<<< 前 2021年度 2022年度 2023年度 | 2024年度 次 >>>
 病理学(人体病理学・病態神経科学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   倉田 厚
   澤田 達男
   荻野 周史
准教授:
   増井 憲太
講師:
   新井田 素子
助教:
   加藤 陽一郎
   岡村 幸宜
   村上 久美子
■ 概要
病理学(人体病理学・病態神経科学分野)概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患の病理検体を検索し、その本態を培養細胞を用いて解析し、また実験動物で再現することで、病態解明と治療戦略に役立つことを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

①動脈硬化症のプラーク不安定化における平滑筋と炎症因子の相互作用の解明
②多能性幹細胞由来奇形腫の分化誘導による、移植可能な組織・臓器の形成および分化因子の探索
③脳腫瘍の細胞内代謝および腫瘍進展における微小循環の関与
④福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動およびその原因遺伝子産物の性質
⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
⑥大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証
⑦成体脳におけるニューロン新生メカニズム
⑧筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
⑨脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究

文責 教授・基幹分野長 倉田厚
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和5(2023)年度文科科研費(基金分)  (研究課題番号:23K06487)
 研究課題:可逆的な癌の“幹細胞性”を誘導する細胞内代謝の網羅的解析  (研究代表者:増井憲太)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
2.  令和5年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患政策研究事業)  (研究課題番号:23FC1019)
 研究課題:難治性血管炎の医療水準・患者QOL向上に資する研究  (研究分担者:倉田厚)
 研究補助金:302,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  倉田厚 第112回日本病理学会総会 ポスター(一般) 「病理業務管理-1」 座長
2.  倉田厚 第112回日本病理学会総会 一般口演 「循環器-2」 座長
3.  増井憲太 第112回日本病理学会総会 ワークショップ3 脳腫瘍に対する病理研究者としての克服戦略 座長
4.  増井憲太 第17回診断病理サマーフェスト -病理と臨床の対話- 【第2部】脳腫瘍の病理 成人グリオーマの病理(Adult-type diffuse gliomas)~形態から分子へ~ 講演
5.  増井憲太 第41回日本脳腫瘍病理学会学術集会 一般口演6 基礎研究 座長
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 3 0 2 2 5  0 4 0 0  7 4  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Harachi Mio, Masui Kenta*, Shimizu Erika, Murakami Kumiko, Onizuka Hiromi, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, Nakayama Hisako, Miyata Mariko, Komori Takashi, Webster K.. Cavenee, Paul S. Mischel, Kurata Atsushi, SHIBATA Noriyuki:  DNA hypomethylator phenotype reprograms glutamatergic network in receptor tyrosine kinase gene-mutated glioblastoma.  Acta Neuropathologica Communications  12 (1) :40 , 2024.3   DOI:https://doi.org/10.1186/s40478-024-01750-x
2. Serizawa Mika, Serizawa Kaho, Masui Kenta*, Toguchi Makoto, Murakami Kumiko, Yamamoto Tomoko, Nagashima Youji, Takagi Toshio, Kurata Atsushi:  Metabolic and Epigenetic Reprogramming in a Case of Nuclear Protein in Testis (NUT) Carcinoma of the Retroperitoneum.  Case Reports  16 (1) :52814 , 2024.1   DOI:10.7759/cureus.52814
3. Masui Kenta,Paul s Mischel:  Metabolic and epigenetic reprogramming in the pathogenesis of glioblastoma: Toward the establishment of "metabolism-based pathology.  Pathology International  :533-541 , 2023.9   DOI:https://doi.org/10.1111/pin.13379
