<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度 | 2023年度 次 >>>
 眼科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   飯田 知弘
准教授:
   篠崎 和美
   丸子 一朗
講師:
   長谷川 泰司
助教:
   荒川 久弥
   和泉 雄彦
   内村 英子
   河合 萌子
   河野 泰三
   坂本 拡之
   杉原 瑶子
   鄭 雅心
   橋谷 臨
   森 優

   丸子 留佳
■ 概要
東京女子医科大学 眼科
http://www.twmu.ac.jp/OPH/about.html
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 7 2 1 2  0 8 0 0  4 15  0 2  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Maki Kato, Norihiro Sudou, Kaori Nomura-Komoike, Tomohiro Iida & Hiroki Fujieda:  Scientific Reports volume 12, Article number: 19584 (2022).  Scientific Reports  12 (1) :10.1038/s41598-022-23855-w , 2022.11   DOI:10.1038/s41598-022-23855-w
2. 大浪 敦史, 河野 泰三, 丸子 一朗, 荒川 久弥, 長谷川 泰司, 飯田 知弘:  網膜海綿状血管腫の広角光干渉断層血管撮影.  眼科臨床紀要  15 (11) :732-735 , 2022.11
3. Tanaka Koji, Koizumi Hideki, Tamashiro Tamaki, Itagaki Kanako, Nakayama Makiko, Maruko Ichiro, Wakugawa Sorako, Terao Nobuhiro, Onoe Hajime, Wakatsuki Yu, Kasai Akihito, Ogasawara Masashi, Shintake Hiroaki, Sugano Yukinori, Yamamoto Akiko, Kataoka Keiko, Hasegawa Taiji, Izumi Takahiko, Kawai Moeko, Maruko Ruka, Sekiryu Tetsuju, Okada Annabelle A, Iida Tomohiro, Mori Ryusaburo:  Short-term results for brolucizumab in treatment-naïve neovascular age-related macular degeneration: a Japanese multicenter study.  Japanese journal of ophthalmology  66 (4) :379-385 , 2022.7   DOI:10.1007/s10384-022-00922-3
4. Nishihara Soichiro , Maruko Ichiro*, Izumi Takahiko, Kawano Taizo, Iida Tomohiro:  PERIPHERAL CHOROIDAL THICKNESS DETERMINED BY WIDEFIELD OPTICAL COHERENCE TOMOGRAPHY IN EYES WITH CENTRAL SEROUS CHORIORETINOPATHY.  Retina (Philadelphia, Pa.)  :.-. , 2022.5   DOI:10.1097/IAE.0000000000003478
5. Takahashi Kanji, Iida Tomohiro, Ishida Susumu, Crawford Bruce, Sakai Yoko, Mochizuki Akikazu, Tsujiuchi Ryuta, Tanaka Satoru, Imai Kota:  Effectiveness of Current Treatments for Wet Age-Related Macular Degeneration in Japan: A Systematic Review and Pooled Data Analysis.  Clinical ophthalmology (Auckland, N.Z.)  16 :531-540 , 2022   DOI:10.2147/OPTH.S345403
総説及び解説
1. 髙橋洋平:  特集 神経眼科の最前線 昨今の視神経炎の疫学的特徴.  医学のあゆみ  284 (10) :787-791 , 2023.3
2. 髙橋洋平:  特集:視神経炎診療のブレークスルー 病態理解から新規治療まで
最新の病態生理・疫学・臨床的特徴.  臨床眼科  77 (2) :170-175 , 2023.2   DOI:https://doi.org/10.11477/mf.1410214705
3. 橋谷臨, 飯田知弘:  加齢黄斑変性診療の展望 3.加齢黄斑変性の病態と分類.  Progress in Medicine  42 (11) :1003-1007 , 2022.11
4. 和泉雄彦, 丸子一朗:  眼底自発蛍光の導入と活用法 ④ 中心性漿液性脈絡網膜症.  眼科グラフィック  11 (5) :594-601 , 2022.10
5. 和泉雄彦, 丸子一朗:  ブロルシズマブ(ベオビュ®)の問題点.  眼科  64 (10) :931-939 , 2022.10
全件表示(6件)
症例報告
1. 杉山瑞恵, 長谷川泰司, 宗勇人, 河合萌子, 荒川久弥, 篠崎和美, 飯田知弘:  クリプトコッカス髄膜炎に視力障害、眼球運動障害を併発した一例.  眼科臨床紀要  15 (7) :455-459 , 2022.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 長谷川泰司, 飯田知弘:  視器の解剖学:脈絡膜.  視能学エキスパート 視能検査学第2版  13-15.  医学書院,  東京, 2023.3
2. 長谷川泰司, 飯田知弘:  視器の解剖学:強膜.  視能学エキスパート 視能検査学第2版  15-15.  医学書院,  東京, 2023.3
3. 長谷川泰司, 飯田知弘:  疾患別検査の進め方 網膜・脈絡膜疾患.  視能学エキスパート 視能検査学第2版  343-353.  医学書院,  東京, 2023.3
4. 中村かおる:  先天色覚異常.  小児疾患診療のための病態生理3 改訂第6版  1033-1035.  東京医学社,  東京, 2022.12
5. 中村かおる:  先天赤緑色覚異常の色世界.  ファーストステップ!子どもの視機能をみるースクリーニングと外来診療ー  267-269.  全日本病院出版会,  東京, 2022.10
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 蔵並 藍, 丸子 一朗, 丸子 留佳, 西原 総一朗, 飯田 知弘: Age-related macular degeneration (nAMD) and new entity of pachychoroid neovasculopathy (PNV) in Japanese patients.  The Association for Research in Vision and Ophthalmology 2022,  Denver,  2022/05
2. Kawai Moeko, Maruko Ichiro, Iida Tomohiro: Distance between images measurement in the progression in Geographic atrophy.  Fujiretina,  東京,  2022/04
3. ◎内山正樹, 橋谷臨, 丸子一朗, 長谷川泰司, 飯田知弘: pachychoroidを伴うdome-shaped maculaの1例.  第61回網膜硝子体学会総会,  大阪府,  2022/12
4. 野中杏介, 丸子一朗, 河合萌子, 蔵並藍, 長谷川泰司, 飯田知弘: 傾斜乳頭症候群における脈絡膜中大血管の上下非対称性の評価.  網膜硝子体学会,  大阪,  2022/12
5. 河合萌子, 丸子一朗, 飯田知弘, 長谷川泰司: 機械学習を利用した各種黄斑疾患におけるデータクラスタリング.  第61回日本網膜硝子体学会,  大阪,  2022/12
全件表示(22件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者