<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 呼吸器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   松本 悦子
   近藤 光子
准教授:
   武山 廉
講師:
   八木 理充
助教:
   赤羽 朋博
   有村 健
   角田 裕美
   金子 麻子
   桑原 綾子
   辻 真世子
   中田 潤子
   永井 智仁
   西村 和幸
   花輪 智秀

   溝渕 莉恵
   村松 聡士
■ 概要
内科学第一講座 呼吸器内科
肺には、感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常など実に様々な病気があり、とくに最近は生活環境の変化や人口の高齢化が進み、喘息をはじめ慢性閉塞性肺疾患や肺癌が増加の一途をたどっている。当科では、各呼吸器疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科と密接に連携し、高度で有機的な診療を行う体制をとっている。また、喘息指導、禁煙外来、睡眠外来などを通じて予防医学・管理医学の充実を図り、さらに慢性呼吸不全の在宅医療ネットワーク作りにも力を注いでいる。研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学、再生医学などの先端テクノロジーを駆使した基礎研究から、臨床応用を念頭においた臨床研究まで幅広く行い、国内外の学会や学術誌に多くの研究成果を発表している。また、卒後教育として多くの勉強会、症例検討会、抄読会、研究発表会を開催し、優れた呼吸器内科専門医を育成し良質の医療を患者さんに提供できるよう努めている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 0 5 3 0 1  0 4 0 0  20 5  8 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 須田 隆文, 山谷 睦雄, 磯部 威, 今泉 和良, 大平 徹郎, 長内 忍, 川山 智隆, 國近 尚美, 佐野 博幸, 柴田 陽光, 新海 正晴, 多賀谷 悦子, 千葉 弘文, 松本 久子, 金子 猛, 日本呼吸器学会将来計画委員会:  日本呼吸器学会の会員、専門医の最近の動向に関する検討.  日本呼吸器学会誌  8 (6) :375-385 , 2019.11
2. ARIMURA Ken, SEKINE Yasuo, HIROSHIMA Kenzo, SHIMIZU Satoru, SHIBATA Noriyuki, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko:  PD-L1, FGFR1, PIK3CA, PTEN, and p16 expression in pulmonary emphysema and chronic obstructive pulmonary disease with resected lung squamous cell carcinoma.  BMC pulmonary medicine  19 (1) :169 , 2019.9   DOI:10.1186/s12890-019-0913-8
3. ARIMURA Ken, KONDO Mitsuko, NAGASHIMA Yoji, KANZAKI Masato, KOBAYASHI Fumi, TAKEYAMA Kiyoshi, TAMAOKI Jun, TAGAYA Etsuko:  Comparison of tumor cell numbers and 22C3 PD-L1 expression between cryobiopsy and transbronchial biopsy with endobronchial ultrasonography-guide sheath for lung cancer.  Respiratory research  20 (1) :185 , 2019.8   DOI:10.1186/s12931-019-1162-3
4. 鳥山碧, 西村和幸, 阿部和大, 本多奈穂子, 永井智仁, 松本卓子, 小田秀明, 多賀谷悦子:  気管支鏡下高周波スネアにて切除しえた気管支粘表皮癌の1例.  気管支学  41 (3) :245-249 , 2019.5
総説及び解説
1. 村松 聡士, 多賀谷 悦子:  【最新の喘息診療と課題】抗IL-4/13受容体モノクローナル抗体と開発中生物学的製剤.  アレルギーの臨床  40 (1) :23-26 , 2020.1
2. 小池 和彦, 長瀬 洋之, 多賀谷 悦子, 熱田 了:  【気管支喘息 喘息診療アップデート 基本を固め、最新治療を知る】喘息治療の進歩を実臨床に生かすには.  Medical Practice  36 (12) :1786-1802 , 2019.12
3. 近藤 光子:  全身性好酸球性疾患.  日本気管食道科学会会報  70 (5) :341-347 , 2019.10
4. 多賀谷悦子:  専門医のためのアレルギー学講座35.エキスパートが選ぶトピックス2018 4.喘息.  アレルギー  68 (8) :904-910 , 2019.9   DOI:https://doi.org/10.15036/arerugi.68.904
5. 多賀谷 悦子:  【読むと得する!アレルギー診療の重要トリビア】鼻と気管支の治療効果に関連性?.  Modern Physician  39 (8) :739-741 , 2019.8
全件表示(9件)
症例報告
1. AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, KONDO Mitsuko, KOBAYASHI Fumi, OKABAYASHI Asako, SAWADA Tatsuo, TAGAYA Etsuko:  Coexistence of diffuse panbronchiolitis and sarcoidosis revealed during splenectomy: a case report.  BMC pulmonary medicine  20 (1) :77 , 2020.3   DOI:10.1186/s12890-020-1117-y
