<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 解剖学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   藤枝 弘樹
准教授:
   本多 祥子
助教:
   蒋池 かおり
   齋藤 文典
   芝田 高志
   須藤 則広
   早川 亨
■ 概要
本講座は肉眼解剖学および神経解剖学の教育を担当し、また次の3つのテーマの研究をおこなっている。
1)網膜視細胞の分化制御機構
視細胞の分化制御機構について、発生と再生の2つの側面から研究している。発生期網膜の視細胞の分化が光という環境因子および概日リズムを制御する時計遺伝子により制御される可能性について探索している。また視細胞変性モデルを用いて、網膜幹細胞としてのポテンシャルをもつMüllerグリアが視細胞を再生する機序について解析をおこなっている。
2)記憶形成機構に関わる神経結合の形態学的解析
記憶の形成に関わる神経回路網の全貌を形態学的に明らかにすることを目指し、主にラット脳・ウサギ脳を用いて海馬体や海馬周辺皮質領域の神経結合関係を細胞集団レベルおよび単一神経細胞レベルで解析している。
3)超高解像度X線CTを用いた研究
超高解像度X線CTを開発し、それを用いたヒト胎児頭蓋骨の形態形成、石灰化動脈硬化と骨の粗鬆化の相関などの研究をおこなっている。さらに超高解像度X線CTによる被曝の影響を低減化し、その生体応用を可能とするために、X線の電離作用により発生するフリーラジカルの反応制御についての研究もおこなっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 1  0 0 0 0  0 3  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Fuminori Saitoh, Hiroko Hagiwara, Shuji Wakatsuki, Toshiyuki Araki:  Carboxymethylation of CRMP2 is associated with decreased Schwann cell myelination efficiency.  Neuroscience Resarch  18 :30494 , 2018.9
2. MATSUDA Wakoto*, SONOMURA Takahiro, HONMA Satoru, OHNO Sachi, GOTO Tetsuya, HIRAI Shuichi, ITO Masahiro, HONDA Yoshiko, FUJIEDA Hiroki, UDAGAWA Jun, UEDA Shuichi:  Anatomical variations of the recurrent artery of Heubner: number, origin, and course.  Anatomical Science International  93 :317-322 , 2018.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HONDA Yoshiko, FURUTA Takahiro: Patterns of axonal collateralization of single neurons in layer III of the rat presubiculum.  Neuroscience 2018,  San Diego, USA,  2018/11
2. ◎Niida-Kawaguchi M, Tsukahara F, Sudou N, Yamamoto T, Sawada M, Maru Y, Watabe K, Shibata N: Selective autophagy eliminates ALS-related mutant SOD1 protein in cultured microglia.  19th International Congress of Neuropathology,  Tokyo,Japan,  2018/09
3. ◎本多祥子: 形態学的に見た海馬体と海馬周辺皮質領域間の結合関係ーこれを学ぶのは面倒でしょうか?.  海馬と高次脳機能学会,  東京医科大学新宿キャンパス,  2018/09
4. ◎MOHI Uddin, HONDA Yoshiko, SHIBATA Hideshi: A study of parvalbumin immunopositive neuronal sonata and neuropils in the rabbit midcingulate cortex.  The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Hyogo,  2018/07
5. ◎SHIBATA Hideshi, HONDA Yoshiko: Distribution of somatostatin immunopositive structures in the retrosplenial cortex of the rabbit.  The 41st Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society,  Kobe, Hyogo,  2018/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者