<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   田中 伸枝
   塚田 三佐緒
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 7 0 0 7  0 0 0 0  0 0  0 4  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 三宮彰仁, 小山一郎, 蜂須賀健, 久都内慶子, 富田祐介, 三木克幸, 小川勇一, 岩藤和広, 加藤容二郎, 甲斐耕太郎, 北島久視子, 花房規男, 土谷健, 新田孝作, 中島一朗, 渕之上昌平:  LDLアフェレシスとrituximabによる巣状糸球体硬化症の腎移植後再発予防.  移植  53 (6) :351-356 , 2019.4
2. Ogawa Chie, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Maeda Kunimi:  Significance of Content of the Reticulocyte Hemoglobin in the Management of Renal Anemia.  Blood purification  47 (2) :1-4 , 2019.4
3. Tsukada Misao, Miwa Naoko, Hanafusa Norio, Tanaka Nobue, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Aortic Arch Calcification and Bone-Associated Molecules in Peritoneal Dialysis Patients.  Blood purification  47 (2) :1-7 , 2019.4
4. Sakurai Satoko, Hanafusa Norio, Nomura Takanobu, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Nangaku Masaomi:  Strategies for the Super-Aged Dialysis Population:Survival Benefits or Alternative Goals?.  Blood purification  47 (2) :1-11 , 2019.4
5. Mochizuki Toshio, Teraoka Atsuko, Akagawa Hiroyuki, Makabe Shiho, Akihisa Taro, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Mitobe Michihiro, Furukawa Toru, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Mutation analyses by next-generation sequencing and multiplex ligation-dependent probe amplification in Japanese autosomal dominant polycystic kidney disease patients.  Clinical and Experimental Nephrology  :online , 2019.4
6. Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Malnutrition-Wasting Conditions in Older Dialysis Patients:An Individualized Approach.  Contributions to nephrology  198 :12-20 , 2019.4
7. Nitta Kosaku, Ogawa Tetsuya, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Recent Advances in the Management of Vascular Calcification in Patients with End-Stage Renal Disease.  Contributions to nephrology  198 :62-72 , 2019.4
8. Kamei Daigo, Kamei Yuiko, Tanaka Nobue, Tsukada Misao, Miwa Naoko, Hanafusa Norio, Mineshima Michio, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken:  Carnitine Profile by Tandem Mass Spectrometry and Dialysis Patients.  Contributions to nephrology  198 :73-77 , 2019.4
総説及び解説
1. 花房規男:  高齢透析患者の問題点.  腎と透析  86 (6) :667-672 , 2019.6
2. 花房規男:  ICUにおける血液浄化療法.  日本医師会雑誌  148 (3) :453-456 , 2019.6
3. 神山理明, 花房規男:  【透析関連の整形外科疾患-病態と治療-】透析患者における整形外科的疾患と周術期管理.  関節外科  38 (5) :446-449 , 2019.5
4. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 透析と排尿以外で尿毒素を排泄・除去する方法はないの?.  透析ケア  25 (5) :445-445 , 2019.5
5. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 無尿の透析患者でも、サウナなどでたくさん汗をかいたらむくみは軽減される?.  透析ケア  25 (5) :446-446 , 2019.5
6. 花房規男:  【あれもこれも1ページでわかる!透析患者の病態&ケア 新人スタッフのぎもんQ&A50】そのほか 透析患者でも妊娠・出産できるの?.  透析ケア  25 (5) :448-448 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 花房規男, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス療法における医工連携.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 神澤美和, 鈴木俊嗣, 花房規男, 大森亜紀子, 加藤孝章, 小寺由人, 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 田中伸枝, 森山能仁, 土谷健, 新田孝作: アマトキシン中毒による肝不全に対しPE+HDF併用施行し肝移植に至った一例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 塚田三佐緒, 田中伸枝, 三和奈穂子, 花房規男, 新田孝作, 土谷健: 腹膜透析患者の血清亜鉛濃度の検討.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. 登坂真依, 花房規男, 石森勇, 浅沼雅康, 飯塚淳平, 阿部光一郎, 菊地勘, 森山能仁, 田邉一成, 土谷健, 新田孝作: 去勢抵抗性前立腺癌骨転移の血液透析患者に対し223Raを投与した一例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者