<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 呼吸器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   松本 悦子
   桂 秀樹
   近藤 光子
准教授:
   武山 廉
講師:
   有村 健
   八木 理充
助教:
   赤羽 朋博
   角田 裕美
   桑原 綾子
   小林 文
   辻 真世子
   永井 智仁
   西村 和幸
   花輪 智秀
   溝渕 莉恵
   三好 梓

   村松 聡士
■ 概要
内科学第一講座 呼吸器内科
肺には、感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常など実に様々な病気があり、とくに最近は生活環境の変化や人口の高齢化が進み、喘息をはじめ慢性閉塞性肺疾患や肺癌が増加の一途をたどっている。当科では、各呼吸器疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科と密接に連携し、高度で有機的な診療を行う体制をとっている。また、喘息指導、禁煙外来、睡眠外来などを通じて予防医学・管理医学の充実を図り、さらに慢性呼吸不全の在宅医療ネットワーク作りにも力を注いでいる。研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学、再生医学などの先端テクノロジーを駆使した基礎研究から、臨床応用を念頭においた臨床研究まで幅広く行い、国内外の学会や学術誌に多くの研究成果を発表している。また、卒後教育として多くの勉強会、症例検討会、抄読会、研究発表会を開催し、優れた呼吸器内科専門医を育成し良質の医療を患者さんに提供できるよう努めている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 2 0 1  0 0 0 0  2 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KUROKAWA Atsushi, KONDO Mitsuko, HONDA Nahoko, ORIMO Mami, MIYOSHI Azusa, KOBAYASHI Fumi, ABE Kazuhiro, AKABA Tomohiro, TSUJI Mayoko, ARIMURA Ken, NAKATANI Kaname, IKEJIRI Makoto, YAGI Osamitsu, TAKEYAMA Kiyoshi, KATSURA Hideki, TAKEUCHI Kazuhiko, TAGAYA Etsuko:  Analysis of the diagnosis of Japanese patients with primary ciliary dyskinesia using a conditional reprogramming culture.  Respiratory investigation  60 (3) :407-417 , 2022.5   DOI:10.1016/j.resinv.2022.02.003
2. AKABA Tomohiro, KONDO Mitsuko, HARA Kaori, MIZOBUCHI Rie, ABE Kazuhiro, MIYOSHI Azusa, YAGI Osamitsu, TAGAYA Etsuko:  Tryptase and IL-33 in Bronchoalveolar Lavage Fluid May Predict the Types of Eosinophilic Pneumonia and Disease Recurrence.  International archives of allergy and immunology  183 (4) :415-423 , 2022   DOI:10.1159/000520180
3. TSUJI Mayoko, KONDO Mitsuko, ONIZAWA Fumi, SHISHIME Osamu, MURAMATSU Soshi, MATSUO Yuka, SAKAI Shuji, TANAKA Junji, TAGAYA Etsuko:  A case of lung intravascular large B cell lymphoma developed with respiratory failure rescued by corticosteroid prior to definite diagnosis.  Respiratory medicine case reports  37 :101625 , 2022   DOI:10.1016/j.rmcr.2022.101625
総説及び解説
1. 多賀谷 悦子:  【喘息の発症メカニズムと治療・管理】注目の話題 鼻炎、副鼻腔炎と喘息.  医学のあゆみ  281 (1) :143-146 , 2022.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎小林文, 阿部和大, 三好梓, 赤羽朋博, 桂秀樹, 吉田傑, 野口英一郎, 多賀谷悦子: 水疱性類天疱瘡を契機に発見された肺扁平上皮癌と乳癌の重複癌の一例.  第249回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2022/05
2. ◎黒川敦志, 近藤光子, 本多奈穂子, 阿部和大, 辻真世子, 赤羽朋博, 有村健, 八木理充, 武山廉, 桂秀樹, 多賀谷悦子: DRC1遺伝子変異を認め多面的解析を行った原発性線毛機能不全症の1例.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2022/04
3. ◎小林このみ, 長瀬洋之, 杉本直也, 山田志保, 田中明彦, 福永興壱, 熱田了, 多賀谷悦子, 放生雅章, 権寧博: 血清Galectin-10値は喘息症状やメポリズマブによる症状改善効果と関連する.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2022/04
4. ◎有村健, Massion P, 多賀谷悦子: 非小細胞肺癌におけるEPPK1遺伝子を標的とする治療法の可能性.  第62回日本呼吸器学会学術講演会,  京都,  2022/04
5. ◎山下 薫, 森本 聡, 辻 真世子, 有村 健, 島本 健, 多賀谷 悦子, 川名 正敏, 市原 淳弘: 日本人における高尿酸血症とCOVID-19重症化リスクの関連.  第119回日本内科学会総会,  京都,  2022/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者