<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 呼吸器内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   松本 悦子
   近藤 光子
准教授:
   武山 廉
講師:
   八木 理充
助教:
   赤羽 朋博
   有村 健
   角田 裕美
   金子 麻子
   久保 綾子
   辻 真世子
   中田 潤子
   永井 智仁
   西村 和幸
   花輪 智秀

   溝渕 莉恵
   村松 聡士
■ 概要
内科学第一講座 呼吸器内科
肺には、感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常など実に様々な病気があり、とくに最近は生活環境の変化や人口の高齢化が進み、喘息をはじめ慢性閉塞性肺疾患や肺癌が増加の一途をたどっている。当科では、各呼吸器疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科と密接に連携し、高度で有機的な診療を行う体制をとっている。また、喘息指導、禁煙外来、睡眠外来などを通じて予防医学・管理医学の充実を図り、さらに慢性呼吸不全の在宅医療ネットワーク作りにも力を注いでいる。研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学、再生医学などの先端テクノロジーを駆使した基礎研究から、臨床応用を念頭においた臨床研究まで幅広く行い、国内外の学会や学術誌に多くの研究成果を発表している。また、卒後教育として多くの勉強会、症例検討会、抄読会、研究発表会を開催し、優れた呼吸器内科専門医を育成し良質の医療を患者さんに提供できるよう努めている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 0 0 0  0 0 0 0  15 2  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 赤羽朋博, 多賀谷悦子:  【喘息・COPD-病態の多様性の捉えかたと最適な治療選択】COPD病態の多様性と最適な治療アプローチ COPD治療における吸入気管支拡張薬の役割.  呼吸器ジャーナル  67 (2) :292-299 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KONDO Mitsuko, HARA Kaori, TSUJI Mayokjo, KUROKAWA Atsushi, TAKEYAMA Kihoshi, TAGAYA Etsuko: TMEM16A inhibitors decrease TMEM16A expression and goblet cell metaplasia in IL-13-treated guinea pig trachea in vivo.  American Thoracic Society 2019 International Conference,  Dallas, USA,  2019/05
2. ◎KUROKAWA Atsushi, KONDO Mitsuko, ARIMURA Ken, ASHINO Shigeru, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko: Airway hyperresponsiveness in IL-33-Induced asthma model of leptin-deficient obese mice.  American Thoracic Society 2019 International Conference,  Dallas, USA,  2019/05
3. ◎岡林麻子, 武山廉, 本多奈穂子, 花輪智秀, 折茂真実, 佐藤昭寿, 近藤光子, 山本智子, 横瀬智之, 多賀谷悦子: 原発性肺癌との鑑別に苦慮した膀胱癌術後肺転移の1例.  第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  東京,  2019/07
4. ◎岡林麻子, 志々目修, 赤羽朋博, 花輪智秀, 近藤光子, 武山廉, 多賀谷悦子: アレルギー性鼻炎合併喘息患者に対する抗ロイコトリエン薬の有用性.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
5. ◎三田祐実子, 近藤光子, 三好梓, 本多奈穂子, 志々目修, 岡林麻子, 赤羽朋博, 武山廉, 多賀谷悦子: オマリズマブ導入により症状の改善を認めた高齢ACOの一例.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
6. ◎近藤光子, 辻真世子, 原香織, 黒川敦志, 武山廉, 松本悦子: IL-13誘導気道杯細胞化生に対するTMEM16A阻害薬の抑制効果.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
7. ◎折茂圭介, 溜雅人, 竹田知広, 松田明生, 中江進, 斎藤博久, 多賀谷悦子, 松本健治, 森田英明: 血小板はILC2に付着し、ILC2の活性化を介して好酸球性気道炎症の増悪に寄与する.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
8. ◎本多奈穂子, 花輪智秀, 久保綾子, 八木理充, 近藤光子, 武山廉, 多賀谷悦子: 著明な細気管支病変を呈し急性期に非侵襲的陽圧換気(NPPV)管理を要した過敏性肺炎の1例.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
9. ◎黒川敦志, 近藤光子, 有村健, 芦野滋, 武山廉, 多賀谷悦子: レプチン欠損肥満マウス(ob/ob mice)の気道過敏性におけるIL-33の影響.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
10. ◎多賀谷悦子: 気道分泌を標的とした喘息治療.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者