<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 衛生学公衆衛生学(公衆衛生学分野 グローバルヘルス部門)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


教授:
   杉下 智彦
准教授:
   坂元 晴香
   塚原 高広
講師:
   本間 一
助教:
   岩下 華子
   有末 伸子
   凪 幸世
   益田 岳
   吉井 亜希子
■ 概要
寄生虫感染症・熱帯感染症の分野では主としてマラリア薬剤耐性の研究が行われています。世界の流行地において現地調査を行って得た原虫株を、最新の分析機器を用いて薬剤耐性遺伝子やマイクロサテライト座位の多型解析を行っています。

国際保健の分野では途上国における保健医療サービスの在り方について研究を進めています。主に感染症対策と母子保健の2つの分野での活動が行われており、感染症対策では抗マラリア薬処方行動の変容プロセスの解明を質的および量的研究から進めています。母子保健分野では、助産師等を対象としたインタビューによる質的調査を実施しています。更に日本における適切な医療の国際化を進めるための国際医療交流に関する研究も始めています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. Arisue Nobuko*, Honma Hajime, Kume Keitaro, Hashimoto Tetsuo:  Progress in understanding the phylogeny of the Plasmodium vivax lineage.  Parasitology international  87 :102507 , 2022.4   DOI:10.1016/j.parint.2021.102507
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者