<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 国際環境・熱帯医学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   杉下 智彦
講師:
   塚原 高広
助教:
   佐久間 さき
   八代 美樹
   吉井 亜希子
   本間 一
■ 概要
寄生虫感染症・熱帯感染症の分野では主としてマラリア薬剤耐性の研究が行われています。世界の流行地において現地調査を行って得た原虫株を、最新の分析機器を用いて薬剤耐性遺伝子やマイクロサテライト座位の多型解析を行っています。

国際保健の分野では途上国における保健医療サービスの在り方について研究を進めています。主に感染症対策と母子保健の2つの分野での活動が行われており、感染症対策では抗マラリア薬処方行動の変容プロセスの解明を質的および量的研究から進めています。母子保健分野では、助産師等を対象としたインタビューによる質的調査を実施しています。更に日本における適切な医療の国際化を進めるための国際医療交流に関する研究も始めています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)
 研究課題:水没危機にあるオセアニア島嶼の全島民移住における社会・生態・健康の研究  (研究分担者:塚原高広)
 研究補助金:750,000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B)
 研究課題:新規ミューテーターマラリア原虫の開発と突然変異体創出システムの構築  (研究代表者:本間一)
 研究補助金:900,000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
 研究課題:霊長類マラリア原虫の進化過程の解析及び宿主転換に関与する遺伝的要素の探索  (研究分担者:本間一)
 研究補助金:200,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 0 2 1 2  0 2 0 0  3 1  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. TSUKAHARA Takahiro*, SUGAHARA Takuma, FURUSAWA Takuro, HOMBHANJE Wanak Francis:  Comparison of health service utilization for febrile children before and after introduction of malaria rapid diagnostic tests and artemisinin-based combination therapy in rural Papua New Guinea.  Frontiers in Public Health  6 :75 , 2018.3
2. Inoue Yosuke*, Takahashi Daichi, Kondo Naoki, Yoshii Akiko, Sekihara Makoto, Hombhanje Francis W, Tsukahara Takahiro:  Village health volunteers' individual social capital and caretakers' health service utilization for febrile children in Malaria-endemic villages in Papua New Guinea.  Transactions of the Royal Society of Tropical Medicine and Hygiene  111 (11) :490-496 , 2017.11
3. Honma H, Kawai S, Motooka D, Nakamura S, Tougan T, Horii T, Arisue N*:  Draft Genome Sequence of Plasmodium gonderi, a Malaria Parasite of African Old World Monkeys.  Genome Announcements  13 (5) :e00612-17 , 2017.7
4. Miyano S*, Syakantu G, Komada K, Endo H, Sugishita T:  Cost-effectiveness analysis of the national decentralization policy of antiretroviral treatment programme in Zambia.  Cost effectiveness and Resource Allocation  15 :4 , 2017.4
その他
1. 杉下智彦*:  第83回東京女子医科大学学会総会シンポジウム「『未来の社会創造』21世紀の医療の姿と社会デザイン」総括.  東京女子医科大学雑誌  88 (1) :26-29 , 2018.2
2. 杉下智彦*:  ケニアの電子母子健康手帳の歴史と未来 (特集 世界の母子健康手帳の動向).  日本助産師会機関誌  71 (3) :15-17 , 2017.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 杉下智彦:    The Art of Travel and Global Healthトラベル&グローバルメディスン: 渡航前から帰国後・インバウンドまで  172-177.  南山堂,  東京, 日本, 2017.9
2. 宮川雅美, 杉下智彦, 瀧澤郁雄, 三好知明, 仲佐保:  MGDsからSDGsへ 〜パラダイムシフトの中の保健〜 日本の具体的貢献.  公衆衛生情報  12-13.  日本公衆衛生協会,  東京, 日本, 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Arisue Nobuko , Honma Hajime, Kawai Satoru, Tougan Takahiro, Horii Toshihiro: Whole-genome sequencing of a Plasmodium gonderi and evolutionary relationship of malaria parasites.  IUMS2017: 15th International Congress of Bacteriology & Applied Microbiology,  Singapore,  2017/07
2. ◎杉下智彦: 寄生虫疾患対策を通したUHC達成のシナリオ.  第87回日本寄生虫学会,  東京, 日本,  2018/03
3. ◎彦坂健児, 馮雪, 本間一, 松崎素道, 元岡大祐, 中村昇太, 野呂瀬一美, 北潔: ディープシーケンスによるマラリア原虫のアトバコン耐性に関わる点変異の解析.  第87回日本寄生虫学会,  東京, 日本,  2018/03
4. ◎本間一, 高橋延之, 杉下智彦: 熱帯熱マラリア原虫のDNA修復タンパク質MSH2-1変異体の作製と性状解析.  第87回日本寄生虫学会,  東京, 日本,  2018/03
5. ◎Takahiro Tsukahara,David H Rakotonandrasana: Factors associated with adherence to malaria negative test results by primary healthcare professionals in Madagascar.  グローバルヘルス合同大会2017 第58回日本熱帯医学会大会・第32回日本国際保健医療学会学術大会・第21回日本渡航医学会学術集会,  東京,  2017/11
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者