<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 解剖学(神経分子形態学)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   藤枝 弘樹
准教授:
   本多 祥子
助教:
   蒋池 かおり
   齋藤 文典
   芝田 高志
   早川 亨
■ 概要
本講座は肉眼解剖学および神経解剖学の教育を担当し、また次の3つのテーマの研究をおこなっている。
1)網膜視細胞の分化制御機構
視細胞の分化制御機構について、発生と再生の2つの側面から研究している。発生期網膜の視細胞の分化が光という環境因子および概日リズムを制御する時計遺伝子により制御される可能性について探索している。また視細胞変性モデルを用いて、網膜幹細胞としてのポテンシャルをもつMüllerグリアが視細胞を再生する機序について解析をおこなっている。
2)記憶形成機構に関わる神経結合の形態学的解析
記憶の形成に関わる神経回路網の全貌を形態学的に明らかにすることを目指し、主にラット脳・ウサギ脳を用いて海馬体や海馬周辺皮質領域の神経結合関係を細胞集団レベルおよび単一神経細胞レベルで解析している。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 0  0 0 0 0  5 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
その他
1. 本多祥子, 齋藤加代子, 肥塚直美:  学校法人東京女子医科大学教職員における介護の現状と課題:介護に関するアンケート調査結果から.  東京女子医大雑誌  91 (4) :205-218 , 2021.8   DOI:https://doi.org/10.24488/jtwmu.91.4_205
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎蒋池かおり, 西野玲子, 藤枝弘樹: 視細胞変性とMüllerグリアの増殖性応答の時間的関連性:アルキル化剤による比較.  第127回 日本解剖学会総会・全国学術集会,  大阪(Web),  2022/03
2. ◎本多祥子: 海馬体、前海馬台、嗅内野の線維連絡解析からたどり着いた機能的考察.  第127回日本解剖学会総会・全国学術集会,  大阪(Web開催),  2022/03
3. ◎蒋池かおり, 藤枝弘樹: 網膜傷害後の Müller グリアの増殖とグリオーシス、変性細胞の除去にはフォスファチジルセリンの認識と Rac1 の活性化が関与する.  第14回 Retinal Research Meeting,  東京,  2021/12
4. ◎本多祥子: 東京女子医科大学の取組み 勤務環境改善プロジェクト、女性医師復職支援、看護研究推進プロジェクト.  第4回全国ダイバーシティネットワークシンポジウム,  大阪大学,  2021/12
5. ◎HONDA Yoshiko, SHIMOKAWA Tetsuya, MATSUDA Seiji, KOBAYASHI Yasushi, MORIYA-ITO Keiko: The input and output connections of hippocampal and parahippocampal areas in the common marmoset.  The 44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, The 1st CJK International Meeting,  Kobe Convention Center (Hybrid Format),  2021/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者