<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   田中 伸枝
   塚田 三佐緒
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 1 18 1 0 10  0 0 0 0  0 4  0 14  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yajima Aiji, Tsuchiya Ken, Burr David B, Wallace Joseph M, Damrath John D, Inaba Masaaki, Tominaga Yoshihiro, Satoh Shigeru, Nakayama Takashi, Tanizawa Tatsuhiko, Ogawa Hajime, Ito Akemi, Nitta Kosaku:  The Importance of Biologically Active Vitamin D for Mineralization by Osteocytes After Parathyroidectomy for Renal Hyperparathyroidism.  JBMR plus.  :e10234 , 2019.9
2. Sato Madoka, HANAFUS Norio, Tsuchiya Ken, Kawaguchi Hiroshi, Nitta Kosaku:  Impact of Transferrin Saturation on All-Cause Mortality in Patients on Maintenance Hemodialysis.  Blood purification  48 (2) :158-166 , 2019.7
3. Mineshima Michio, Takahashi Susumu, Tomo Tadashi, Kawanishi Hideki, Kawaguchi Hiroshi, Minakuchi Jun, Nakanishi Takeshi, Sato Takashi, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken, Masakane Ikuto, Itami Noritomo:  A Clinical Significance of Intermittent Infusion Hemodiafiltration Using Backfiltration of Ultrapure Dialysis Fluid Compared to Hemodialysis: A Multicenter Randomized Controlled Crossover Trial.  Blood purification  :online , 2019.7
4. 三宮彰仁, 小山一郎, 蜂須賀健, 久都内慶子, 富田祐介, 三木克幸, 小川勇一, 岩藤和広, 加藤容二郎, 甲斐耕太郎, 北島久視子, 花房規男, 土谷健, 新田孝作, 中島一朗, 渕之上昌平:  LDLアフェレシスとrituximabによる巣状糸球体硬化症の腎移植後再発予防.  移植  53 (6) :351-356 , 2019.4
5. Tsukada Misao, Miwa Naoko, Hanafusa Norio, Tanaka Nobue, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Aortic Arch Calcification and Bone-Associated Molecules in Peritoneal Dialysis Patients.  Blood purification  47 (2) :1-7 , 2019.4
6. Ogawa Chie, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Maeda Kunimi:  Significance of Content of the Reticulocyte Hemoglobin in the Management of Renal Anemia.  Blood purification  47 (2) :1-4 , 2019.4
7. Sakurai Satoko, Hanafusa Norio, Nomura Takanobu, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Nangaku Masaomi:  Strategies for the Super-Aged Dialysis Population:Survival Benefits or Alternative Goals?.  Blood purification  47 (2) :1-11 , 2019.4
8. Mochizuki Toshio, Teraoka Atsuko, Akagawa Hiroyuki, Makabe Shiho, Akihisa Taro, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Mitobe Michihiro, Furukawa Toru, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Mutation analyses by next-generation sequencing and multiplex ligation-dependent probe amplification in Japanese autosomal dominant polycystic kidney disease patients.  Clinical and Experimental Nephrology  :online , 2019.4
9. Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Malnutrition-Wasting Conditions in Older Dialysis Patients:An Individualized Approach.  Contributions to nephrology  198 :12-20 , 2019.4
10. Nitta Kosaku, Ogawa Tetsuya, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Recent Advances in the Management of Vascular Calcification in Patients with End-Stage Renal Disease.  Contributions to nephrology  198 :62-72 , 2019.4
全件表示(13件)
総説及び解説
1. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  【腎疾患患者への血液浄化】I-HDF:理論と実際.  腎と透析  87 (3) :433-436 , 2019.9
2. 秋山健一:  【骨脆弱を伴う骨折の治療】骨軟化症の診断と治療.  関節外科  38 (7) :654-661 , 2019.7
3. 田中 伸枝*, 花房 規男, 土谷 健:  【検査×薬×透析 タイミングと評価のBESTポイント】症例でみる薬×検査 タイミングと評価のBESTポイント 赤血球造血刺激因子製剤×ヘモグロビンA1c(HbA1c).  透析ケア  25 (7) :628-631 , 2019.7
4. 小川千恵, 土谷健, 前田国見:  血液透析患者におけるエボカルセト導入期の有効性と安全性の検討.  日本透析医学会雑誌  52 (7) :443-450 , 2019.7
5. 花房規男:  【既存のガイドラインを透析患者にどう活用するか】高血圧.  臨床透析  35 (8) :1043-1049 , 2019.7
6. 花房規男:  高齢透析患者の問題点.  腎と透析  86 (6) :667-672 , 2019.6
7. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の合併症 カラフルビジュアル図鑑】(第2章)透析患者の慢性合併症 骨粗鬆症/骨折.  透析ケア  夏期増刊 :98-100 , 2019.6
8. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の合併症 カラフルビジュアル図鑑】(第2章)透析患者の慢性合併症 二次性副甲状腺機能亢進症.  透析ケア  夏季増刊 :83-86 , 2019.6
9. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の合併症 カラフルビジュアル図鑑】(第2章)透析患者の慢性合併症 腎性骨異栄養症.  透析ケア  夏季増刊 :87-89 , 2019.6
10. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の合併症 カラフルビジュアル図鑑】(第2章)透析患者の慢性合併症 異所性石灰化.  透析ケア  夏季増刊 :90-93 , 2019.6
全件表示(17件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 花房規男, 安部貴之, 荒井祐人, 石井貴文, 岡澤圭祐, 村上淳, 新田孝作, 土谷健: アフェレシス技術の腎不全治療への応用の可能性.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
2. 花房規男, 新田孝作, 土谷健: 栄養管理を踏まえたリンコントロール.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
3. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: シナカルセトからエテルカルセチドへ変更後18ケ月間のCKDMBD関連薬の医療費の推移.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
4. 原正樹, 佐藤大樹, 高橋稔, 川畑勝, 土谷健, 新田孝作, 野老山武士: 当院における長時間血液透析患者の特徴.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
5. 瀧澤亜由美, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 峰島三千男, 花房規男, 土谷健, 新田孝作: カンボジア日本友好血液浄化センターへの支援と今後の展望.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
6. 潮雄介, 神山理明, 新田孝作, 土谷健, 片岡浩史, 望月俊雄, 森本聡, 市原淳弘, 吉田有策, 岡本高宏: 長期透析患者に合併した褐色細胞腫の1例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
7. 田中伸枝, 鈴木俊嗣, 神山貴弘, 神山理明, 秋山健一, 亀井大悟, 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 花房規男, 馬場園哲也, 新田孝作, 土谷健: わが国における糖尿病性腎臓病による新規透析導入患者の年次推移.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
8. 安部貴之, 土谷健, 新田孝作, 鈴木聡: VA管理標準化のための課題~機種の異なる超音波診断装置による上腕動脈流量測定値の違い~.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
9. 岩谷洋介, 杉浦秀和, 能木場宏彦, 雨宮伸幸, 山崎麻由子, 新田孝作, 土谷健: ナファモスタットメシル酸塩による薬剤熱診断に苦慮した骨髄異形成症候群合併透析患者の一例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
10. 亀井大悟, 土谷健, 新田孝作, 峰島三千男, 永野正史: エロビキシバット投与前後のJPAC-QOLの変化.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
全件表示(18件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者