<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 血液浄化療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   土谷 健
准教授:
   花房 規男
助教:
   塚田 三佐緒
   三和 奈穂子
   田中 伸枝
■ 概要
血液浄化療法科
血液浄化療法科の歴史は1972年10月大田和夫現名誉教授による人工腎センター開設にさかのぼることができます。1997年4月腎臓病総合医療センター血液浄化部門として独立、阿岸鉄三名誉教授が部門長へ就任され、2001年1月には秋葉隆教授が第二代教授に就任、2003年4月血液浄化部門から血液浄化療法科へ昇格、2016年4月に土谷が第三代教授に就任、センターの要としての役割を通じて、センター全体の発展に寄与していく所存です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 21 1 1 21  0 7 0 0  0 8  0 3  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken:  Mineral bone disorders(MBD)in patients on peritoneal dialysis.  Renal Replacement Therapy  :online , 2019.2
2. Sato Keisuke, Makabe Shiho, Iwabuchi Yuko, Kojima Kaori, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Moriyama Takahito, Taneda Sekiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Successful treatment with steroid and cyclosporine A in a patient with immunoglobulin A-proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin deposits.  Nephrology (Carlton, Vic.)  23 :787-790 , 2018.12
3. Akihisa Taro, Ino Ayami, Egawa Hiroto, Kotera Yoshihito, ARriizumi Shunichi, Oomori Akiko, Yamashita Shingo, Yamamoto Yusuke, Tsuchiya Ken, Yamamoto Masakazu, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  A case of a maintenance hemodialysis patient with autosomal dominant polycystic kidney disease who underwent living donor liver transplantation alone due to refractory liver cyst infection.  CEN case report  7 (2) :307-312 , 2018.11
4. Usui Ryosuke, Tsuchiya Yohei, Nitta Kosaku, Koike Minako:  Efficacy of Semiannual Single Fixed Low-Dose Rituximab Therapy in Steroid-Dependent Minimal Change Nephrotic Syndrome:A Case Series.  Case reports in nephrology and dialysis.  8 (3) :230-237 , 2018.10
5. Makabe Shiho, Mochizuki Toshio, Mitobe Michihiro, Aoyama Yumi, Kataoka Hiroshi, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Elevation of the serum liver enzyme levels during tolvaptan treatment in patients with autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD).  Clinical and experimental nephrology  22 (5) :1079-1087 , 2018.10
6. Nitta Kosaku, Hanafusa Norio, Okazaki Masayuki, Komatsu Mizuki, Kawaguchi Hiroshi, Tsuchiya Ken:  Association Between Risk Factors Including Bone-Derived Biomarkers and Aortic Arch Calcification in Maintenance Hemodialysis Patients.  Kidney & blood pressure research  43 :1554-1562 , 2018.10
7. Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku:  Dialysate sodium concentration: The forgotten salt shaker.  Seminars in dialysis  :online , 2018.10
8. Yajima Aiji, Tsuchiya Ken, Burr David B, Minner Daniel E, Condon Keith W, Miller Caroline A, Satoh Shigeru, Inaba Masaaki, Nakayama Takashi, Tanizawa Tatsuhiko, Ito Akemi, Nitta Kosaku:  Osteocytic perilacunar/canalicular turnover in hemodialysis patients with high and low serum PTH levels.  Bone  113 :68-76 , 2018.8
9. Watanabe Kentaro, Fujii Teruhiro, Makabe Shiho, Nakajima Haruno, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease with Emphysematous Polycystic Renal Infection That Repuired Surgical Treatment.  Internal Medicine  58 :85-89 , 2018.8
10. Ito Ayumi, Omori Teppei, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nakamura Shinichi, Tokushige Katsutoshi:  Efficacy and safety of granulocyte adsorption apheresis in elderly patients with ulcerative colitis.  Journal of clinical apheresis  33 (4) :514-520 , 2018.8
全件表示(25件)
総説及び解説
1. 新田孝作, 政金生人, 花房規男, 谷口正智, 長谷川毅, 中井滋, 後藤俊介, 和田篤志, 濱野高行, 星野純一, 常喜信彦, 阿部雅紀, 山本景一, 中元秀友:  わが国の慢性透析療法の現況(2017年12月31日現在).  日本透析医学会雑誌  51 (12) :699-766 , 2018.12
2. 土谷健, 倉賀野隆裕:  Dialysis therapy, 2017 year in review 6.貧血領域.  日本透析医学会雑誌  51 (12) :786-789 , 2018.12
3. 秋山健一, 花房規男:  【透析患者の骨・カルシウム代謝】透析患者のフレイルと脆弱性骨折.  Clinical Calcium  28 (8) :1065-1073 , 2018.7
4. 花房規男:  透析患者における治療管理基準ー透析領域のガイドラインにはどのようなものがあるか?.  腎と透析  84 (6) :772-776 , 2018.6
5. 花房規男:  【透析室に配属されたらこの1冊!透析ケアBASIC】(第7章)合併症と予防 腎性貧血.  透析ケア  2018夏季増刊 :177-180 , 2018.6
