<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東洋医学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   伊藤 隆
   木村 容子
助教:
   麻生 悠子
   大谷 かほり
   金子 麻子
   川島 春佳
   河尻 澄宏
   髙橋 厚子
   田中 香代子
   津嶋 伸彦
   宮川 亨平
   森永 明倫
■ 概要
概要
東洋医学研究所は、平成4年3月3日に保険診療を行う施設として私立医科大学としては初めて新宿のNSビル内に開設されました。保険診療を行う湯液(漢方)部門と自費診療の鍼灸部門より構成されています。開設時より教授、平成7年より所長を務めた故・代田文彦先生(平成15年1月23日逝去)をはじめ、諸先生方の指導のもとで発展を遂げてきました。
 平成19年12月3日より田端駅前に移転し、湯液部門は東京女子医科大学東洋医学研究所クリニック、鍼灸部門は東京女子医科大学東洋医学研究所鍼灸臨床施設(以下、当施設)と名称を変更して現在に至っています。
 当研究所の対象とする病気は全科にわたります。具体的には、アレルギー性疾患、心身症などのメンタルヘルス不調者、冷え、頭痛、月経前症候群、更年期症候群などの婦人に多い疾患、通常の治療で改善しない痛み・しびれ、呼吸器疾患、消化器疾患、耳鼻咽喉科疾患、皮膚科疾患あるいは癌治療時の体力回復などの患者を診療しています。
 漢方診療では、エキス剤だけでなく、生薬を用いた治療も可能です。漢方薬のみならず西洋医薬品も使用します。必要に応じて、東京女子医大関連施設などに各種検査や治療の依頼も行っています。
 日本の大学施設で、鍼灸診療部門をもっているところは少なく、このことも大きな特徴です。
 当施設は東西両医学による全人的医療の実践を心がけております。
 診療方針として、1)西洋も東洋もなく、患者のためにできるだけのことを、2)無理をせず、自然にさからわず、3)個々に応じた回復を掲げています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 0 0 0 0  0 2 0 0  15 4  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. 蛯子慶三, 伊藤隆, 高田久実子, 杉本太郎, 藤川太郎, 小山雄太郎:  良性耳下腺腫瘍術後の顔面神経麻痺に対する鍼治療の1症例.  日本東洋医学雑誌  71 (1) :58-65 , 2020.1
2. 木村容子, 山崎麻由子 ,佐藤 弘 ,伊藤 隆:  桂枝茯苓丸,桃核承気湯の駆瘀血剤の一方または併用で疲労倦怠感が改善した10症例.  日本東洋医学会雑誌  70 (2) :106-112 , 2019
3. 木村容子, 佐藤 弘, 伊藤 隆:  精神的ストレス下における冷飲食を契機に下痢が悪化した過敏性腸症候群に胃苓湯を中心とした漢方治療が有効であった女性の5症例.  日本東洋医学会雑誌  70 (3) :247-253 , 2019
ページの先頭へ
■ 著書
1. 伊藤隆:    養生と漢方  1-103.  あかし出版,  東京, 2019
2. 伊藤隆:    メンタルヘルスと漢方  1-87.  あかし出版,  東京, 2019
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎河尻澄宏, 木村容子: 頭痛に八味地黄丸が有効であった2症例.  第76回日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会,  栃木,  2019/11
2. ◎宮川亨平, 木村容子: 多汗症に対して茵枕蔯蒿湯により改善を認めた1症例.  第76回日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会,  栃木,  2019/11
3. ◎森永明倫, 蛯子慶三, 木村容子: 漢方治療(加味八仙湯)と鍼灸治療を併用し改善を認めた右顔面麻痺の一例.  第76回日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会,  栃木,  2019/11
4. ◎陣内厚子, 木村容子: 芎帰調血飲で血圧が安定した更年期障害の一例.  第76回日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会,  栃木,  2019/11
5. ◎盛岡頼子, 木村容子: 桂枝茯苓丸のより良好な経過をたどっているリベド血管炎の1症例.  第76回日本東洋医学会関東甲信越支部学術集会,  栃木,  2019/11
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者