(最終更新日:2018-06-26 10:39:45)
  ハシモト ヤスノブ   HASHIMOTO Yasunobu
  橋本 恭伸
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  泌尿器科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  高レニン血症と腎腫瘍「腎癌のすべて」 2014/04
2. 部分執筆  進行腎癌症例:インターフェロン療法奏効例「腎癌のすべて」 2014/04
3. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 オンコサイトーマ「腎癌のすべて」 2014/04
4. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 腎血管筋脂肪腫(AML)「腎癌のすべて」 2014/04
5. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 腎肉腫「腎癌のすべて」 2014/04
6. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 腎膿瘍「腎癌のすべて」 2014/04
7. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 腎盂腫瘍「腎癌のすべて」 2014/04
8. 部分執筆  腎癌と鑑別を必要とする疾患 囊胞性腎疾患(腎囊胞と多房性囊胞)「腎癌のすべて」 2014/04
■ 学術雑誌
1. 原著  Template-based lymphadenectomy reduces the risk of regional lymph node recurrence among patients with upper/middle ureteral cancer. 2017/02
2. 原著  A propensity score-matched comparison of surgical precision obtained by using volumetric analysis between robot-assisted laparoscopic and open partial nephrectomy for T1 renal cell
carcinoma: a retrospective non-randomized observational study of initial outcomes. 2016/10
3. 原著  Comparison of progression to end-stage renal disease requiring dialysis after partial or radical nephrectomy for renal cell carcinoma in patients with severe chronic kidney disease. 2016/09
4. 症例報告  Use of mammalian target of rapamycin inhibitors after failure of tyrosine kinase inhibitors in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing hemodialysis: A single-center experience with four cases. 2016/07
5. 原著  Comparison of survival rates in stage 1 renal cell carcinoma between partial nephrectomy and radical nephrectomy patients according to age distribution: a propensity score matching study. 2016/06
6. 原著  Efficacy and feasibility of intensity-modulated radiation therapy for prostate cancer in renal transplant recipients. 2016/04
7. 原著  Efficacy and feasibility of low-dose rate brachytherapy for prostate cancer in renal transplant recipients. 2016/04
8. 原著  Robot-assisted radical prostatectomy for localized prostate cancer in asian renal transplant recipients. 2016/04
9. 原著  Efficacy and safety of sorafenib for treatment of Japanese metastatic renal cell carcinoma patients undergoing hemodialysis. 2016/02
10. 原著  Early unclamping might reduce the risk of renal artery pseudoaneurysm after robot-assisted laparoscopic partial nephrectomy. 2015/12
全件表示(59件)
■ 学会発表
1. MRI-TRUS融合画像リアルタイムガイド下経会陰式前立腺標的狙撃生検による前立腺生検の成績 (口頭発表,一般) 2018/04/21
2. ロボット支援前立腺全摘術後の切除断端陽性症例における予後予測因子の検討 (ポスター,一般) 2018/04/20
3. 初診時転移性前立腺癌のHigh volume転移症例と予後の関連 (口頭発表,一般) 2018/04/20
4. 当院におけるアビラテロン、エンザルタミド逐次療法の使用成績 (ポスター,一般) 2018/04/20
5. 脈管浸潤は根治的前立腺全摘後だけでなく、救済放射線後における生化学的再発の予測因子になりえる (口頭発表,一般) 2018/04/20
6. Usefulness of the modified Glasgow Prognostic Score (mGPS) in patients with castration- sensitive prostate cancer: muti- institutional study. (ポスター) 2018/04/19
7. 初回前立腺生検前のMRI所見が最終的な癌検出を予測しうる (ポスター,一般) 2018/04/19
8. 当院における腎尿管結石に対するTULの治療成績の検討 (ポスター,一般) 2018/04/19
9. 献腎移植19年目に膀胱内に腺癌を発症した一例 (ポスター,一般) 2018/02/16
10. 傾向スコアと用いたLRPおよびRARP後の生化学的再発に関する比較検討 (口頭発表,一般) 2018/02/10
全件表示(368件)
■ 社会における活動
1. 2013/06 第612回日本泌尿器科学会東京地方会 臨床症例3 コメンテーター
2. 2013/11 新宿区前立腺癌市民セミナー 司会
3. 2014/04 第102回日本泌尿器科学会総会 一般演題モデレーテッドポスター 膀胱腫瘍・前立腺腫瘍/手術 座長
4. 2015/06 第60回日本透析医学会学術集会・総会 悪性腫瘍2 座長