<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 膠原病リウマチ内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   谷口 敦夫
   山中 寿
   針谷 正祥
准教授:
   川口 鎮司
   小竹 茂
   田中 榮一
   中島 亜矢子
講師:
   市川 奈緒美
   勝又 康弘
   立石 睦人
   堤野 みち
   布村 多佳子
   古谷 武文
助教:
   市田 久恵
   岡本 明子
   岡本 祐子
   落合 萌子
   川澄 日出長
   小橋川 剛
   根田 直子
   菅野 瑛梨
   杉谷 直大
   杉本 直樹

   鈴木 拓
   髙田 秀人
   髙橋 由貴
   谷 諭美
   栃原 まり
   仁科 久美子
   仁科 浩和
   花岡 成典
   樋口 智昭
   樋口 陽子

   平原 慎也
   星 大介
   馬嶋 雅子
   山口 麗
   酒井 良子
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 2  0 0 0 0  1 8  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kasai Shoko, Sakai Ryoko, Koike Ryuji, Kohsaka Hitoshi, Miyasaka Nobuyuki, Harigai Masayoshi*:  Higher risk of hospitalized infection, cardiovascular disease, and fracture in patients with rheumatoid arthritis determined using the Japanese health insurance database.  Modern rheumatology  29 (5) :788-794 , 2019.9
2. Harigai Masayoshi, Ishiguro Naoki, Inokuma Shigeko, Mimori Tsuneyo, Ryu Junnosuke, Takei Syuji, Takeuchi Tsutomu, Tanaka Yoshiya, Takasaki Yoshinari, Yamanaka Hisashi, Yoshizawa Yuri, Chinen Ichino, Nakao Toru, Koike Takao:  Safety and effectiveness of abatacept in Japanese non-elderly and elderly patients with rheumatoid arthritis in an all-cases post-marketing surveillance.  Modern rheumatology  29 (5) :747-755 , 2019.9
3. Sakai Ryoko, Tanaka Eiichi, Nishina Hirokazu, Suzuki Masayoshi, Yamanaka Hisashi, Harigai Masayoshi:  Risk of opportunistic infections in patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis, using a Japanese health insurance database.  International journal of rheumatic diseases  :10.1111/1756-185X.13662 , 2019.7
総説及び解説
1. 針谷 正祥:  治療法の再整理とアップデートのために 専門家による私の治療 多発血管炎性肉芽腫症(GPA).  日本医事新報  (4955) :44 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 遠藤 知美, 垣田 浩子, 遠藤 修一郎, 堤野 みち, 針谷 正祥, 塚本 達雄, 武曾 惠理: ANCA関連血管炎における腎組織病変とサイトカインプロファイルの相関研究 RemIT-JAV-RPGN二次研究.  日本腎臓学会,  東京,  2019/05
2. ◎加藤 彩, 谷 諭美, 岸 崇之, 山本陽子, 鶴田敏久, 宮前多佳子, 山中 寿, 永田 智: 血小板減少を契機に至ったSLEの5例についての検討.  第122回日本小児科学会学術集会,  金沢,  2019/04
3. ◎谷 諭美, 岸 崇之, 宮前多佳子, 永田 智, 山中 寿: 関節疼痛を欠く幼年発症他関節型若年性特発性関節炎の検討.  第122回日本小児科学会学術集会,  金沢,  2019/04
4. ◎豊間優里子, 鶴田敏久, 谷 諭美, 金子裕貴, 花谷あき, 千葉幸英, 中舘尚也, 山城安啓, 服部幸夫, 菅野 仁, 永田 智: パルスオキシメーターにて酸素飽和度異常低値を示した不安定ヘモグロビン症の2例.  第122回日本小児科学会学術集会,  金沢,  2019/04
5. ◎松浦 功, 中村 昌平, 瀬戸 洋平: 大血管炎型巨細胞性動脈炎様の症状を呈し,PET-CTが診断に有用であった"四肢限局性血管炎"の一例.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
6. 酒井 良子, 本田 卓, 鈴木 翔, 針谷 正祥, 山中 寿: リウマチ性疾患の疫学-1 ヒドロキシクロロキン使用全身性エリテマトーデス患者における入院を要した感染症リスクの検討.  日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
7. ◎菅野 瑛梨, 田中 榮一, 井上 永介, 阿部 麻衣, 河野 美佳, 阪 久美子, 杉谷 直大, 樋口 陽子, 落合 萌子, 山口 麗, 杉本 直樹, 猪狩 勝則, 中島 亜矢子, 谷口 敦夫, 山中 寿: 関節リウマチの治療評価と予測-2 生物学的製剤RCTとRA日常診療の患者集団における生物学的製剤の有効性の乖離について IORRAコホートを用いた検討.  第63回日本リウマチ学会総会,  京都,  2019/04
8. ◎松浦 功, 中村 昌平, 瀬戸 洋平: 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症に胸椎部肥厚性脊髄硬膜炎を合併した一例.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
9. ◎中村昌平, 瀬戸洋平, 松浦功, 山中寿: 未治療関節リウマチ患者に対する早期治療介入遅延の原因に関する検討.  第63回日本リウマチ学会総会・学術集会,  京都,  2019/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者