<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 呼吸器内科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   近藤 光子
   松本 悦子
准教授:
   武山 廉
助教:
   八木 理充
   厚美 慶英
   有村 健
   角田 裕美
   久保 綾子
   佐藤 昭寿
   辻 真世子
   中田 潤子
   永井 智仁
   西村 和幸

   原 裕子
   溝渕 莉恵
■ 概要
内科学第一講座 呼吸器内科
肺には、感染症、悪性腫瘍、アレルギー、免疫異常など実に様々な病気があり、とくに最近は生活環境の変化や人口の高齢化が進み、喘息をはじめ慢性閉塞性肺疾患や肺癌が増加の一途をたどっている。当科では、各呼吸器疾患の専門医が呼吸器外科や放射線科と密接に連携し、高度で有機的な診療を行う体制をとっている。また、喘息指導、禁煙外来、睡眠外来などを通じて予防医学・管理医学の充実を図り、さらに慢性呼吸不全の在宅医療ネットワーク作りにも力を注いでいる。研究面では、細胞生理学、細胞生物学、分子生物学、免疫学、再生医学などの先端テクノロジーを駆使した基礎研究から、臨床応用を念頭においた臨床研究まで幅広く行い、国内外の学会や学術誌に多くの研究成果を発表している。また、卒後教育として多くの勉強会、症例検討会、抄読会、研究発表会を開催し、優れた呼吸器内科専門医を育成し良質の医療を患者さんに提供できるよう努めている。
ページの先頭へ
■ Keywords
呼吸器病学, 閉塞性肺疾患, 拘束性肺疾患, びまん性肺疾患, 肺腫瘍, 呼吸器感染症, 睡眠呼吸障害
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 5 0 2 2 0 0  0 1 0 0  11 2  6 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 山谷 睦雄, 須田 隆文, 礒部 威, 今泉 和良, 大平 徹郎, 長内 忍, 川山 智隆, 國近 尚美, 佐野 博幸, 柴田 陽光, 新海 正晴, 多賀谷 悦子, 千葉 弘文, 松本 久子, 金子 猛, 日本呼吸器学会将来計画委員会:  呼吸器内科勤務医の勤務環境の現状:平成21年度調査との比較.  日本呼吸器学会誌  8 (2) :81-90 , 2019.3
2. ARIMURA Ken, TAGAYA Etsuko, AKAGAWA Hiroyuki, NAGASHIMA Yoji, SHIMIZU Satoru, ATSUMI Yoshihide, SATO Akitoshi, KANZAKI Masato, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, Pierre P. Massion, TAMAOKI Jun:  Cryobiopsy with endobronchial ultrasonography using a guide sheath for peripheral pulmonary lesions and DNA analysis by next generation sequencing and rapid on-site evaluation.  Respiratory investigation  57 (2) :150-156 , 2019.3
総説及び解説
1. 岩永 賢司, 多賀谷 悦子:  高齢者喘息に対する治療のポイントは? 服薬アドヒアランスの維持が要.  日本医事新報  (4943) :54-55 , 2019.1
2. 八木理充, 多賀谷悦子:  【アレルギー疾患update-最新の治療動向と展望-】 アレルギー疾患別に見た治療の現状と展望 喘息 高齢者喘息患者の特徴とその診断・治療.  日本臨床  77 (1) :105-110 , 2019.1
3. 多賀谷悦子, 權寧博:  喘息治療における生物学的製剤の使い方は? 高用量吸入ステロイドを用いた従来の治療でもコントロール不良なTh2優位型では生物学的製剤を導入.  日本医事新報  (4936) :56-57 , 2018.12
4. 多賀谷悦子:  【COPD 最新の知見に基づく実地診療の進め方】 セミナー 最新のCOPD実地診療のポイント整理と活用 COPDの呼吸器症状の最近の話題.  Medical Practice  35 (8) :1205-1209 , 2018.8
5. 花輪智秀, 多賀谷悦子:  【咳、痰のみかた】咳と痰の治療のまとめ 吸入薬(ICS,LABA,LAMA).  内科  121 (5) :1131-1134 , 2018.5
6. KONDO Mitsuko, TAMAOKI Jun:  Therapeutic approaches of asthma and COPD overlap.  Allergology International  67 (2) :187-190 , 2018.4
症例報告
1. 三田祐実子, 西村和幸, 三浦惇史, 永井智仁, 玉置淳:  ニンテダニブの関与が疑われた壊死性結腸憩室炎の1例.  日本呼吸器学会誌  7 (4) :263-266 , 2018.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐藤昭寿, 多賀谷悦子:  【診断と治療のABC[140]慢性閉塞性肺疾患(COPD)】 (第4章)管理・治療 酸素療法・換気補助療法.  最新医学  170-177.  (株)最新医学社,  東京, 2018.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TAKEYAMA Kiyoshi, AKABA Tomohiro, HONDA Nahoko, MIYOSHI Azusa, YAGI Osamitsu, KONDO Mitsuko, TAGAYA Etsuko: Neutrophilic inflammation of the upper airways is a characteristic feature of macrolide responders in patiens with asthma.  23rd Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Taipei, Taiwan,  2018/12