2. 光星 翔太, 松本 卓子, 井坂 珠子, 鬼塚 裕美, 多賀谷 悦子, 神崎 正人:  気管支内腔へ突出を認めた硬化性肺胞上皮腫の1切除例.  日本呼吸器外科学会雑誌  34 (1) :46-51 , 2020.1
3. ORIMO Mami, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, ABE Kazuhiro, MIYOSHI Azusa, HONDA Nahoko, ICHIKAWA Asuka, TAKEUCHI Kazuhiko, TAGAYA Etsuko:  A Japanese Case of Primary Ciliary Dyskinesia with DNAH5 Mutations.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  58 (16) :2383-2386 , 2019.8   DOI:10.2169/internalmedicine.1961-18
4. Akaba Tomohiro, Takeyama Kiyoshi, Hara Hiroko, Tamaoki Jun:  Obturator Artery Pseudoaneurysm.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  58 (8) :1187-1188 , 2019.4   DOI:10.2169/internalmedicine.1037-18
ページの先頭へ
■ 著書
1. 武山廉:  第2章:呼吸器領域の主な疾患10.呼吸調節障害,11.薬剤性肺障害,12.放射線肺炎.  呼吸器ナースポケットブック  329-342.  学研メディカル秀潤社,  日本, 2020.3
2. 桂 秀樹:    COPDのことがよくわかる本 長引くせき、たん、息切れで悩む人に  1-98.  講談社,  日本, 2019.11
3. 武山廉:  肺結核.  2ページで理解する標準薬物治療ファイル  90-91.  南山堂,  日本, 2019.8
4. 武山廉, 玉置淳:  II 主な呼吸器系薬剤の作用機序と適応5.抗炎症・免疫抑制薬(マクロライドも含む).  呼吸器疾患最新の治療2019-2020  83-89.  南江堂,  日本, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, HONDA Nahoko, KONDO Mitsuko, TAGAYA Etsuko: Pulmonary aspergilloma in a patient with anorexia nervosa: A case report.  The 24th Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Hanoi, Vietnam,  2019/11
2. ◎KUROKAWA Atsushi, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, ORIMO Mami, AKABA Tomohiro, HONDA Nahoko, HORIUCHI Atsuo, MIYOSHI Azusa, TAKEUCHI Kazuhiko, TAGAYA Etsuko: Japanese cases of primary ciliary dyskinesia with DNAH5 and DNAH11 mutations.  The 24th Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Hanoi, Vietnam,  2019/11
3. ◎TAKEYAMA Kiyoshi, AKABA Tomohiro, KUROKAWA Atsushi, MURAMATSU Soshi, ARIMURA Ken, KONDO Mitsuko, TAGAYA Etsuko: Airway Mucin MUC5AC Production is increased in patients with chronic eosinophilic pneumonia.  The 24th Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Hanoi, Vietnam,  2019/11
4. ◎HONDA Nahoko, KONDO Mitsuko, HNAWA Tomohide, KUBO Ayako, KUROKAWA Atsushi, YAGI Osamitsu, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko: A Case of Summer-Type Hypersensitivity Pneumonitis with Severe Obstructive Impairment Caused by Membranous
Bronchiolitis.  The 24th Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Hanoi, Vietnam,  2019/11
5. ◎AKABA Tomohiro, KONDO Mitsuko, HARA Kaori, KUROKAWA Atsushi, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko: Tryptase levels in bronchoalveolar lavage fluid (BALF) may predict the recurrence and chronicity of eosinophilic
pneumonia.  European Respiratory Society International Congress 2019,  Madorid, Spain,  2019/10
全件表示(33件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者