<<< 前 2021年度 2022年度 2023年度 | 2024年度 次 >>>
 肝胆膵外科学
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   本田 五郎
准教授:
   有泉 俊一
   小寺 由人
助教:
   植村 修一郎
   加藤 孝章
   平田 義弘
   谷澤 武久
   山下 信吾
   出雲 渉
   今井 健一郎
   大目 祐介
   大森 亜紀子
   川本 裕介

   椎原 正尋
   渋谷 豪
   高橋 豊
   根本 慧
   橋田 和樹
   松永 雄太郎
   向山 美々
助手:
   生形 盟
■ 概要
肝胆膵外科
肝胆膵外科では、肝胆膵の悪性腫瘍に対して、患者さんの状態、がんの病態を考えたうえで、手術だけでなく、局所治療、化学療法、免疫療法、放射線治療を組み合わせ最善の治療を提案し実践しています。

さらに腹腔鏡やロボット支援手術を取り入れ低侵襲手術により手術後の化学療法への余力を残し治療を組み合わせることで再発を抑え予後をよくする方針を取っています。膵がんでは画像データと組織遺伝子診断を組み合わせた早期診断を実践しさらなる成績向上をめざしています。

また、脳死・生体肝移植、脳死・肝腎同時移植、脳死膵・膵腎移植を行っています。特に肝移植の長期生存率は9年で9割を超え、完成度が高い手術だけでなく医療者と患者さんとの間の強い信頼関係ときめ細やかな管理体制の存在を示しています。

胆石発作の患者さんを365日24時間受け入れる体制を整えております。


<特徴>
迅速、正確な診断治療を目指しています。
当科の特徴的な点は外科、内科、内視鏡科、放射線科が一体となって診断治療にあたっていることで、病状に合わせて最も適切な医療が速やかに行われていることです。

<検査・治療>
すべての肝胆膵疾患に対する検査、治療を行っています。
・検査はレントゲン、内視鏡、超音波(エコー)、CT、MRIなどを主に行っています。
・治療では内科的、外科的治療の他、肝移植、膵移植も行っております。
・肝癌に対する塞栓療法やラジオ波治療にも力を入れています。

<治療方法への取り組み>
膵癌の早期診断と化学放射線治療と低侵襲手術を組み合わせた集学的治療に力を入れています。
肝移植では生体移植、脳死移植を行い、生体手術では血液型不適合移植や制御性T細胞療法による免疫寛容治療も行っています。

