<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 国際環境・熱帯医学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   杉下 智彦
准教授:
   塚原 高広
助教:
   岩下 華子
   坂元 晴香
   凪 幸世
   吉井 亜希子
   本間 一
■ 概要
寄生虫感染症・熱帯感染症の分野では主としてマラリア薬剤耐性の研究が行われています。世界の流行地において現地調査を行って得た原虫株を、最新の分析機器を用いて薬剤耐性遺伝子やマイクロサテライト座位の多型解析を行っています。

国際保健の分野では途上国における保健医療サービスの在り方について研究を進めています。主に感染症対策と母子保健の2つの分野での活動が行われており、感染症対策では抗マラリア薬処方行動の変容プロセスの解明を質的および量的研究から進めています。母子保健分野では、助産師等を対象としたインタビューによる質的調査を実施しています。更に日本における適切な医療の国際化を進めるための国際医療交流に関する研究も始めています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)  (研究課題番号:19H03873)
 研究課題:パプアニューギニア無医地区におけるヘルスカバレッジ向上に資する医療サービスの解明  (研究代表者:塚原高広)
 研究補助金:6,200,000円  (代表)
2.  文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07527)
 研究課題:レムールマラリア原虫の分子疫学調査と新規ゲノム解読  (研究代表者:本間一)
 研究補助金:800,000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費補助金 若手研究  (研究課題番号:19K14188)
 研究課題:ケニアにおける悪液質の実態調査と発症要因解明に関する新たな試み  (研究代表者:凪幸世)
 研究補助金:600,000円  (代表)
4.  文部科学省科学研究費補助金 若手研究  (研究課題番号:18K13006)
 研究課題:在日外国人における母子継続ケアの現状およびその促進・阻害となる社会的決定要因  (研究代表者:佐久間さき)
 研究補助金:100,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 3 1 2 1 2  0 1 0 0  1 0  0 1  0 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Balikagala Betty, Sakurai-Yatsushiro Miki, Tachibana Shin‐Ichiro, Ikeda Mie, Yamauchi Masato, Katuro Osbert T., Ntege Edward H., Sekihara Makoto, Fukuda Naoyuki, Takahashi Nobuyuki, Yatsushiro Shouki, Mori Toshiyuki, Hirai Makoto, Opio Walter, Obwoya Paul S., Anywar Denis A., Auma Mary A., Palacpac Nirianne M. Q., Tsuboi Takafumi, Odongo‐Aginya Emmanuel I., Kimura Eisaku, Ogwang Martin, Horii Toshihiro, Mita Toshihiro*:  Recovery and stable persistence of chloroquine sensitivity in Plasmodium falciparum parasites after its discontinued use in Northern Uganda.  Malaria journal  19 (1) :76 , 2020.2   DOI:10.1186/s12936-020-03157-0
2. Tsukahara Takahiro*, Sugahara Takuma, Ogura Seiritsu, Hombhanje Francis Wanak:  Effect of pecuniary costs and time costs on choice of healthcare providers among caregivers of febrile children in rural Papua New Guinea.  Health economics review  9 :33 , 2019.12   DOI:10.1186/s13561-019-0250-x
3. Arisue Nobuko*, Hashimoto Tetsuo, Kawai satoru, Honma Hajime, Kume Keitaro, Horii Toshihiro:  Apicoplast phylogeny reveals the position of Plasmodium vivax basal to the Asian primate malaria parasite.  Scientific Reports  9 (1) :7274 , 2019.5   DOI:10.1038/s41598-019-43831-1
4. Sakuma S, Yasuoka J, Phongluxa K, Jimba M*:  Determinants of continuum of care for maternal, newborn, and child health services in rural Khammouane, Lao PDR.  PLoS ONE  14 (4) :e0215635 , 2019.4   DOI:10.1371/journal.pone.0215635
総説及び解説
1. 杉下智彦*:  持続可能な開発目標(SDGs)の背景と国際展開 −グローバル・ヘルスと健康の社会デザイン−.  保健医療科学  68 (5) :372-379 , 2019.12
症例報告
1. 塚原高広*、高野愛、程璐、石崎純子、田中勝:  マダニ咬症後に肺炎をきたした小児の1例.  日本臨床寄生虫学雑誌  30 (1) :92-94 , 2019.12
その他
1. 地引英理子*:  グローバルヘルス人材のキャリア・ディベロップメントにおける課題.  国際臨床医学会雑誌  3 (1) :70-74 , 2019.12
2. 杉下智彦*:  地球規模で見た女性の健康課題と母子手帳のグローバルな展開.  東京産婦人科医会誌  52 :15-19 , 2019.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 凪 幸世, 杉下 智彦:  熱帯アフリカのマラリア撲滅を目指したコミュニティー主導型統合的戦略のための分野融合研究.  東京女子医科大学雑誌  49.  東京女子医科大学学会,  日本, 2020.2
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Tomohiko Sugishita, Rajendra Koju, Andre Renzaho, Lal Rawal, Biraj Karmacharya, Abha Shrestha, Haruka Sakamoto: ネパールの遠隔地における糖尿病対策のための健康増進活動によるランダム化比較介入試験.  GACD (慢性疾患国際アライアンス),  タイ,  2019/11
2. ◎塚原高広、高野愛、程璐、石崎純子、田中勝: マダニ咬症後に肺炎をきたした小児の1例.  第30回日本臨床寄生虫学会大会,  東京都新宿区,  2019/06
3. 凪 幸世, 杉下 智彦: 熱帯アフリカのマラリア撲滅を目指したコミュニティー主導型統合的戦略のための分野融合研究.      2020/02
4. ◎杉下智彦: 保健分野における日本とアフリカの官民連携.  第1回アフリカ・日本官民連携ミッション・ラウンドテーブル会議,  東京,  2019/11
5. ◎杉下智彦: マラリアのない大陸へ:持続的な成長に向けた日本・アフリカの協働.  日経アジア・アフリカ感染症会議 2019,  神奈川県横浜市,  2019/08
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者