(最終更新日:2021-10-02 12:03:32)
  サイトウ フミノリ
  齋藤 文典
   所属   医学部 医学科  解剖学(神経分子形態学)
   職種   助教
■ 学術雑誌
1. 原著  Phosphatidylserine recognition and Rac1 activation are required for Müller glia proliferation, gliosis and phagocytosis after retinal injury 2020/01/30
2. 原著  Carboxymethylation of CRMP2 is associated with decreased Schwann cell myelination efficiency 2018/09
3. 原著  Cell type-specific effects of p27KIP1 loss on retinal development. 2017/09
4. 原著  Glutamate signals through mGluR2 to control Schwann cell differentiation and proliferation 2016/07
5. 原著  DNA Damage Response in Proliferating Müller Glia in the Mammalian Retina 2016/03
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. Müllerグリアの増殖、グリオーシス、変性細胞の除去にはフォスファチジルセリンの認識とRac1の活性化が関与している (抄録提出,一般) 2020/03/25
2. 網膜変性時のミュラー細胞の脱分化・増殖に関与するNotchシグナル (口頭発表,一般) 2019/11
3. The phagocytic and proliferative responses of Müller glia after retinal injury are driven by a shared mechanism in rat. (抄録提出,一般) 2019/10/21
4. ラットMüllerグリアによるフォスファチジルセリンの認識と増殖の開始 (ポスター,一般) 2019/03/27
5. 網膜再生に向けたAAVベクターの作製とMüller細胞への遺伝子導入の検討 (ポスター,一般) 2019/03
全件表示(20件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2014/04  網膜再生に向けたミュラー細胞の増殖・分化制御機構の解明 グローバルCOE若手 
2. 2013/04~2015/03  網膜傷害時におけるミュラー細胞の脱分化制御機構の解明 若手研究(B) 
3. 2012/04~2013/03  網膜再生に向けたミュラー細胞の増殖・分化制御機構の解明 グローバルCOE若手 
4. 2011/04~2013/03  代謝型グルタミン酸受容体を介したシュワン細胞の分化調節機構 若手研究(B) 
■ 学歴
1. 信州大学 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)