(最終更新日:2022-03-29 15:49:51)
  コモイケ カオリ   Komoike Kaori
  蒋池 かおり
   所属   医学部 医学科  解剖学(神経分子形態学)
   職種   助教
■ 学術雑誌
1. 原著  Intake of acrylamide at the dietary relevant concentration causes splenic toxicity in adult zebrafish 2020/10
2. 原著  Phosphatidylserine recognition and Rac1 activation are required for Müller glia proliferation, gliosis and phagocytosis after retinal injury 2020/01/30
3. 原著  Ultrastructural changes in the choriocapillaris of N-methyl-N -nitrosourea- induced retinal degeneration in C57BL/6 mice. 2020/01/30
4. 原著  p27KIP1 loss promotes proliferation and phagocytosis but prevents epithelial-mesenchymal transition in RPE cells after photoreceptor damage. 2016/10
5. 原著  DNA Damage Response in Proliferating Müller Glia in the Mammalian Retina 2016/03
■ 学会発表
1. 視細胞変性とMüllerグリアの増殖性応答の時間的関連性:アルキル化剤による比較 (ポスター,一般) 2022/03/27
2. 網膜傷害後の Müller グリアの増殖とグリオーシス、変性細胞の除去にはフォスファチジルセリンの認識と Rac1 の活性化が関与する (口頭発表,一般) 2021/12/11
3. Phosphatidylserine recognition is required for the cell cycle reentry of Müller glia (ポスター,一般) 2021/03/28
4. 食を介した微量アクリルアミド摂取による脾毒性 (口頭発表,一般) 2021/03/07
5. Müllerグリアの増殖、グリオーシス、変性細胞の除去にはフォスファチジルセリンの認識とRac1の活性化が関与している (抄録提出,一般) 2020/03/25
全件表示(27件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  貪食細胞が哺乳類網膜の再生に及ぼす影響 若手研究 (キーワード:網膜、再生、ミュラーグリア、ミクログリア、貪食、増殖、細胞周期)
2. 2017/04~2020/03  DNA損傷応答が哺乳類網膜の再生に及ぼす影響 若手研究(B) 
■ 学歴
1. 2020/04/24
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学) <取得方法:論文>
■ 科研費研究者番号
90792408