2. ◎AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, ASHINO Shigeru, KONDO Mitsuko, TAGAYA Etsuko: Specific sphingosine kinase 1 inhibitor, SK1-I attenuates neutrophil elastase induced airway inflammation and goblet cell hyperplasia in mice.  23rd Congress of Asian Pacific Society of Respirology,  Taipei, Taiwan,  2018/11
3. ◎AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, ASHINO Shigeru, TAGAYA Etsuko, KONDO Mitsuko, TAMAOKI Jun: Specific Sphingosine Kinase 1 Inhibitor, SK1-I Attenuates Neutrophil Elastase Induced Airway Inflammation and Goblet Cell Hyperplasia in Mice.  American Thoracic Society 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
4. ◎KONDO Mitsuko, ARIMURA Ken, ARAI Naoki, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko, TAMAOKI Jun: Less Eosinophilic Inflammation and Goblet Cell Metaplasia in IL-33-Induced Asthma Model of Leptin-Deficient Obese Mice.  American Thoracic Society 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
5. ◎TAGAYA Etsuko, TORIYAMA Midori, HARA Hiroko, HANAWA Tomohide, TAKEYAMA Kiyoshi, KONDO Mitsuko, TAMAOKI Jun: The Efficacy of the Leukotriene Receptor Antagonist Pranlukast in Asthma Patients Complicated with Allergic Rhinitis.  American Thoracic Society 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
6. ◎TAKEYAMA Kiyoshi, AKABA Tomohiro, ARIMURA Ken, SHIMIZU Yuri, YAGI Osamitsu, TAGAYA Etsuko, KONDO Mitsuko, TAMAOKI Jun: Effect of Low-Dose Macrolide Therapy in Asthmatic Patients with Chronic Neutrophilic Rhinosinusitis.  American Thoracic Society 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
7. Shigeru Ashino, Hidemitsu Kitamura, Tomohiro Akaba, Kiyoshi Takeyama, Jun Tamaoki, and Junji Yagi: The Effects of Viral Components, Single-Stranded RNA and Double-Stranded RNA, on Allergen-Induced Airway Hyperresponsiveness and Airway Inflammation.  American Thoracic Society International Conference 2018,  San Diego, CA, USA,  2018/05
8. ◎三好梓, 近藤光子, 佐藤昭寿, 武山廉, 多賀谷悦子: 胸膜生検で診断したIgG4関連胸膜炎の一例.  第1回日本アレルギー学会関東地方会,  東京,  2019/03
9. ◎本多奈穂子, 武山廉, 志々目修, 市川明日香, 岡林麻子, 久保綾子, 八木理充, 近藤光子, 多賀谷悦子: 両側卵巣転移を認めた非喫煙者小細胞肺癌の1例.  第233回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2019/02
10. Shigeru Ashino, Hidemitsu Kitamura, Tomohiro Akaba, Kiyoshi Takeyama, Jun Tamaoki, and Junji Yagi.: The Crucial Roles of Neurokinin A and Neurokinin Receptor 2 Signaling in Asthma Exacerbation Induced by a Viral Component, Double-Stranded RNA.  The 67th Annual Meeting of Japanese Society of Allergology,  Chiba, Japan,  2018/06
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者