<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   塚田 三佐緒
   三和 奈穂子
   田中 伸枝
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 29 1 1 25  0 8 0 1  0 43  0 4  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamazaki Mayuko, Sugiura Hidekazu, Iwatani Yosuke, Kyoda Mizuki, Nokiba Hirohiko, Amemiya Nobuyuki, Nitta Kosaku, Tsuchiya Ken:  Late-Onset Neutropenia after Rituximab Treatment for Adult-Onset Nephrotic Syndrome.  Case reports in nephrology.  :online , 2019.3
2. Hyodo Toru, Fukagawa Masafumi, Hirawa Nobuhito, Hayashi Matsuhiko, Nitta Kosaku, Chan Sovandy, Souvannamethy Phanekham, Dorji Minjur, Dorj Chuluuntsetseg, Widiana Gde Raka:  Present status of renal replazement therapy in Asian countries as of 2016:Cambodia,Laos,Mongolia Bhutan,and Indonesia.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.3
3. Masakane Ikuto, Taniguchi Masatomo, Nakai Shigeru, Tsuchida Kenji, Wada Atsushi, Ogata Satoshi, Hasegawa Takeshi, Hamano Takayuki, Hanafusa Norio, Hoshino Junichi, Goto Shunsuke, Yamamoto Keiichi, Minakuchi Jun, Nakamoto Hidetomo:  Annual Dialysis Data Report 2016, JSDT Renal Data Registry.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.3
4. Abe Masanori, Hamano Takayuki, Hoshino Junichi, Wada Atsushi, Nakai Shigeru, Hanafusa Norio, Masakane Ikuto, Nitta Kosaku, Nakamoto Hidetomo:  Predictors of outcomes in patients on peritoneal dialysis:A2-year nationwide cohort study.  Scientific Reports  9 (1) :3967 , 2019.3
5. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Mineral bone disorders(MBD)in patients on peritoneal dialysis.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.2
6. Sato Keisuke, Makabe Shiho, Iwabuchi Yuko, Kojima Kaori, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Moriyama Takahito, Taneda Sekiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Successful treatment with steroid and cyclosporine A in a patient with immunoglobulin A-proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin deposits.  Nephrology (Carlton, Vic.)  23 :787-790 , 2018.12
7. Akihisa Taro, Ino Ayami, Egawa Hiroto, Kotera Yoshihito, ARriizumi Shunichi, Oomori Akiko, Yamashita Shingo, Yamamoto Yusuke, Tsuchiya Ken, Yamamoto Masakazu, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  A case of a maintenance hemodialysis patient with autosomal dominant polycystic kidney disease who underwent living donor liver transplantation alone due to refractory liver cyst infection.  CEN case report  7 (2) :307-312 , 2018.11
8. Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Dialysate sodium concentration: The forgotten salt shaker.  Seminars in dialysis  31 (6) :563-568 , 2018.11
9. Usui Ryosuke, Tsuchiya Yohei, Nitta Kosaku, Koike Minako:  Efficacy of Semiannual Single Fixed Low-Dose Rituximab Therapy in Steroid-Dependent Minimal Change Nephrotic Syndrome:A Case Series.  Case reports in nephrology and dialysis.  8 (3) :230-237 , 2018.10
10. Makabe Shiho, Mochizuki Toshio, Mitobe Michihiro, Aoyama Yumi, Kataoka Hiroshi, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Elevation of the serum liver enzyme levels during tolvaptan treatment in patients with autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD).  Clinical and experimental nephrology  22 (5) :1079-1087 , 2018.10
全件表示(30件)
総説及び解説
1. 鈴木俊嗣, 花房規男:  疾患と検査値の推移 急性腎障害.  検査と技術  47 (2) :150-157 , 2019.2
2. 花房規男:  腹水濾過濃縮再静注法による血性腹水の処理(図説).  日本アフェレシス学会雑誌  38 (1) :1-1 , 2019.2
3. 花房規男:  【高リン血症の新たなアプローチ-特性から考えるスクロオキシ水酸化鉄の可能性】栄養管理から考える鉄含有リン吸着薬.  腎・高血圧の最新治療  8 (1) :18-24 , 2019.1
4. 花房規男:  半世紀を迎えた透析療法 DOPPSが示す今後の方向性.  九州人工透析研究会誌  3 :53-59 , 2018.12
5. 新田孝作, 政金生人, 花房規男, 谷口正智, 長谷川毅, 中井滋, 後藤俊介, 和田篤志, 濱野高行, 星野純一, 常喜信彦, 阿部雅紀, 山本景一, 中元秀友:  わが国の慢性透析療法の現況(2017年12月31日現在).  日本透析医学会雑誌  51 (12) :699-766 , 2018.12
6. 土谷健, 倉賀野隆裕:  Dialysis therapy, 2017 year in review 6.貧血領域.  日本透析医学会雑誌  51 (12) :786-789 , 2018.12
7. 花房規男:  プロに聞け LDL吸着について LDL吸着療法について.  日本血管外科学会雑誌  37 (1) :105-109 , 2018.11
