(最終更新日:2022-04-26 15:38:58)
  マツモト エツコ   TAGAYA Etsuko
  松本 悦子
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  呼吸器内科
   職種   教授・基幹分野長
■ 著書
1. 部分執筆  去痰薬「呼吸器疾患 最新の治療 2021-2022」 2021/03/01
2. 部分執筆  【診断と治療のABC[140]慢性閉塞性肺疾患(COPD)】 (第4章)管理・治療 酸素療法・換気補助療法「最新医学」 2018/11
3. 部分執筆  Ⅲ.呼吸器疾患の主な治療薬・治療手技 1.主な治療薬の使い方 10)鎮咳薬, 去痰薬「呼吸器内科診療マニュアル」 2018/07
4. 部分執筆  気道リモデリングとしての杯細胞増生の維持機構に関する研究:上皮成長因子受容体 (EGFR)リン酸化の役割「厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業 呼吸不全に関する調査研究:平成25年度総括・分担研究報告書」 2014/03
5. 部分執筆  薬物療法「第19回3学会合同呼吸療法認定士認定講習会テキスト」 2014
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Analysis of the diagnosis of Japanese patients with primary ciliary dyskinesia using a conditional reprogramming culture. 2022/03
2. 原著  Direct platelet adhesion potentiates group 2 innate lymphoid cell functions. 2022/03
3. 総説  新規生物学的製剤 抗TSLP抗体 2022/01
4. 原著  A case of lung intravascular large B cell lymphoma developed with respiratory failure rescued by corticosteroid prior to definite diagnosis. 2022
5. 原著  Tryptase and IL-33 in Bronchoalveolar Lavage Fluid May Predict the Types of Eosinophilic Pneumonia and Disease Recurrence. 2022
全件表示(77件)
■ 学会発表
1. 日本人における高尿酸血症とCOVID-19重症化リスクの関連 (ポスター,一般) 2022/04/16
2. 症状を見据えた呼吸器疾患管理のup-to-date:咳嗽・喀痰の治療戦略 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2022/03/20
3. Combination of Tryptase and IL-33 in Bronchoalveolar Lavage Fluid May Predict the Types of Eosinophilic Pneumonia and Disease Recurrence (口頭発表,一般) 2021/11/20
4. Pharmacological management with LAMA in asthma patients (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/11/20
5. 夫婦で短期間に同時に発症した夏型過敏性肺炎の1例 (口頭発表,一般) 2021/11/06
全件表示(215件)
■ 学歴
1. 1997/01/17
(学位取得)
医学博士