6. 花房規男:  【透析室に配属されたらこの1冊!透析ケアBASIC】(第7章)合併症と予防 骨・関節の合併症.  透析ケア  2018夏季増刊 :181-185 , 2018.6
7. 花房規男:  【筋疾患に迫る】横紋筋融解症.  臨床検査  62 (6) :753-759 , 2018.6
8. 花房規男:  【透析医療と合併症 キュア&ケアガイドブック】循環器(CQ 14)常時低血圧・血圧低下を認める透析患者への対応はどのように行いますか?.  臨床透析  34 (7) :738-741 , 2018.6
9. 花房規男:  【腎と透析ベッドサイド事典】(第15章)栄養アセスメント バイオインピーダンス法(BIA法)・DXA(DEXA)法.  腎と透析  84 :465-467 , 2018.5
10. 伊藤哲也, 花房規男:  肝疾患に対する腹水濾過濃縮再静注法.  日本アフェレシス学会雑誌  37 (2) :146-150 , 2018.5
全件表示(15件)
症例報告
1. 服部元史*, 世川修, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 滝澤慶一, 久富隆太郎, 佐藤泰征, 戸津五月, 内山温, 中西秀彦, 鶴田敏久, 金子岩和, 清水幹夫, 花房規男, 土谷健, 岩崎由佳, 藤野修平, 加藤元博:  胎児水腫、腫瘍崩壊症候群を呈し急性血液浄化療法を施行した先天性白血病の1例.  日本小児腎不全学会雑誌  38 :186-189 , 2018.7
その他
1. 土谷 健, 秋久 太良:  【エビデンスに基づく新しい腎臓病診療】 難治性腎疾患マネージメント 多発性嚢胞腎(PKD)診療ガイドライン2017.  最新医学  73 (12) :1606-1612 , 2018.12
2. 土谷 健:  【"なぜ?""なに?"がサクッとわかる!新人スタッフのための血液透析のぎもんQ&A40〜治療・原理編〜】 血液透析とその原理にまつわるQ&A 血液透析って何?腎臓のどのはたらきをどの程度補っているの?.  透析ケア  24 (4) :302 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 秋山健一, 花房規男:  第5章 血液生化学(代謝、内分泌)17.アミノ酸.  透析患者の検査値の読み方 第4版  224-225.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
2. 木田可奈子, 市原淳弘:  第5章 血液生化学(代謝,内分泌) 18. カテコールアミン.  透析患者の検査値の読み方 第4版  276-276.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
3. 秋山健一, 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 11.バイオインピーダンス.  透析患者の検査値の読み方 第4版  351-352.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
4. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕1.B型肝炎ウイルス(HBV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  370-372.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
5. 菊地勘:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔感染症〕2.C型肝炎ウイルス(HCV).  透析患者の検査値の読み方 第4版  373-374.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
6. 花房規男:  第7章 画像診断・腫瘍マーカー・感染症、その他 〔その他〕9.臨床検査と保険診療.  透析患者の検査値の読み方 第4版  412-413.  ㈱日本メディカルセンター,  東京, 2019.1
7. 亀井大悟, 峰島三千男, 土谷健:  I-HDFをどのように活用するか.  これまでがワカる。これからがカワる。透析療法最前線  187-190.  東京医学社,  東京, 2018.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Ogawa Chie, Tsuchiya Ken: Efficient management of renal anemia is achieved by low ferritin levels and moderate transferrin saturation analyzed by combination of the hemoglobin content of reticulocytes and iron markers.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
2. Sato Madoka, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Kawaguchi Hiroshi, Nitta Kosaku: Impact of transferrin saturation on all-cause mortality in patients on maintenance hemodialysis.  American Society of Nephrology,  San Diego, USA,  2018/10
3. Suzuki Shunji, Hanafusa Norio, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku: Relationship between Ferritin and Prognosis in Hemodialysis Patients.  American Society of Nephrology 2018,  San Diego, USA,  2018/10
4. 服部元史, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 谷口洋平, 長澤武, ◎伴英樹, 髙木陽子, 飯田貴也, 土谷健, 花房規男: 高度肥満を認める小児の循環器血液量の検討.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  新宿,  2018/10
5. 服部元史, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 谷口洋平, 長澤武, ◎伴英樹, 髙木陽子, 飯田貴也, 土谷健, 花房規男: プログラム除水で管理し得た無尿の6歳女児例.  第48回日本腎臓学会東部学術大会,  新宿,  2018/10
6. 岡澤圭祐, 若山功治, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: InBodyS10を用いることで迅速かつ安全に体液過剰状態を改善させることが可能であった1例.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
7. 宮尾亜矢子, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 金子岩和, 花房規男, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 臨床工学技士の腹膜透析業務への介入.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
8. 高橋由実, 廣川牧子, 小坂邦江, 薮内智朗, 金子直人, 塚田三佐緒, 三浦健一郎, 新田孝作, 服部元史, 土谷健: 小児科における腹膜透析導入指導の運用整備-透析室と小児科病棟との連携-.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
9. 塚田三佐緒, 三和奈穂子, 花房規男, 若山功治, 廣川牧子, 峰島三千男, 新田孝作, 土谷健: 腹膜透析患者における体液状態と残腎機能低下との関連についての検討.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
10. 平川晋也, 塚田三佐緒, 石森勇, 村上淳, 峰島三千男, 土谷まり子, 新田孝作, 土谷健: タイダルPDを利用したAPD排液モニタリングシステムのための排液採取条件の検討.  第24回日本腹膜透析医学会,  徳島,  2018/10
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者