<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 眼科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   飯田 知弘
准教授:
   篠崎 和美
講師:
   丸子 一朗
助教:
   荒川 久弥
   和泉 雄彦
   内村 英子
   河野 泰三
   坂本 拡之
   長谷川 泰司
   森 優
   丸子 留佳
■ 概要
東京女子医科大学 眼科
http://www.twmu.ac.jp/OPH/about.html
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 1 6 1 1 2  0 27 0 0  7 17  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Fukushima Akira, Maruko Ichiro, Chujo Kyoko, Hasegawa Taiji, Arakawa Hisaya, Iida Tomohiro:  Characteristics of treatment-naïve quiescent choroidal neovascularization detected by optical coherence tomography angiography in patients with age-related macular degeneration.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie  :00 , 2021.3   DOI:10.1007/s00417-021-05127-x
2. Maruko Ichiro, Okada Annabelle A, Iida Tomohiro, Hasegawa Taiji, Izumi Takahiko, Kawai Moeko, Maruko Ruka, Nakayama Makiko, Yamamoto Akiko, Koizumi Hideki, Tamashiro Tamaki, Terao Nobuhiro, Wakugawa Sorako, Mori Ryusaburo, Onoe Hajime, Tanaka Koji, Wakatsuki Yu, Itagaki Kanako, Kasai Akihito, Ogasawara Masashi, Sekiryu Tetsuju, Shintake Hiroaki, Sugano Yukinori,:  Brolucizumab-related intraocular inflammation in Japanese patients with age-related macular degeneration: a short-term multicenter study.  Graefe's archive for clinical and experimental ophthalmology = Albrecht von Graefes Archiv fur klinische und experimentelle Ophthalmologie  :online , 2021.3   DOI:10.1007/s00417-021-05136-w
3. だ:  東京版スマートサイト「東京都ロービジョンケアネットワーク」の2年間の運用実績.  眼科臨床紀要  14 (2) :82-87 , 2021.2
4. 井上 賢治, 平塚 義宗, 加藤 聡, 小野 眞史, 久米川 浩一, 齋藤 雄太, 崎元 暢, 篠崎 和美, 須賀 洸希, 野田 知子, 野田 実香:  東京版スマートサイト「東京都ロービジョンケアネットワーク」の2年間の運用実績.  眼科臨床紀要  14 (2) :82-87 , 2021.2
5. Kawano Sumihiro, Imai Takumi, Sakamoto Taiji,:  Scleral buckling versus pars plana vitrectomy in simple phakic macula-on retinal detachment: a propensity score-matched, registry-based study.  The British journal of ophthalmology  :00 , 2021.1   DOI:10.1136/bjophthalmol-2020-318451
全件表示(6件)
総説及び解説
1. 和泉雄彦, 丸子一朗, 飯田知弘:  典型加齢黄斑変性のマルチモーダルイメージングをベースにした診断のコツを教えてください.  あたらしい眼科  37 (臨時増刊号) :77-82 , 2020.11
2. 中村かおる:  色覚カウンセリングとバリアフリー.  日本の眼科  91 (11) :1515-1519 , 2020.11   DOI:humei
3. 長谷川 泰司:  網膜静脈閉塞症の画像診断.  眼科  62 (7) :683-690 , 2020.7
症例報告
1. 笹本芽生, 坂本英之, 東野昌彦, 高橋裕子, 中村郁, 長谷川泰司, 飯田知弘:  分娩直後の健常女性に生じた網膜動脈分枝閉塞症の一例.  眼科臨床紀要  14 (2) :77-81 , 2021.2
2. 古泉 英貴, 長谷川 泰司, 丸子 一朗, 飯田 知弘:  滲出型加齢黄斑変性に対する多数回の抗血管内皮増殖因子薬治療を契機に発症した交感性眼炎の1例.  日本眼科学会雑誌  124 (9) :713-719 , 2020.9
ページの先頭へ
■ 著書
1. 和泉雄彦:  focal choroidal excavation.  OCT・OCTA便利手帖  192-193.  MEDICAL VIEW,  日本, 2021.2
2. 和泉雄彦:  focal choroidal excavationのCNV.  OCT・OCTA便利手帖  194-195.  MEDICAL VIEW,  日本, 2021.2
3. 西野玲子:  reticular pseudodrusen.  OCT・OCTA便利手帖  70-71.  MEDICAL VIEW,  東京, 日本, 2021.2
4. 和泉雄彦:  pachychoroid pigment epitheliopathy (PPE).  OCT・OCTA便利手帖  84-85.  MEDICAL VIEW,  日本, 2021.2
5. 丸子留佳:  OCT・OCTA便利手帖.  滲出性AMDの治療経過  76-79.  メジカルビュー社,  東京, 日本, 2021.2
全件表示(27件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 木村沙耶, 花田真毅, 関谷泰治, 中条恭子, 須藤史子: 角膜穿孔後に交感性眼炎を発症した1例.  #4 Ribbon MCEast,  東京,  2021/02
2. ◎河合萌子, 篠崎和美, 高村悦子, 飯田知弘: 涙道閉塞を合併した周辺部角膜潰瘍の2例.  第45回 日本角膜学会総会,  web講演,  2021/02
3. 竹谷美智子、川神絵梨子、丸子一朗、河合萌子、飯田知弘: タモキシフェン網膜症における光干渉断層血管撮影.  日本網膜硝子体学会,  福岡市、日本,  2020/12
4. ◎青山幸弘, 丸子一朗, 河野泰三, 舩津英陽, 飯田知弘: 深層学習による脈絡膜中大血管評価時のヒートマップ可視化.  第59回 日本網膜硝子体学会,  福岡県, 日本,  2020/11
5. 都筑馨太, 長谷川泰司, 本吉絢, 梯瑞葉, 西野玲子, 丸子一朗, 飯田知弘: インフルエンザ感染を契機とした両眼性Acute Macula Neuroretinopathy.  日本網膜硝子体学会,  福岡,  2020/11
全件表示(24件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者