<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 泌尿器科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   田邉 一成
   時田 大輔
准教授:
   奥見 雅由
講師:
   飯塚 淳平
   尾本 和也
   角田 洋一
   小林 裕
   清水 朋一
   高木 敏男
   橋本 恭伸
助教:
   迫田 晃子
   白川 浩希
   鈴木 万里
   飯田 祥一
   池澤 英里
   石井 瑠美
   海老沼 晶紗
   大前 憲史
   岡田 大吾
   越智 敦彦

   神澤 太一
   北嶋 将之
   剣木 崇文
   小内 友紀子
   小針 悠希
   沢田 勇吾
   塩見 興
   新村 浩明
   鈴木 浩司
   高山 智裕

   戸田 直裕
   橋本 雪司
   羽田 圭佑
   濵﨑 和代
   林 千裕
   平井 敏仁
   福田 洋典
   藤森 大志
   松田 香
   室宮 泰人

   八木澤 隆史
   横田 成司
   吉田 一彦
   若松 太郎
   渡辺 栄子
■ 概要
腎移植
移植免疫、免疫抑制剤の開発、移植後感染症、その他合併症、異種移植、臓器保存、組織適合性検査などに関する基礎的、臨床的研究
腎血管外科
腎血管性高血圧症、腎動脈瘤、腎動静脈瘻などに関する外科的治療およ
び基礎的臨床的研究
腎不全、透析療法に関する基礎的、臨床的研究
泌尿器腫瘍
腎腫瘍、尿路上皮腫瘍、前立腺癌、睾丸腫瘍、副腎腫瘍など泌尿生殖器
悪性腫瘍に対する基礎的、分子生物学的研究ならびに多数の臨床例に対
する外科的および集学的治療に関する研究
尿路再建外科
水腎・水尿管症など閉塞性尿路疾患に対する尿路再建手術、膀胱全摘後
や神経因性膀胱に対する蓄尿型代用膀胱形成、尿道再建など広汎な尿路
再建手術
先天性腎・尿路・生殖器異常に対する診断と治療に関する基礎的、臨床
的研究
神経因性膀胱、尿失禁はじめ種々の排尿異常に対する排尿動態および
尿管理に関する研究
TUR および結石破砕手術に関する臨床的研究
急性および複雑性尿路感染症とくにイムノコンプラマイズドホストに
おける尿路感染症の発生機序に関する研究、尿路手術術後の感染予防に
関する研究
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  奥見 雅由 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 一般演題 口演30[腹腔鏡/単孔式・RPS] 座長
2.  奥見 雅由 第55回日本移植学会総会 口演12[組織適合性] 座長
3.  乾 政志 第107回日本泌尿器科学会総会 一般口演19[前立腺腫瘍/手術(腹腔鏡・ロボットをのぞく)2] 座長
4.  乾 政志 第35回腎移植・血管外科研究会 一般演題20[移植後感染症] 座長
5.  乾 政志 第55回日本移植学会総会 Mini Oral2[腎移植1] 座長
全件表示(31件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 6 6 5 5 8  0 2 0 0  115 109  18 12  17 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MAENOSONO Ryoichi, UNAGAMI Kohei, KAKUTA Yoichi*, FURUSAWA Miyuki, OKUMI Masayoshi, AZUMA Haruhito, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari:  Association between response to rituximab and antibody‐mediated rejection in ABO‐incompatible living kidney transplantation.  International Journal of Urology  26 (12) :1114-1120 , 2019.12   DOI:10.1111/iju.14108
2. 古澤美由紀, 石田英樹, 奥見雅由, 角田洋一, 三宅克典, 海上耕平, 田邉一成:  FlowDSA-XM試薬の有用性の検討.  Cytometry Research  29 (2) :1-10 , 2019.11   DOI:10.18947/cytometryresearch.29.2_1
3. ISHIHARA Hiroki, TAKAGI Toshio, KONDO Tsunenori*, YOSHIDA Kazuhiko, OKUMI Masayoshi, TANABE Kazunari:  Efficacy and safety of axitinib for metastatic renal cell carcinoma in patients on hemodialysis for end-stage renal disease: Case series of eight patients.  International journal of urology : official journal of the Japanese Urological Association  26 (11) :1081-1082 , 2019.11   DOI:10.1111/iju.14093
4. 清水朋一*:  【腎移植に伴う尿細管間質障害】慢性拒絶反応.  腎と透析  87 (2) :350-355 , 2019.8
5. TACHIBANA Hidekazu, KONDO Tsunenori, TAKAGI Toshio, TANABE Kazunari, ISHIHARA Hiroki:  Safety and Efficacy of Nivolumab in Patients With Metastatic Renal Cell Carcinoma and End-stage Renal Disease at 2 Centers.  Clinical genitourinary cancer  17 (4) :e772-e778 , 2019.8   DOI:10.1016/j.clgc.2019.04.004
全件表示(18件)
総説及び解説
1. 家後理枝*:  尿路結石の治療-破砕の適応は?-.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :30-33 , 2019.7
2. 奥見雅由*:  腎移植後aHUSの診断と治療.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :38-42 , 2019.7
