<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   田中 伸枝
   塚田 三佐緒
   秋山 健一
   岩藤 和広
   川口 祐輝
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 8 1 0 6  0 0 0 0  2 17  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kataoka Hiroshi, Mochizuki Toshio, Tsuruta Yuki, Iwasa Naomi, Yoshida Rie, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Kimura Kenjiro, Hosoya Tatsuo:  Urate-lowering therapy for CKD patients with asymptomatic hyperuricemia without proteinuria elucidated by attribute-based research in the FEATHER Study.  Scientific Reports  12 (1) :3784-3784 , 2022.3   DOI:10.1038/s41598-022-07737-9.
2. Akihisa Taro, kataoka Hiroshi, Makabe Shiho, Manabe Shun, Yoshida Rie, Ushio Yusuke, Takekoshi Masayo, Tsuchiya Ken, Mochizuki Toshio, Nitta Kosaku*:  Initial decline in eGFR to predict tolvaptan response in autosomal-dominant polycystic kidney disease.  Clinical and experimental nephrology  :online , 2022.1   DOI:10.1007/s10157-022-02192-2
3. Kataoka Hiroshi, Yoshida Rie, Iwasa Naomi, Sato Masayo, Manabe Shun, Kawachi Keiko, Makabe Shiho, Akihisa Taro, Ushio Yusuke, Teraoka Atsuko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio*:  Germline Mutations for Kidney Volume in ADPKD.  Kidney international reports.  7 (3) :537-546 , 2021.12   DOI:10.1016/j.ekir.2021.12.012
4. Yajima Aiji, Tsuchiya Ken, Burr David B., Murata Taro, Nakamura Masaki, Inaba Masaaki, Tominaga Yoshihiro, Tanizawa Tatsuhiko, Nakayama Takashi, Ito Akemi, Nitta Kosaku*:  Micropetrosis in hemodialysis patients.  Bone reports.  :101150 , 2021.11   DOI:10.1016/j.bonr.2021.101150
5. 平川晋也, 石森勇, 村上淳, 花房規男, 土谷健, 新田孝作*:  個人用透析装置における透析液誤接続防止法の検討.  腎と透析  91 :113-115 , 2021.8
全件表示(9件)
総説及び解説
1. 望月俊雄, 片岡浩史, 潮雄介, 秋久太良, 真壁志帆, 眞部俊, 佐藤尚代, 土谷健, 新田孝作*:  ADPKD 3)遺伝子診断:診断と予後.  腎臓内科  14 (5) :519-527 , 2021.11
2. 小倉彰太, 花房規男:  高齢透析患者の増加と問題点.  腎と透析  90 (6) :1045-1049 , 2021.6
症例報告
1. 服部元史, 三浦健一郎, 伴英樹, 花房規男, 平井克樹, 田中小百合, 黒田彰紀, 森正樹, 小篠史郎, 高橋利幸:  新鮮凍結血漿にアナフィラキシー歴があり選択的血漿交換療法を選択した視神経脊髄炎例.  日本小児科学会雑誌  125 (7) :1048-1052 , 2021.7
その他
1. 安部 貴之, 山岸 湧大, 宮尾 亜矢子, 鈴木 雄太, 瀧澤 亜由美, 石森 勇, 村上 淳, 花房 規男, 土谷 健, 新田 孝作:  PD業務における臨床工学技士の実態調査 透析施設74施設へのアンケート結果より.  腎と透析  91 (別冊 腹膜透析2021) :72-74 , 2021.9
2. 瀧澤 亜由美, 安部 貴之, 宮尾 亜矢子, 鈴木 万恭子, 石森 勇, 村上 淳, 塚田 三佐緒, 花房 規男, 新田 孝作, 土谷 健:  当院における過去9年間のAPD装置関連のインシデント・アクシデント調査.  腎と透析  91 (別冊 腹膜透析2021) :75-77 , 2021.9
3. 服部元史, 伊藤孝史, 今村秀明, 岡戸丈和, 金子修三, 北川清樹, 坂井宜彦, 下畑誉, 菅原典子, 塚本達夫, 長谷川みどり, 古市健吾, 山田博之, 和田隆志, 石塚喜世伸, 金子直人, 三浦健一郎, 花房規男:  日本アフェレシス学会 診療ガイドライン2021 腎疾患領域.  日本アフェレシス学会雑誌  41 :262-289 , 2021.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎笹野まゆ, 石塚敏, 藤田龍司, 小林悠梨, 安尾美年子, 三浦ひとみ, 岩藤和広, 江川裕人, 石田英樹: ABO 不適合腎移植における抗 A/B-IgG サブクラス抗体検出法の開発.  第55回日本臨床腎移植学会,  オンライン,  2022/02
2. 服部元史, 石塚喜世伸, 池野かおる, ◎金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 安藤太郎, 白鳥孝俊, 土谷健, 塚田三佐緒, 花房規男, 石田英樹, 岡部祥: Shared decision making を実践し腎代替療法を選択した移行期の腎
移植症例.  第42回日本小児腎不全学会学術集会,  Web,  2021/12
3. 服部元史, 石塚喜世伸, 池野かおる, ◎金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 安藤太郎, 白鳥孝俊, 土谷健, 花房規男, 川畑勝, 野老山武士, 原正樹: FSGS 再発による移植腎機能廃絶に対し在宅血液透析を導入した 10
歳女児例.  第42回日本小児腎不全学会学術集会,  Web,  2021/12
4. 服部元史, 石塚喜世伸, 池野かおる, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 安藤太郎, ◎白鳥孝俊, 花房規男, 田邉一成, 石田英樹: 当院における小児期腎代替療法導入患者の社会的アウトカムと成人
診療科への転科の検討.  第42回日本小児腎不全学会学術集会,  Web,  2021/12
5. ◎安部貴之, 鈴木雄太, 石森勇, 村上淳, 花房規男, 市場晋吾, 土谷健, 新田孝作: 全例再循環率測定およびエコーを中心としたVA管理~女子医大のVA管理~.  第25回日本透析アクセス医学会学術集会・総会,  千葉県(Web),  2021/11
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者