<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 生理学(神経生理学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   宮田 麻理子
講師:
   三好 悟一
助教:
   緑川 光春
   木内(矢ヶ崎) 有希
   植田 禎史
   尾崎 弘展
   中山 寿子
■ 概要
生理学(第一)講座では、脳機能の基盤である神経回路の働きに注目して研究をしています。神経回路が、生後の発達期でどのように変化するのか?神経損傷や感覚遮断などの様々な外界の変化により、その回路がどのような影響を受けるのか?これらに着目することで、神経回路の可塑性原理を明らかにし、脳機能の一端を解明する事を目指しています。神経回路の働きをin vitro およびin vivo において観察するために、電気生理学、分子生物学、イメージング、光遺伝学などの手法を用いています。また、臨床教室との共同研究による神経機能解析を盛んに行っています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(B)  (研究課題番号:17H03548)
 研究課題:中枢神経シナプス前終末における小胞動態の超解像ライブイメージング  (研究代表者:緑川 光春)
 研究補助金:3,380,000円  (代表)
2.  基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07102)
 研究課題:新規自閉症疾患モデルマウスにおける興奮抑制バランスの解明  (研究代表者:三好 悟一)
 研究補助金:1,040,000円  (代表)
3.  基盤研究(C)  (研究課題番号:17K07058)
 研究課題:発達期小脳神経回路形成に関わるミクログリア依存的メカニズムの解明  (研究代表者:中山 寿子)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
4.  若手研究  (研究課題番号:18K14854)
 研究課題:痛覚と逃避行動を結びつける上位中枢神経系の役割の解明  (研究代表者:尾崎 弘展)
 研究補助金:2,080,000円  (代表)
5.  新学術研究領域  (研究課題番号:17H05752)
 研究課題:視床トポグラフィック回路におけるスクラップ&ビルド機構の解明  (研究代表者:宮田 麻理子)
 研究補助金:5,590,000円  (代表)
6.  新学術領域研究  (研究課題番号:17H05775)
 研究課題:GABA細胞発生時計による遺伝子「量」制御と皮質層の連携と構築  (研究代表者:三好 悟一)
 研究補助金:4,420,000円  (代表)
7.  新学術領域研究(研究領域提案型)  (研究課題番号:17H05912)
 研究課題:大脳皮質における触覚―痛覚相互作用の解明と痛覚制御  (研究代表者:尾崎 弘展)
 研究補助金:5,070,000円  (代表)
8.  挑戦的研究(萌芽)  (研究課題番号:17K19466)
 研究課題:単一シナプス小胞レベルでの開口放出分子基盤の解明  (研究代表者:緑川 光春)
 研究補助金:1,820,000円  (代表)
9.  若手研究(B)  (研究課題番号:16K18995)
 研究課題:末梢神経の損傷に伴う中枢神経回路の改編におけるミクログリア活性制御とその機能  (研究代表者:植田 禎史)
 研究補助金:1,269,599円  (代表)
10.  新学術領域研究  (研究課題番号:17H06311)
 研究課題:脳情報動態を規定する前頭皮質局所回路構造  (研究分担者:植田 禎史)
 研究補助金:800,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 2 1 2 2 3  0 1 0 0  4 2  2 1  0 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kamei Wataru, Matsumine Hajime*, Osaki Hironobu, Ueta Yoshifumi, Tsunoda Satoshi, Shimizu Mari, Hashimoto Kazuki, Niimi Yosuke, Miyata Mariko, Sakurai Hiroyuki:  Axonal supercharged interpositional jump-graft with a hybrid artificial nerve conduit containing adipose-derived stem cells in facial nerve paresis rat model.  Microsurgery  38 (8) :889-898 , 2018.11
2. Shimizu Mari, Matsumine Hajime*, Osaki Hironobu, Ueta Yoshihumi, Tsunoda Satoshi, Kamei Wataru, Hashimoto Kukazi, Niimi Yosuke, Watanabe Yorikatsu, Miyata Mariko, Sakurai Hiroyuki:  Adipose-derived stem cells and the stromal vascular fraction in polyglycolic-acid (PGA)-collagen nerve conduits promote rat facial nerve regeneration.  Wound Repair and Regeneration  :10.1111/wrr.12665 , 2018.8
3. Hisako Nakayama, Manabu Abe, Chie Morimoto, Tadatune Iida, Shigeo Okabe, Kenji Sakimura, Kouichi Hashimoto*:  Microglia permit climbing fiber elimination by promoting GABAergic inhibition in the developing cerebellum.  Nature Communications  9 (1) :2830 , 2018.7
4. Yuki Yagasaki, Goichi Miyosi, Mariko Miyata*:  Experience-dependent MeCP2 expression in the excitatory cells of mouse visual thalamus.  PLoS ONE  13 (5) :e0198268 , 2018.5