3. 石田英樹*, 海上耕平, 古澤美由紀:  抗体陽性腎移植への挑戦-Beyond HLA-.  日本臨床腎移植学会雑誌  7 (1) :7-16 , 2019.7
症例報告
1. 石山雄大, 角田洋一*, 海上耕平, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成:  当科におけるinverted kidney transplantationの経験.  日本臨床腎移植学会雑誌  7 (2) :205-208 , 2019.12
2. 髙橋麻奈, 室宮千惠, 島田吉基, 花島文成*, 乾政志*:  腎移植後尿管狭窄をきたした4症例に対する治療の検討.  日本臨床腎移植学会雑誌  7 (2) :213-216 , 2019.12
3. SAWADA Anri*, UNAGAMI Kohei, HORITA Shigeru, KAWANISHI Kunio, OKUMI Masayoshi, TANEDA Sekiko, ISHIDA Hideki, HATTORI Motoshi, TANABE Kazunari, HONDA Kazuho, UCHIDA Keiko, SHIMIZU Akira, KOIKE Junki, NITTA Kosaku, NAGASHIMA Yoji:  Fate of full‐house immunofluorescence staining in renal allograft: A case report.  Pathology International  69 (11) :655-660 , 2019.9   DOI:10.1111/pin.12847
4. 山元綾子, 今村秀明, 此元隆雄*, 上村敏行, 賀本敏行, 石塚喜世伸, 服部元史, 清水朋一, 石田英樹, 田邉一成, 盛武浩:  生体腎移植後の移植腎尿管結石反復例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :180-183 , 2019.7
5. 髙木陽子, 三浦健一郎, 奥見雅由, 谷口洋平, 飯田貴也, 長澤武, 伴英樹, 白井陽子, 薮内智朗, 金子直人, 石塚喜世伸, 石井徹子, 森田賢, 高岩正典, 田邉一成, 服部元史*:  移植腎動脈狭窄による高血圧と移植腎機能障害を呈した1例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :184-187 , 2019.7
全件表示(6件)
その他
1. 田邉一成*:  高齢者の腎移植.  泌尿器外科  32 (臨時増刊) :555-556 , 2019.6
2. KANZAWA Taichi, HIRAI Toshihito, FUKUDA Hironori, KATSUMATA Haruki, ISHII Rumi, IKEMIYAGI Masako, ISHII Yasuyuki, SAIGA Kan, OKUMI Masayoshi, TANABE Kazunari:  Combination therapy of iNKT cell ligand and CD40-CD154 signal blockade establishes islet allograft acceptance in non-myeloablative bone marrow transplant recipients.  Acta diabetologica  56 (5) :541-550 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 田邉一成:  医療ツーリズム.  週刊 日本医事新報  62-62.  日本医事新報社,  東京, 2020.1
2. 海上耕平, 石田英樹:  【腎移植臨床の進歩-集学的治療における泌尿器科医の役割を再考する-】抗体関連拒絶反応制御の最前線.  臨床泌尿器科  732-735.  医学書院,  東京, 2019.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOKI Daisuke, OKUMI Masayoshi, UNAGAMI Kohei,KAKUTA Yoichi, ISHIDA Hideki, YAMASHITA Kaori, TACHIBANA Hidekazu, HAYASHIDA Akihiro, HORIUCHI Toshihide, ISHIYAMA Yudai, KONDO Tsunenori, TANABE Kazunari, HONDA K, KOIKE J: Immunoglobulin deposition in peritubular capillaries in ABO-incompatible kidney Transplantation.  16th congressof the Asian society of transplantation,  Delhi,India,  2019/10
2. ◎TANABE Kazunari: TMA in renal transplantation.  16th Congress of the Asian Society of Transplantation,  Delhi, INDIA,  2019/09
3. ◎TANABE Kazunari: ABOiKT: Long-term outcome and complications.  16th Congress of the Asian Society of Transplantation,  Delhi, INDIA,  2019/09
4. ◎SHIMIZU Tomokazu: Clinical and pathological analysis of chronic vascular rejection after kidney transplantation.  The American Society for Histocompatibility and Immunogenetics 45th Annual Meeting,  Pittsburgh, USA,  2019/09
5. ◎ISHIDA Hideki: Influence of trough level in tacrolimus on the appearance rate of de novo donor specific antibody (DNDSA) under low dose-based tacrolimus protocol during 7 years follow-up after renal transplantation.  19th Congress of the European Society for Organ Transplantation,  Copenhagen, DENMARK,  2019/09
全件表示(272件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者