<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 衛生学公衆衛生学(公衆衛生学分野 グローバルヘルス部門)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   杉下 智彦
講師:
   塚原 高広
助教:
   佐久間 さき
   吉井 亜希子
   本間 一
■ 概要
寄生虫感染症・熱帯感染症の分野では主としてマラリア薬剤耐性の研究が行われています。世界の流行地において現地調査を行って得た原虫株を、最新の分析機器を用いて薬剤耐性遺伝子やマイクロサテライト座位の多型解析を行っています。

国際保健の分野では途上国における保健医療サービスの在り方について研究を進めています。主に感染症対策と母子保健の2つの分野での活動が行われており、感染症対策では抗マラリア薬処方行動の変容プロセスの解明を質的および量的研究から進めています。母子保健分野では、助産師等を対象としたインタビューによる質的調査を実施しています。更に日本における適切な医療の国際化を進めるための国際医療交流に関する研究も始めています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 2 0 1 2 3  0 0 0 0  1 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yoshii Akiko, Sekihara Makoto, Furusawa Takuro, Hombhanje Hombhanje, Tsukahara Takahiro*:  Factors associated with children's health facility visits for primaquine treatment in rural Papua New Guinea.  Malaria journal  18 :42 , 2019.2   DOI:10.1186/s12936-019-2675-4
2. Ngatu Nlandu Roger*, Kanbara Sakiko, Renzaho Andre, Wumba Roger, Mbelambela Etongola P., Muchanga Sifa M. J., Muzembo Basilua Andre, Leon-Kabamba Ngombe, Nattadech Choomplang, Suzuki Tomoko, Oscar-Luboya Numbi, Wada Koji, Ikeda Mitsunori, Nojima Sayumi, Sugishita Tomohiko, Ikeda Shunya:  Environmental and sociodemographic factors associated with household malaria burden in the Congo.  Malaria journal  18 :53 , 2019.2   DOI:10.1186/s12936-019-2679-0
3. Ikeda Mie, Kaneko Megumi, Tachibana Shin-Ichiro, Balikagala Betty, Sakurai-Yatsushiro Miki, Yatsushiro Shouki, Takahashi Nobuyuki, Yamauchi Masato, Sekihara Makoto, Hashimoto Muneaki, Odongo-Aginya Emmanuel I., Okello-Onen Joseph, Hirai Makoto, Ohashi Jun, Palacpac Nirianne M.Q., Kataoka Masatoshi, Tsuboi Takafumi, Kimura Eisaku, Horii Toshihiro, Mita Toshihiro*:  Artemisinin-Resistant Plasmodium falciparum with High Survival Rates, Uganda, 2014-2016.  Emerging infectious diseases  24 (4) :718-726 , 2018.4   DOI:10.3201/eid2404.170141
4. Mita Toshihiro*, Hombhanje Francis, Takahashi Nobuyuki, Sekihara Makoto, Yamauchi Masato, Tsukahara Takahiro, Kaneko Akira, Endo Hiroyoshi, Ohashi Jun:  Rapid selection of sulphadoxine-resistant Plasmodium falciparum and its effect on within-population genetic diversity in Papua New Guinea.  Scientific Reports  8 (1) :5565 , 2018.4   DOI:10.1038/s41598-018-23811-7
5. RAKOTONANDRASANA David Harimbola, TSUKAHARA Takahiro*, YAMAMOTO-MITANI Noriko:  Antimalarial drug prescribing by healthcare workers when malaria testing is negative : a qualitative study in Madagascar.  Tropical Medicine and Health  43 :13 , 2018.4   DOI:10.1186/s41182-018-0096-7
総説及び解説
1. 杉下智彦*:  プライマリヘルスケアからユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの歴史的変遷.  保健の科学  60 (6) :392-396 , 2018.6
その他
1. 杉下智彦*:  グローバルヘルスにおける「他者を理解」するということ「ヘルマン医療人類学─文化・健康・病い」書評.  国際保健医療  33 (3) :269-270 , 2018.9   DOI:https://doi.org/10.11197/jaih.33.269
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎有末伸子, 橋本哲夫, 本間一, 川合覚, 久米慶太郎, 堀井俊宏: 三日熱マラリア原虫マラリア原虫Plasmodium vivaxの系統的位置.  第88回日本寄生虫学会大会,  長崎市,  2019/03
2. ◎塚原高広、菅原琢磨: パプアニューギニア村落部における発熱小児の受療選択確率に費用がおよぼす影響.  第11回日本医療経済学会若手研究者育成のためのセミナー,  神戸市,  2019/03
3. 北原 秀治, 大黒 史子, 池田 真里, 杉下 智彦: 世界で活躍する女性医療者・研究者育成に向けて.  日本生化学学会,  京都,  2018/09
4. ◎杉下智彦: Global Surgery:外科医の新しいマインドセット.  第118回日本外科学会定期学術集会,  東京, 日本,  2018/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者