5. Yuichi Takeuchi*, Hironobu Osaki, Hajime Matsumine, Yosuke Niimi, Ryo Sasaki, Mariko Miyata:  A method package for electrophysiological evaluation of reconstructed or regenerated facial nerves in rodents.  MethodsX  5 :283-298 , 2018.4
総説及び解説
1. 植田禎史*:  神経損傷に伴う体部位再現図の再構築.  Precision Medicine  1 (3) :295-299 , 2018.12
2. Midorikawa Mitsuharu:  Real-time imaging of synaptic vesicle exocytosis by total internal reflection fluorescence (TIRF) microscopy.  Neuroscience research  136 :1-5 , 2018.11
3. 植田禎史*:  中枢神経回路の可塑的再構築.  アグリバイオ  2 (11) :1118-1121 , 2018.9
4. 植田禎史*:  神経損傷に伴う中枢回路の再構築.  細胞  50 (6) :323-326 , 2018.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 尾崎弘展:  視床ゲート機構.  脳科学辞典  1.  日本神経科学学会,  東京, 2018.5 Link
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: Suppression of microglia prevents nerve injury-induced synapse remodeling in the thalamus.  Cold Spring Harbor Asia conference "Latest Advances in Development & Function of Neuronal Circuits",  Awaji, Japan,  2018/09
2. Mitsuharu Midorikawa, Takeshi Sakaba: Measuring dynamics of releasable synaptic vesicles at hippocampal mossy fiber boutons.  Latest Advances in Development & Function of Neuronal Circuits 2018,  Hyogo, Japan,  2018/09
3. ◎Nakayama Hisako, Abe Manabu, Morimoto Chie, Sakimura Kenji, Hashimoto Kouichi: Microglia permit climbing fiber refinement by promoting inhibitory synaptic transmission in the developing cerebellum.  Latest Advances in Development & Function of Neuronal Circuits 2018,  Hyogo, Japan,  2018/09
4. ◎Osaki Hironobu, Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: Dysgranular area in the primary somatosensory cortex selectively encodes noxious information.  The 41st annual meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Japan,  2018/07
5. FUKUI Atsushi, ◎Osaki Hironobu, Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: Layer-dependent recovery of tactile sensory processing in mouse primary somatosensory cortex after a focal motor cortex stroke.  The 41st annual meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Japan,  2018/07
6. ◎三好悟一、花嶋 かりな、Victor Borrell: 大脳皮質の形成と機能 発現を担う遺伝子発現 制御システムの新展開.  第41回日本神経科学大会,  神戸、日本,  2018/07
7. ◎Ueta Yoshifumi, Sekino Sachie, Takeuchi Yuichi, Katayama Yoko, Miyata Mariko: Suppression of microglia prevents nerve injury-induced remodeling of thalamic circuits and ectopic allodynia.  The 41st annual meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Japan,  2018/07
8. ◎尾崎弘展, 植田禎史, 宮田麻理子: 大脳皮質一次体性感覚野での痛覚受容はdysgranular領域で行われている.  第40回日本疼痛学会,  長崎,  2018/06
9. ◎Goichi,miyoshi: Assembly of inhibitory circuitry by FoxG1, a gene associated with autism spectrum disorders.  22nd Biennial Meeting of the International Society for Developmental Neuroscience,  Nara,Japan,  2018/05
10. ◎Ueta Yoshifumi, Miyata Mariko: Suppression of microglia prevents nerve injury-induced synaptic remodeling in the thalamus.  新学術領域研究スクラップ&ビルドによる脳機能の動的制御 第3回領域会議,  箕面,日本,  2018/11
全件表示(12件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者