<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 膠原病リウマチ内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   針谷 正祥
   山中 寿
   谷口 敦夫
准教授:
   川口 鎮司
   小竹 茂
   田中 榮一
   中島 亜矢子
講師:
   市川 奈緒美
   勝又 康弘
   立石 睦人
   堤野 みち
   布村 多佳子
   古谷 武文
助教:
   市田 久恵
   岡本 明子
   岡本 祐子
   落合 萌子
   川澄 日出長
   小橋川 剛
   根田 直子
   菅野 瑛梨
   杉谷 直大
   杉本 直樹

   鈴木 拓
   髙田 秀人
   髙橋 由貴
   谷 諭美
   栃原 まり
   仁科 久美子
   仁科 浩和
   花岡 成典
   樋口 智昭
   樋口 陽子

   平原 慎也
   星 大介
   馬嶋 雅子
   山口 麗
   酒井 良子
■ 概要
膠原病リウマチ内科学講座は1982年にリウマチ性疾患を専門とする医療機関として開設された附属膠原病リウマチ痛風センターをその前身とし、2018年5月に医学部の講座として新たに設置されました。
初代御巫清允教授、第2代柏崎禎男教授、第3代鎌谷直之教授、第4代山中 寿教授に引き続き、令和元年から第5代目の教授・講座主任に針谷正祥が就任しています。

