2019
4. Ueta Yoshifumi*, Yamamoto Ryo, Kato Nobuo*:  Layer-specific modulation of pyramidal cell excitability by electroconvulsive shock.  Neuroscience letters  709 :134383 , 2019.9   DOI:10.1016/j.neulet.2019.134383
5. FUKUI Atsushi, OSAKI Hironobu*, UETA Yoshifumi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, MIYATA Mariko*:  Layer-specific sensory processing impairment in the primary somatosensory cortex after motor cortex infarction.  bioRxiv  :--- , 2019.9   DOI:https://doi.org/10.1101/778167
全件表示(6件)
その他
1. 佐藤 梓, 辻野賢治, 加藤砂織, 田部瑶子, 上田明子, 中谷 允, 藤原吉希, 宮田麻理子, 尾崎 眞:  医学部の選択講義(医学情報学)におけるタブレット端末の活用.  情報教育  1 (1) :44-46 , 2019.5   DOI:10.24711/rrie.1.0_44
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Osaki Hironobu, Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: The area- and layer-specific distribution of nociceptive neurons in the primary somatosensory cortex of mice.  The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Niigata, Japan,  2019/07
2. ◎Midorikawa Mitsuharu, Miyata Mariko: Direct measurements of transmitter release from lemniscal fiber terminals in the somatosensory thalamus.  The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Niigata, Japan,  2019/07
3. ◎Miyoshi Goichi, Ueta Yoshifumi, Yagasaki Yuki, Osaki Hironobu, Machold Rob, Fishell Gord, Miyata Mariko: Dynamic FoxG1 expression levels regulate autism associated behavioral circuit.  The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Niigata, Japan,  2019/07
4. ◎Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: Microglia regulate thalamic circuit reorganization induced by peripheral nerve injury.  The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Niigata, Japan,  2019/07
5. ◎三好悟一: 皮質インターニューロン発生・分化と自閉症発病機構.  第70回脳神経発達統御学セミナー,  群馬、日本,  2019/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者