<<< 前 2011年度 2012年度 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 次 >>>
 神経精神科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   石郷岡 純
   坂元 薫
   大坪 天平
講師:
   古城 慶子
   西村 勝治
   稲田 健
   高橋 一志
助教:
   伊藤 学
   内出 容子
   興津 裕美
   奥井 賢一郎
   押淵 英弘
   川本 恭子
   桑原 和江
   澤村 実紀
   菅原 裕子
   高橋 杏子

   辻 かをる
   鄭 怜奈
   長谷川 大輔
   森脇 久視
   横山 香菜子
■ 概要
東京女子医科大学 神経精神科
東京女子医科大学 神経精神科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 1 20 2 1 9  0 12 0 0  13 18  2 6  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 古城 慶子:  神経症の精神病理学に対するKlages,L.の寄与―生の哲学からみた神経症の人間学―.  福岡行動医学雑誌  20 (1) :89-96 , 2014.3
2. HATTA Kotaro, WADA Yasuhiro, ODAWARA Toshinari, TAKEUCHI takashi, OSHIMA Yoshio, UCHIMURA Naohisa, AKAHO Rie, WATANABE Akira, TAIRA Toshihiro, NISHIMURA Katsuji, USUI Chie, NAKAMURA Hiroyuki:  Antipsychotics for delirium in the general hospital setting in consecutive 2,453 inpatients: a prospective observational study.  International Journal of Geriatric Psychiatry  29 (3) :253-262 , 2014.3   DOI:10.1002/gps.3999
3. Egawa Hiroto, Nishimura Katusji, Teramukai Satoshi, Yamamoto Masakazu, Umeshita Koji, Furukawa Hiroyuki, Uemoto Shinji:  Risk factors for alcohol relapse after liver transplantation for alcoholic cirrhosis in Japan.  Liver Transplantation  20 (3) :289-310 , 2014.3   DOI:10.1002/lt.23797
4. KANBA Shigenobu, KAWASAKI Hiroaki, ISHIGOOKA Jun, SAKAMOTO Kaoru, KINOSHITA Toshihiko, KUROKI Toshihide:  A placebo-controlled, double-blind study of the efficacy and safety of aripiprazole for the treatment of acute manic or mixed episodes in Asian patients with bipolar I disorder (the AMAZE study).  The world journal of biological psychiatry : the official journal of the World Federation of Societies of Biological Psychiatry  15 :113-121 , 2014.2   DOI:10.3109/15622975.2012.669047
5. 小林清香*, 西村勝治, 石田英樹, 尾本和也, 白川浩希, 清水朋一, 岡部 祥, 筒井順子, 石郷岡純, 田邉一成:  生体腎移植ドナー経験者は移植医療に満足しているか?.  日本臨床腎移植学会雑誌  2 (1) :68-73 , 2014.1
全件表示(13件)
総説及び解説
1. 西村勝治, 小林清香:  先行的腎移植とノン・アドヒアランス.特集:先行的腎移植の現状と将来の展望..  腎と透析  76 (別冊 腎不全外科) :107-109 , 2014.3
2. 河野 敬明, 稲田 健, 石郷岡 純:  【新薬展望2014】 (第III部)治療における最近の新薬の位置付け<薬効別> 新薬の広場 統合失調症治療薬.  医薬ジャーナル  50 (増刊) :508-513 , 2014.1
3. 稲田 健, 石郷岡 純:  【シンプル処方の極意】 シンプル処方のすすめ.  臨床精神医学  43 (1) :5-10 , 2014.1
4. 河野 仁彦, 稲田 健, 石郷岡 純:  【神経内科医・脳神経外科医が知っておきたい精神症状、徴候】 薬物関連 セロトニン症候群.  Clinical Neuroscience  31 (11) :1332-1333 , 2013.11
5. 河野仁彦, 稲田健, 石郷岡純:  【統合失調症患者の高齢化に伴う治療変化をどうするか】 薬物療法をどう変えていくか.  精神科  23 (5) :549 , 2013.11
全件表示(24件)
その他
1. 古城慶子:  編集後記.  臨床精神病理  34 (3) :336 , 2013.12
2. 藤田純一, 新井卓, 高橋雄一, 河野美帆, 黒江美穂子, 豊原公司, 庄紀子, 南達哉, 斉藤万比古:  児童青年精神科領域の精神病性障害に対する診断・支援に関する意識調査ー児童青年期の統合失調症を中心とする精神病性障害の診断・治療の標準化にむけてー.  児童青年精神医学とその近接領域  54 (5) :599-608 , 2013.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 稲田健:    睡眠薬の適正使用・休薬ガイドライン  160.  じほう,  東京, 2014.3
2. 河野仁彦:    薬物療法をどう変えていくか  549-555.  科学評論社,  日本, 2013.11
3. 西村勝治, 川嵜弘詔, 光安博志, 南里幸一郎, 野間俊一, 上原美奈子, 井山なおみ, 梅谷由美, 小林清香, 岡部祥, 桂川修一, 木村宏之:    生体臓器移植ドナーの意思確認に関する指針.日本総合病院精神医学会治療指針6  1-112.  星和書店,  東京, 2013.11
4. 河野仁彦:    セロトニン症候群  1332-1333.  中外医学社,  日本, 2013.11
5. 末木 亮嗣, 鈴木 枝里子, 高橋 一志, 石郷岡 純:  Duloxetine血中濃度と治療反応性の関係について.  日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集  225.  日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会,  tokyo, 2013.10
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Hiroyuki Muraoka, Masahiko Kawano, Ken Inada, Takaaki Kawano, Hidehiro Oshibuchi, Makiko Yamada, Junko Miyagi, Akiko Kasai, Jun Ishigooka: Comparison of Valproate acid and Haloperidol effects on excessive dopamine release in the amygdala in response to conditioned fear stress: Methamphetamine-sensitized rats.  Society for Neuroscience 43rd Annual Meeting,  San Diego, CA, U.S.A.,  2013/11
2. ◎NISHIMURA Katsuji, KOBAYASHI Sayaka, TSUTSUI Junko, OKABE Sachi, OKADA Yoshie, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari, ISHIGOOKA Jun: Donor satisfaction in living-kidney transplantation from donors related to the recipients-part 2: Associated factors.  The Academy of Psychosomatic Medicine 60th Annual Meeting,  Tucson, Arizona, America,  2013/11
3. Hidehiro Oshibuchi, Daniel Urband, Ethelyn Layco, Michael Donovan, Bryan Roth, Laurence H. Tecott.: Cocaine sensitization requires Raphe serotonergic neurons activity; A study using designer receptors exclusively activated dsigner drugs.  3rd congress of Asian College Neuropsychopharmacology,  BEIJING,  2013/09
4. ◎NISHIMURA Katsuji, KOBAYASHI Sayaka, OKABE Sachi, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari, ISHIGOOKA Jun: Factors related to low satisfaction with transplantation therapy in living related kidney donors.  The International College of Psychosomatic Medicine 22nd World Congress.,  Lisbon, Portugal,  2013/09
5. MATSUI Kentaro, SASAI-SAKUMA Taeko, ISHIGOOKA Jun, INOUE Yuichi: Prevalence of restless legs syndrome and its impact on daytime function in hemodialysis patients.  27th Annual Meeting of the Associated Professional sleep Societies, LLC,  Baltimore, Maryland, USA,  2013/06
全件表示(41件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者