肝胆膵外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  HONDA Goro,HEO Jinseok HBP Surgery Week 2024 (BP PRE-Congress Symposium1:OPEN BP Surgery)Moderator(s)
2.  HONDA Goro,OTSUKA Yuichi 第35回日本肝胆膵外科学会 (Video Symposium3 Challenge in highly difficult laparoscopic liver resection2)Moderators
3.  阿部雄太,本田五郎 第17回肝癌治療ナビゲーション研究会 (一般演題1)司会
4.  稲垣 優,本田五郎 第85回日本臨床外科学会総会 (パネルディスカッション3 大腸がん多発肝転移に対する最適な集学的治療と手術のタイミング③)司会
5.  海野倫明,本田五郎 第48回日本外科系連合学会学術集会 (ビデオシンポジウム3 膵切除後膵液瘻予防のコツ)司会
全件表示(29件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 9 0 2 2 1 9  0 5 0 0  27 24  9 4  37 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Itoh Taito, Omori Yuko, Seino Mitsuru, Hirose Katsuya, Date Fumiko, Ono Yusuke, Mizukami Yusuke, Aoki Shuichi, Ishida Masaharu, Mizuma Masamichi, Morikawa Takanori, Higuchi Ryota, Honda Goro, Okamura Yasunobu, Kinoshita Kengo, Unno Michiaki, Furukawa Toru:  Gene Rearrangement and Expression of PRKACA and PRKACB Govern Morphobiology of Pancreatobiliary Oncocytic Neoplasms.  Modern pathology  37 (1) :100358 , 2024.1   DOI:10.1016/j.modpat.2023.100358
2. TO Keii,OKADA Kosuke,WATAHIKI Takahisa,SUZUKI Hideo,TSUCHIYA Kiichiro,TOKUSHIGE Katsutoshi,YAMAMOTO Masakazu,ARIIZUMI Shun-Ichi,SHODA Junichi:  Immunohistochemical expression of NRF2 is correlated with the magnitude of inflammation and fibrosis in chronic liver disease.  Cancer medicine  12 (19) :19423-19437 , 2023.10   DOI:10.1002/cam4.6538
3. Kang Woo-Hyoung,Hwang Shin,KAIBORI Masaki,Kim Jong Man,Kim Kyung Sik,KOBAYASHI Tsuyoshi,KAYASHIMA Hiroto,Koh Yang Seok,KUBOTA Keiichi,MORI Akira,TAKEDA Yutaka,Yun Sung Su,MATSUI Kousuke,TORIGUCHI Kan,NAGANO Hiroaki,Yoon Myung Hee,SOEJIMA Yuji,ARIIZUMI Shunichi,Kim Bum-Soo,Park Yohan,Yu Hee Chul,Kim Bong Wan,Lee Jung Bok,Park Sang-Jae,Jang Jin-Young,YAMAUE Hiroki,NAKAMURA Masafumi,YAMAMOTO Masakazu,ENDO Itaru,Collaboration of Korean Association of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery;Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery:  Validation of quantitative prognostic prediction using ADV score for resection of hepatocellular carcinoma: A Korea-Japan collaborative study with 9200 patients.  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences  30 (8) :993-1005 , 2023.8   DOI:10.1002/jhbp.1319
4. KIKUYAMA Masataka,NAKAHODO Jun,HONDA Goro,SUZUKI Mizuka,HORIGUCHI Shin-Ichiro,CHIBA Kazuro,TABATA Hiroki,OME Yusuke,UEMURA Shu-Ichiro,KAWAMOTO Yusuke,KAMISAWA Terumi:  Pancreatic duct epithelial malignancy suggested by large focal pancreatic parenchymal atrophy in cystic diseases of the pancreas.  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]  23 (4) :420-428 , 2023.6   DOI:10.1016/j.pan.2023.03.002
5. Görgec Burak, Benedetti Cacciaguerra Andrea, Pawlik Timothy M, Aldrighetti Luca A, Alseidi Adnan A, Cillo Umberto, Kokudo Norihiro, Geller David A, Wakabayashi Go, Asbun Horacio J, Besselink Marc G, Cherqui Daniel, Cheung Tan To, Clavien Pierre-Alain, Conrad Claudius, D'Hondt Mathieu, Dagher Ibrahim, Dervenis Christos, Devar John, Dixon Elijah, Edwin Bjørn, Efanov Mikhail, Ettore Giuseppe M, Ferrero Alessandro, Fondevilla Constantino, Fuks David, Giuliante Felice, Han Ho-Seong, Honda Goro, Imventarza Oscar, Kooby David A, Lodge Peter, Lopez-Ben Santiago, Machado Marcel A, Marques Hugo P, O'Rourke Nick, Pekolj Juan, Pinna Antonio D, Portolani Nazario, Primrose John, Rotellar Fernando, Ruzzenente Andrea, Schadde Erik, Siriwardena Ajith K, Smadi Sameer, Soubrane Olivier, Tanabe Kenneth K, Teh Catherine S C, Torzilli Guido, Van Gulik Thomas M, Vivarelli Marco, Wigmore Stephen J, Abu Hilal Mohammad:  An International Expert Delphi Consensus on Defining Textbook Outcome in Liver Surgery (TOLS).  Annals of surgery  277 (5) :821-828 , 2023.5   DOI:10.1097/SLA.0000000000005668
全件表示(11件)
総説及び解説
1. 大目祐介, 本田五郎:  (連載 日本内視鏡外科学会技術認定合格のための集中講座-肝臓編-)第2回 腹腔鏡下肝部分切除術.  消化器外科  46 (12) :1331-1345 , 2023.12
2. 本田五郎:  (手術器具・手術材料 私のこだわり・21)エンドミニリトラクト圧排子.  臨床外科  78 (12) :1400-1402 , 2023.11
3. 有泉俊一, 山本雅一, 本田五郎:  (特集 進行・再発肝細胞癌に対する集学的治療update)門脈腫瘍栓を伴う肝細胞癌に対する治療法選択.  肝臓クリニカルアップデート  9 (2) :118-125 , 2023.10
4. 大目祐介, 本田五郎:  (日本内視鏡外科学会技術認定合格のための集中講座-肝臓編-)第1回 腹腔鏡下肝部分切除術.  消化器外科  46 (9) :1003-1013 , 2023.9
5. 川本裕介, 本田五郎:  (特集 胆膵疾患診療~病理医との対話~)Ⅱ.膵疾患 コラム:膵癌切除断端に対する術中迅速組織診の意義と限界.  胆と膵  44 (8) :795-797 , 2023.8
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 本田五郎:    膵臓がんの何が怖いのか  1-232.  幻冬舎,  東京, 2023.7
2. 本田五郎, 大目祐介:    坂の上のラパ肝・胆・膵  1-370.  医学書院,  東京, 2023.7
3. 本田五郎, 有泉俊一:  (第6章 肝臓)3.肝臓 12)肝切除術の基本手技(2).  消化器外科専門医の心得 下巻  662-666.  一般社団法人日本消化器外科学会,  東京, 2023.7
4. 大目祐介, 本田五郎:  (Chapter5)腹腔鏡下肝切除術.  消化器外科腹腔鏡下手術 免許皆伝  53-69.  中外医学社,  東京, 2023.7
5. 有泉俊一, 山本雅一:  1.右肝切除 1)前方アプローチ.  肝胆膵高難度外科手術[Web動画付]  154-160.  医学書院,  東京, 2023.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. HONDA Goro: (BP Pre-congress Symposium2 Strategies for overcoming hurdles of Minimally Invasive Pancreatectomy)Techniques and tips for safe resection for MI-RAMPS; How to approach anatomical landmark.  HBP Surgery Week 2024,  Korea,  2024/03
2. ◎ARIIZUMI Shunichi: (HBP Symposium4 Practical Anatomy for HBP surgeons)Anatomical landmark for glissonean approach.  HBP Surgery Week 2024,  Korea,  2024/03
3. HONDA Goro: Cost and Benefit for Minimally Invasive Pancreatectomy.  ISLS STS 2024,  Korea,  2024/03
4. TANAHASHI Toru, HONDA Goro, UBUKATA Chikai, KAWAMOTO Yusuke, MATSUNAGA Yutaro, HASHIDA KaKazuki, OME Yusuke, ARIIZUMI Shunichi: Laparoscopic Distal Pancreatectomy to Achieve ''Zero'' Complication.  ISLS STS 2024,  Korea,  2024/03
5. ◎MATSUNAGA Yutaro: Evaluation of post-ERCP necrotising pancreatitis after preoperative endoscopy biliary drainage in periampullary cancer.  APA2023,  California,  2023/11
全件表示(104件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者