<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 解剖学(神経分子形態学)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   藤枝 弘樹
准教授:
   本多 祥子
助教:
   蒋池 かおり
   齋藤 文典
   芝田 高志
   須藤 則広
   早川 亨
■ 概要
本講座は肉眼解剖学および神経解剖学の教育を担当し、また次の3つのテーマの研究をおこなっている。
1)網膜視細胞の分化制御機構
視細胞の分化制御機構について、発生と再生の2つの側面から研究している。発生期網膜の視細胞の分化が光という環境因子および概日リズムを制御する時計遺伝子により制御される可能性について探索している。また視細胞変性モデルを用いて、網膜幹細胞としてのポテンシャルをもつMüllerグリアが視細胞を再生する機序について解析をおこなっている。
2)記憶形成機構に関わる神経結合の形態学的解析
記憶の形成に関わる神経回路網の全貌を形態学的に明らかにすることを目指し、主にラット脳・ウサギ脳を用いて海馬体や海馬周辺皮質領域の神経結合関係を細胞集団レベルおよび単一神経細胞レベルで解析している。
3)超高解像度X線CTを用いた研究
超高解像度X線CTを開発し、それを用いたヒト胎児頭蓋骨の形態形成、石灰化動脈硬化と骨の粗鬆化の相関などの研究をおこなっている。さらに超高解像度X線CTによる被曝の影響を低減化し、その生体応用を可能とするために、X線の電離作用により発生するフリーラジカルの反応制御についての研究もおこなっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 2 2 2  0 0 0 0  4 2  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hayakawa R, Komoike K, Kawakami H, Morishima M, Shimizu K, Kitahara S, Fujieda H, Ezaki T.:  Ultrastructural changes in the choriocapillaris of N-methyl-N -nitrosourea- induced retinal degeneration in C57BL/6 mice.  Medical Molecular Morphology  :10.1007/s00795-020-00246-6 , 2020.1   DOI:10.1007/s00795-020-00246-6
2. Komoike Kaori, Saitoh Fuminori, Fujieda Hiroki:  Phosphatidylserine recognition and Rac1 activation are required for Müller glia proliferation, gliosis and phagocytosis after retinal injury.  Scientific Reports  :1488-1488 , 2020.1   DOI:https://doi.org/10.1038/s41598-020-58424-6
3. HONDA Yoshiko*, FURUTA Takahiro:  Multiple Patterns of Axonal Collateralization of Single Layer III Neurons of the Rat Presubiculum.  frontiers in Neural Circuits  13 (Article 45) :1-21 , 2019.7   DOI:10.3389/fncir.2019.00045
4. PARAISO Kitt D, BLITZ Ira L, COLEY Masani, CHEUNG Jessica, SUDOU Norihiro, TAIRA Masanori, CHO Ken W Y:  Endodermal Maternal Transcription Factors Establish Super-Enhancers during Zygotic Genome Activation.  Cell reports  27 (10) :2962-2977.e5 , 2019.6   DOI:10.1016/j.celrep.2019.05.013
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎蒋池 かおり, 齋藤 文典, 藤枝 弘樹: The phagocytic and proliferative responses of Müller glia after retinal injury are driven by a shared mechanism in rat.  Society for Neuroscience,  CHICAGO, USA,  2019/10
2. ◎本多祥子, 下川哲哉, 松田正司, 小林靖, 守屋敬子: マーモセット海馬体および海馬周辺皮質領域と前頭前皮質、前脳基底部の線維連絡.  第125回日本解剖学会総会・全国学術集会(誌上開催),  山口県宇部市,  2020/03
3. ◎蒋池かおり, 齋藤文典, 藤枝弘樹: Müllerグリアの増殖、グリオーシス、変性細胞の除去にはフォスファチジルセリンの認識とRac1の活性化が関与している.  第125回日本解剖学会総会・全国学術集会,  山口、日本,  2020/03
4. 齋藤文典,  須藤則弘,  蔣池かおり,  藤枝弘樹: 光傷害ラット網膜における神経細胞再生の検討(第四報).  第125回日本解剖学会総会・全国学術集会,  山口,  2020/03
5. 早川るり子, 蒋池かおり, 川上速人, 森島正恵, 清水一彦, 北原秀治, 藤枝弘樹, 江﨑太一: Dctopic cells found in the multilayered basal laminae of the choriocapillaris.
The12th retina research meeting.  第12回網膜シンポジウム,  東京、日本,  2019/11
全件表示(7件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者