<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   田中 伸枝
   塚田 三佐緒
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 8 11 4 1 12  0 0 0 0  1 6  0 17  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Usio Yusuke, Kataoka Hiroshi, Sato Masayo, Manabe Shun, Watanabe Saki, Akihisa Taro, Makabe Shiho, Yoshida Rie, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Association between anemia and renal prognosis in autosomal dominant polycystic kidney disease: a retrospective study.  Clinical and Experimental Nephrology  :online , 2020.2   DOI:10.1007/s10157-020-01856-1.
2. Akiyama Kenichi, Miura Yutaka, Hayashi Hirosaka, Sakata Asuka, Matsumura Yoshitaka, Kojima Masaki, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Shiizaki Kazuhiro, Kurosu Hiroshi, Kuroo Makoto:  Calciprotein particles regulate fibroblast growth factor-23 wxpression in osteoblasts.  Kidney international  :online , 2019.12   DOI:10.1016/j-kint.2019.10.019
3. Abe Takayuki, Ishimori Isao, Murakami Jun, Mineshima Michio, Hanafusa Norio, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken:  In vitro Evaluation of Solute Removal Characteristics in Intermittent Infusion Hemodiafiltration.  Blood purification  21 :1-6 , 2019.11   DOI:10.1159/000503875.
4. Yajima Aiji, Tsuchiya Ken, Burr David B, Wallace Joseph M, Damrath John D, Inaba Masaaki, Tominaga Yoshihiro, Satoh Shigeru, Nakayama Takashi, Tanizawa Tatsuhiko, Ogawa Hajime, Ito Akemi, Nitta Kosaku*:  The Importance of Biologically Active Vitamin D for Mineralization by Osteocytes After Parathyroidectomy for Renal Hyperparathyroidism.  Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research  3 (11) :e10234 , 2019.10   DOI:10.1002/jbm4.10234
5. Miyabe Yoei, Karasawa Kazunori, Takabe Tomo, Ogura Shota, Sugiura Naoko, Kyoda Mizuki, Ono Wataru, Akiyama Kenichi, Tanaka Nobue, Moriyama Takahiro, Hanafusa Norio, Uchida Keiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Long-term follow-up characteristics of patients with antineutrophil cytoplasmic antibody(ANCA)-associated vasculitis(AAV)receiving chronic hemodialysis at a single center.  Clinical and Experimental Nephrology  :online , 2019.10   DOI:10.1007/s10157-019-01799-2.
全件表示(19件)
総説及び解説
1. 田中伸枝*, 花房規男, 土谷健:  透析患者での注意すべき栄養素.  臨床栄養  135 (5) :636-641 , 2019.10
2. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  【腎疾患患者への血液浄化】I-HDF:理論と実際.  腎と透析  87 (3) :433-436 , 2019.9
3. 秋山健一:  【骨脆弱を伴う骨折の治療】骨軟化症の診断と治療.  関節外科  38 (7) :654-661 , 2019.7
4. 田中 伸枝*, 花房 規男, 土谷 健:  【検査×薬×透析 タイミングと評価のBESTポイント】症例でみる薬×検査 タイミングと評価のBESTポイント 赤血球造血刺激因子製剤×ヘモグロビンA1c(HbA1c).  透析ケア  25 (7) :628-631 , 2019.7
5. 小川千恵, 土谷健, 前田国見:  血液透析患者におけるエボカルセト導入期の有効性と安全性の検討.  日本透析医学会雑誌  52 (7) :443-450 , 2019.7
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kamei Daigo, Nagano Masashi, HANAFUSA Norio, MINESHIMA MICHIO, Nitta Kosaku, TSUCHIYA Ken: Comparison between a novel latex immunoassay and LC-MS/MS for hepcidin-25 measurement.  ASN Kidney Week 2019,  Washington, D.C., USA,  2019/11
2. ◎Kamei Daigo, Kamei Yuiko, Nagano Masashi, MINESHIMA MICHIO, Nitta Kosaku, TSUCHIYA Ken: Impact of elobixibat on chronic constipation in patients on hemodialysis assessed using the Patient Assessment of Constipation-Quality of Life questionnaire.  ASN Kidney Week 2019,  Washington, D.C., USA,  2019/11
3. 花房規男, 安部貴之, 荒井祐人, 石井貴文, 岡澤圭祐, 村上淳, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス技術の腎不全治療への応用の可能性.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. 花房規男, 新田孝作, 土谷健: 栄養管理を踏まえたリンコントロール.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
5. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: シナカルセトからエテルカルセチドへ変更後18ケ月間のCKDMBD関連薬の医療費の推移.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
全件表示(24件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者