<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 東医療センター 小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   杉原 茂孝
講師:
   大谷 智子
   本間 哲
   松岡 尚史
助教:
   鈴木 恵子
   東 範彦
   飯田 厚子
   池田 麻子
   伊藤 幸栄
   老谷 嘉樹
   木下 由香里
   國井 優子
   志田 洋子
   新海 聡美

   鈴木 悠
   竹下 淳子
   多田 春香
   根木 瑠美子
   萩原 幸世
   星加 将吾
   宮部 瑠美
   安田 菜穂子
   安田 祐希
■ 概要
地域中核病院としての救急医療を含めた一般診療とともに,大学病院としての教育,研究の両面の機能を担っている。
当科は地域中核病院としての救急医療を含めた一般診療とともに,大学病院としての教育,研究の両面の機能を担っている。
地域の実地医家の先生方と連携し,一般的な急性疾患から特殊な病気まで幅広く対応している。平日夜間および休日の小児救急医療にも全力で対処している。また,専門外来では各部門の専門医が診療にあたっている。慢性疾患の一部では成人も診療している。小児保健部門として育児相談や予防接種外来も行っており,アレルギー疾患などの予防接種困難例などに対しても積極的に対処している。さらに最近増加している心身症,不登校などの症例に対しても心理相談などによる対応を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 0 1 0 0 8  0 2 0 0  7 1  3 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 杉原茂孝:  小児・思春期糖尿病への公的支援体制,特集小児・思春期糖尿病治療の現状と展望.  月刊糖尿病  (8) :88-93 , 2016
2. 杉原茂孝:  小児の生活習慣病の現状 特集 小児の生活習慣病.  小児科  (57) :1189-1195 , 2016
3. 杉原茂孝:  小児1型糖尿病の診断・治療 新時代の臨床糖尿病学下 XIV. ライフステージ別糖尿病 1.新生児糖尿病・小児糖尿病・思春期糖尿病.  日本臨床  74 (増刊号2) :501-505 , 2016
その他
1. 杉原 茂孝:  【小児・若年者の糖尿病-1型、メタボ;ケアと支援、そしてトランジション-】 小児思春期1型糖尿病患者への糖尿病教育 心理的・精神的ケアの重要性.  プラクティス  34 (2) :149-153 , 2017.3
2. 仁志田 博司, 門井 伸暁, 保科 清, 鈴木 葉子:  周産期新生児学研究 歴史を振り返り現状と未来を考える 我が国における新生児B群溶連菌感染症研究を振り返る.  周産期医学  47 (1) :5-11 , 2017.1
3. ONDA Y, SUGIHARA Shigetaka, OGATA T, YOKOYA S, YOKOYAMA T, TAJIMA N, for the Type1 Diabetes Study Group:  Incidence and Prevalence of Childhood-onset Type 1 Diabetes in Japan.  Diabet Med  :13295 , 2016.12   DOI:10.1111
4. IHARA K, FUKANO C, AYABE T, FUKAMI M, OGATA T, KAWAMURA T, URAKAMI T, KIKUCHI N, YOKOTA I, TAKEMOTO K, MUKAI T, NISHII A, KIKUCHI T, MORI T, SHIMURA N, SASAKI G, KIZU R, TAKUBO N, SONEDA S, FUJISAWA T, TAKAYA R, KIZAKI Z, KANZAKI S, HANAKI K, MATSUURA N, KASAHARA Y, KOSAKA K, TAKAHASHI T, MINAMITANI K, MATSUO S, MOCHIZUKI H, KOBAYASHI K, KOIKE A, HORIKAWA R, TENO S, TSUBOUCHI K, MOCHIZUKI T, IGARASHI Y, AMEMIYA S, SUGIHARA Shigetaka, The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes:  FUT2 non-secretor status is associated with Type 1 diabetes susceptibility in Japanese children.  Diabet Med  :13288 , 2016.11   DOI:10.1111
5. OKUNO M, KASAHARA Y, ONODERA M, TAKUBO N, OKAJIMA M, SUGA S, WATANABE N, SUZUKI J, AYABE T, URAKAMI T, KAWAMURA T, KIKUCHI N, YOKOTA I, KIKUCHI T, AMEMIYA S, NAKABAYASHI K, HAYASHI K, HATA K, MATSUBARA Y, OGATA T, FUKAMI M, SUGIHARA Shigetaka, The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes:  the Human Homolog of an Autoimmune Diabetic Gene in Nonobese Diabetic Mice, is Mutated in Familial and Sporadic Cases of Type 1 Diabetes.  Journal of Diabetes Investigation  :12586 , 2016.10   DOI:10.1111
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 杉原茂孝:  第10章 糖代謝異常症 A. 膵臓の発生・分化・生理学
第11章肥満、メタボリックシンドロームと脂質異常症 A. 肥満の生理学.  小児内分泌学  497,547-501,553.  診断と治療社,  東京, 2016.8
2. 杉原茂孝:  成長ホルモン分泌不全性低身長症、小児糖尿病、小児肥満症.  家庭の医学  800-803.  成美堂出版,  東京, 2016.8
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎AZUMA Norihiko, OOTANI Tomoko, YASUDA Yuuki, MATSUOKA Hisafumi, SUGIHARA Shigetaka: Impact of change in leptin/adiponectin and MAD-LDL in childhood obesity associated with eosinophilic inflammation of the airway and whole body.  The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society,  Tokyo, Japan,  2016/11
2. ◎YASUDA Yuuki, MATSUOKA Hisafumi, SUGIHARA Shigetaka: Lower adiponection,higher ALT level,lower AST/ALT ratio,and higher VAT value may suggest a risk for the onset of type2 diabetes in obese children.  The 9th Biennial Scientific Meeting of the Asia Pacific Paediatric Endocrine Society,  Tokyo, Japan,  2016/11
3. ◎髙橋健一郎, 花岡希, 田村まり子, 志田洋子, 安田菜穂子, 渡邉日出海, 鈴木葉子, 藤本嗣人, 杉原茂孝: アデノウイルス咽頭扁桃炎の迅速検査による後方視的検討.  第90回日本感染症学会総会学術講演会,  仙台,  2016/04
4. 服部元史, 近本裕子, 石塚喜世伸, 宮部瑠美, 薮内智朗, ◎金子直人, 三浦健一郎, 笹田洋平, 滝澤慶一, 橋本多恵子, 種田積子, 飯田厚子, 富井祐治, 佐藤泰征, 山口裕, 本田一穂: 約1か月間の透析を要した半月体形成を伴う管内増殖性腎炎の1例.  第83回関東小児腎臓研究会,  新宿,  2017/02
5. ◎安田祐希, 三宅直香, 松岡尚史, 杉原茂孝: 小児肥満における2型糖尿病への進展因子の解析.  第49回日本小児内分泌学会学術集会,  東京,  2016/10
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者