8. 花房規男:  【透析食の調理者と透析患者】医学的見地からみた透析食 透析患者における各種栄養素.  臨床透析  34 (11) :1279-1285 , 2018.10
9. 花房規男:  【病棟管理栄養士のための臨床検査ファーストガイド-項目別&疾患別 検査値の意味と読み方のポイント】(Part2)検査項目別 検査値の意味と読み方のポイント 血液生化学検査など 腎機能検査.  臨床栄養  133 (4) :428-432 , 2018.9
10. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の骨・カルシウム代謝】透析患者のフレイルと脆弱性骨折.  Clinical Calcium  28 (8) :1065-1073 , 2018.7
全件表示(22件)
その他
1. 土谷 健, 秋久 太良:  【エビデンスに基づく新しい腎臓病診療】 難治性腎疾患マネージメント 多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドライン2017.  最新医学  73 (12) :1606-1612 , 2018.12
2. 小川 千恵, 土谷 健, 前田 国見:  血液透析患者の貧血治療における至適鉄状態を再考する.  日本透析医会雑誌  33 (3) :492-498 , 2018.12
3. 土谷 健:  【"なぜ?""なに?"がサクッとわかる!新人スタッフのための血液透析のぎもんQ&A40〜治療・原理編〜】 血液透析とその原理にまつわるQ&A 血液透析って何?腎臓のどのはたらきをどの程度補っているの?.  透析ケア  24 (4) :302 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 秋山健一, 花房規男:  第5章 血液生化学(代謝、内分泌)17.アミノ酸.  透析患者の検査値の読み方 第4版  224-225.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
2. 木田可奈子, 市原淳弘:  第5章 血液生化学(代謝,内分泌) 18. カテコールアミン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  276-276.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
3. 秋山健一, 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 11.バイオインピーダンス.  透析患者の検査値の読み方 第4版  351-352.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
4. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕1.B型肝炎ウイルス(HBV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  370-372.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
5. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕2.C型肝炎ウイルス(HCV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  373-374.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
6. 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔その他〕9.臨床検査と保険診療.  透析患者の検査値の読み方 第4版  412-413.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
7. 新田孝作, 内田啓子, 小川哲也, 森山能仁, 唐澤一徳, 佐藤尚代, 中谷裕子, 土谷健, 花房規男, 杉浦秀和, 望月俊雄, 片岡浩史:  研修医のための腎臓内科病棟マニュアル.  研修医のための腎臓内科病棟マニュアル  1-175.  東京医学社,  東京都 日本, 2018.11
8. Nitta Kosaku:  Recent Advances in the Pathogenesis and Treatment of Kidney Diseases.  Contributions to Nephrology  1-147.  KARGER,  Bazel, Switzerland, 2018.10
9. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  I-HDFをどのように活用するか.  これまでがワカる。これからがカワる。透析療法最前線  187-190.  東京医学社,  東京, 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Ogawa Chie, Tsuchiya Ken: Efficient management of renal anemia is achieved by low ferritin levels and moderate transferrin saturation analyzed by combination of the hemoglobin content of reticulocytes and iron markers.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
2. Sato Madoka, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Kawaguchi Hiroshi, Nitta Kosaku: Impact of transferrin saturation on all-cause mortality in patients on maintenance hemodialysis.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
3. Suzuki Shunji, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Relationship between Ferritin and Prognosis in Hemodialysis Patients.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
4. 花房規男, 土谷健, 新田孝作: I-HDFの基礎.  第63回 日本透析医学会学術集会,  神戸,  2018/06
5. ◎伊藤亜由美,村杉 瞬,大森鉄平,米澤麻利亜,花房規男,土谷 健,徳重克年: (シンポジウム1 CAPの今後の課題、高齢者や妊娠患者などの特殊症例に対するCAPの有効性と安全性)高齢者潰瘍性大腸炎患者における顆粒球吸着療法の効果、安全性について.  第39回日本アフェレシス学会大会,  岡山,  2018/10
6. ◎村杉 瞬,伊藤亜由美,安廣和志,米澤麻利亜,大森鉄平,花房規男,徳重克年: 妊娠中に発症した潰瘍性大腸炎に対して、顆粒球除去療法(GCAP)が奏功した1例.  第39回日本アフェレシス学会大会,  岡山,  2018/10
7. ◎花房規男, 鈴木俊嗣, 神山貴弘, 神山理明, 秋山健一, 亀井大悟, 田中伸枝, 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 新田孝作, 土谷健: わが国の透析患者の血清アルブミンの推移.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2018/10
8. ◎荒井祐人, 花房規男, 安部貴之, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 峰島三千男, 土谷健, 新田孝作: インピーダンス心拍出量計による透析中の循環動態モニタリングについての考察.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2018/10
9. ◎平川晋也, 塚田三佐緒, 峰島三千男, 土谷健, 新田孝作: APD排液モニタリングシステムの基礎的検討.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2018/10
10. 花房規男: CKD患者・透析患者における栄養療法・運動療法の意義と課題.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  東京,  2018/10
全件表示(47件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者