当講座では
①安全で良質な診療
②魅力的な卒前・卒後教育
③先端的な研究
を3本柱として掲げ、これらを融合させることによって、優れた成果を生み出すことを目指しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 1 1 2  0 1 0 0  2 20  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Katsumata Yasuhiro, Okamoto Yuko, Moriyama Takahito, Moriyama Rinna, Kawamoto Manabu, Hanaoka Masanori, Uchida Keiko, Nitta Kosaku, Harigai Masayoshi:  Clinical usefulness of anti-M-type phospholipase-A-recepter antibodies in patients with membranous nephropathy and the comparison of three quantification methods.  Journal of immunological methods  :1-10 , 2020.1   DOI:10.1080/25785826.2019.1710079.
2. Kasai Shoko, Sakai Ryoko, Koike Ryuji, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi*:  Higher risk of hospitalized infection, cardiovascular disease, and fracture in patients with rheumatoid arthritis determined using the Japanese health insurance database.  Modern rheumatology  29 (5) :788-794 , 2019.9   DOI:10.1080/14397595.2018.1519889
3. Harigai Masayoshi, Ishiguro Naoki, Inokuma Shigeko, Mimori Tsuneyo, Ryu Junnosuke, Takei Syuji, Takeuchi Tsutomu, Tanaka Yoshiya, Takasaki Yoshinari, Yamanaka Hisashi, Yoshizawa Yuri, Chinen Ichino, Nakao Toru, Koike Takao:  Safety and effectiveness of abatacept in Japanese non-elderly and elderly patients with rheumatoid arthritis in an all-cases post-marketing surveillance.  Modern rheumatology  29 (5) :747-755 , 2019.9   DOI:10.1080/14397595.2018.1524998
4. Sakai Ryoko, Tanaka Eiichi, Nishina Hirokazu, Suzuki Masayoshi, Yamanaka Hisashi, Harigai Masayoshi:  Risk of opportunistic infections in patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis, using a Japanese health insurance database.  International journal of rheumatic diseases  :10.1111/1756-185X.13662 , 2019.7   DOI:10.1111/1756-185X.13662
総説及び解説
1. 針谷 正祥:  治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 多発血管炎性肉芽腫症(GPA).  日本医事新報  (4955) :44 , 2019.4
2. Yamanaka Hisashi, Tanaka Eiichi, Nakajima Ayako, Furuya Takefumi, Ikari Katsunori, Taniguchi Atsuo, Inoue Eisuke, Harigai Masayoshi:  A large observational cohort study of rheumatoid arthritis, IORRA: Providing context for today's treatment options.  Modern rheumatology  :1-6 , 2019.10   DOI:10.1080/14397595.2019.1660028
3. Furuya Takefumi, Inoue Eisuke, Tanaka Eiichi, Maeda Shigeru, Ikari Katsnori, Taniguchi Atsuo, Yamanaka Hisashi:  Age and female gender associated with periodontal disease in Japanese patients with rheumatoid arthritis: Results from self-reported questionnaires from the IORRA cohort study.  Modern rheumatology  :1-6 , 2019.6   DOI:10.1080/14397595.2019.1621461
4. Kato Masaru, Kaneko Yuko, Tanaka Yoshiya, Inoo Masayuki, Kobayashi-Haraoka Hitomi, Amano Koichi, Miyata Masayuki, Murakawa Yohko, Yasuoka Hidekata, Hirata Shintaro, Nagasawa Hayato, Tanaka Eiichi, Miyasaka Nobuyuki, Yamanaka Hisashi, Yamamoto Kazuhiko, Yokota Isao, Atsumi Tatsuya, Takeuchi Tsutomu:  Predictive value of serum amyloid a levels for requirement of concomitant methotrexate in tocilizumab initiation: Apost hoc.  Modern rheumatology  :1-8 , 2019.6   DOI:10.1080/14397595.2019.1621026
5. Nakayama Masanori, Furuya Takefumi, Inoue Eisuke, Tanaka Eiichi, Ikari Katsunori, Nakajima Ayako, Taniguchi Atsuo, Yamanaka Hisashi:  Factors associated with decreasing serum 25(OH)D among Japanese patients with rheumatoid arthritis: Results from the IORRA cohort study.  Modern rheumatology  29 (3) :430-435 , 2019.5   DOI:10.1080/14397595.2018.1481727
ページの先頭へ
■ 著書
1. 馬嶋 雅子、針谷 正祥:  合併症・併存症をもつ関節リウマチ患者のマネジメント② リウマトイド血管炎.  薬局  66-69.  南山堂,  東京, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hideto Takada, Keiko Yasukawa, Suguru Honda, Masako Majima, Naoko Konda, Yasuhiro Katsumata, Michi Tsutsumino, Yutaka Yatomi, Masayoshi Harigai: Oxidized Human Serum Albumin Is Increased in Systemic Lupus Erythematosus, but not in Rheumatoid Arthritis.  2019 American College of Rheumatology's Annual Meeting,  Atlanta, Georgia, U.S.,  2019/11
2. Suguru Honda, Ryoko Sakai, Sho Suzuki, Masako Majima, Naoko Konda, Hideto Takada, Masayoshi Harigai, Hisashi Yamanaka: RISK OF THROMBOSIS IN PATIENTS RECEIVING STEROID PULSE THERAPY IN LUPUS NEPHRITIS USING JAPANESE HEALTH INSURANCE DATABASE.  Annual European Congress of Rheumatology EULAR 2019,  Madrid, Spain,  2019/06
3. ◎水落 清, 谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 針谷正祥, 永田 智: 早期より間質性肺炎を合併したがシクロホスファミド療法を必要としなかった抗MDA-5抗体陰性若年性皮膚筋炎の1女児例.  第29回日本小児科リウマチ学会総会・学術集会,  札幌,  2019/10
4. ◎田中理貴, 谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 針谷正祥, 永田 智: マクロファージ活性化症候群を発症した若年性皮膚筋炎の一女児例.  第29回日本小児科リウマチ学会総会・学術集会,  札幌,  2019/10
5. ◎岸 崇之, 酒井良子, 谷 諭美, 宮前多佳子, 永田 智, 針谷正祥: 医療情報データベースを用いた小児全身性エリテマトーデスの薬物使用実態の検討.  第29回日本小児科リウマチ学会総会・学術集会,  札幌,  2019/10
全件表示(24件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者