4. Kurata Atsushi, Harada Yuichiro, Fujita Koji, Ohno Shin-ichiro, Takanashi Msakatsu, Yoshizawa Saeko, Nagashima Yoji, Nagao Toshitaka, Yamaguchi junichi, Kuroda Masahiko:  Smooth muscle differentiation of coronary intima in autopsy tissues after sirolimus-eluting stent implantation.  Cardiovasc Pathol  :107554 , 2023.6   DOI:10.1016/j.carpath.2023.107554
5. Kurata Atsushi*, Harada Yuichiro, Fujita Koji, Ohno Shin-ichiro, Takanashi Masakatsu, Yoshizawa Saeko, Nagashima Yoji, Nagao Toshitaka, Yamaguchi Junichi, Kuroda Masahiko:  Smooth muscle differentiation of coronary intima in autopsy tissues
after sirolimus-eluting stent implantation.  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology  66 :107554 , 2023.6   DOI:10.1016/j.carpath.2023.107554
総説及び解説
1. 増井憲太*, 小森隆司:  脳腫瘍の診断に必要な遺伝子異常:実践と課題.  診断病理  40 (2) :122-132 , 2023.4
症例報告
1. Hiruma Takashi, Higuchi Ryosuke, Yamamoto Tomoko, Kikuchi Ken, Nanasato Mamoru:  Pneumococcal infectious aortic aneurysm: A caution for a life-threatening vascular complication caused by non-vaccine-covered serotypes.  Journal of cardiology cases.  :1-4 , 2023.8   DOI:org/10.1016/j.jccase.2023.08.015
2. MIURA Hiroyuki*, MIURA Jun, GOTO Shinichi, YAMAMOTO Tomoko:  Adenocarcinoma with mediastinal lymph node involvement developed from a pure ground grass nodule during 14 years.  Respirology case reports.  11 :e01152 , 2023.4   DOI:10.1001/rcr2.1152
その他
1. 増井憲太*:  病理診断クイックリファレンス2023 第19章 神経 1髄膜腫(血管腫性、分泌性) 2孤立性線維性腫瘍 3中枢性神経細胞腫 4 血管芽腫.  病理と臨床  41 (臨時増刊号) :316-319 , 2023.4
2. 増井憲太*, 小森隆司:  脳腫瘍-WHO 脳腫瘍分類2021改定のポイント B. 神経膠腫系 Circumscribed astrocytic gliomas.  Clinical Neuroscience  41 (4) :505-508 , 2023.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 増井憲太 , 新井信隆:  結節性硬化症 , Sturge-Weber症候群 , 海馬硬化症 , 限局性皮質異形成.  非腫瘍性疾患病理アトラス 中枢神経  238-240,248-254.  株式会社 分光堂,  東京都文京区, 2024.3
2. 鬼塚裕美 , 増井憲太:  第2部 組織型と診断の実際
I.膠腫、グリア神経細胞系腫瘍、神経細胞系腫瘍 【小児型びまん性膠腫】.  脳腫瘍  77-86.  株式会社 分光堂,  東京都文京区, 2024.2
3. 増井憲太, 小森隆司:  Ⅱ.脳腫瘍の病理学 各論 髄芽腫.  日本臨牀 臨床脳腫瘍学 最新の診断・治療と病態  67-72.  株式会社日本臨牀社,  東京都港区, 2023.12
4. 倉田厚, 保科克行, 今井靖編:  1-1 解剖・生理①血管系.  循環器診療コンプリート 血管疾患  10-24.  Gakken,  東京, 2023.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kurata Atsushi: Differentiation of intimal smooth muscle cells as a beneficial role in the prognosis of coronary artery disease, in discussions of both plaque stability and coronary stent restenosis.  “Best Researcher Award” for 16th Edition of International Research Awards on Cardiology and Cardiovascular Medicine,  Berlin,  2023/08
2. 藤本進一郎・野口暉夫: プラーク不安定化に関わる内膜平滑筋細胞の未熟性(脱分化).  第43回日本画像医学会 学術集会,  東京,  2024/02
3. ◎立木綾音, 吉田一彦, 小針悠希, 溝口晋輔, 蓑田亮, 福田洋典, 飯塚淳平, 石田英樹, 高木敏男, 増井憲太: 多発する移植腎腫瘍に対してロボット補助下腎部分摘除術を施行した一例.  第37回日本泌尿器内視鏡・ロボティクス学会総会,  米子,  2023/11
4. ◎朝倉千尋, 涌井清隆, 鬼塚裕美, 高田眞一, 山本智子, 澤田達男: ヘルニア根治術を契機に発見された子宮体部原発中腎様腺癌の一例.  第62回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡,  2023/11
5. ◎倉田厚, 前田有貴子, 池口亮太郎, 清水優子, 北川一夫: 臨床的に脳腫瘍が疑われたが、開頭脳生検にて ANCA 関連血管炎と診断した1例.  第28回日本血管病理研究会,  仙台,  2023/10
全件表示(12件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者