<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 病理学(人体病理学・病態神経科学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   柴田 亮行
   澤田 達男
   渡部 和彦
准教授:
   増井 憲太
講師:
   新井田 素子
助教:
   加藤 陽一郎
■ 概要
病理学(人体病理学・病態神経科学分野)概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患を実験動物や培養細胞で再現し、病態解明と治療戦略に役立つ情報を得ることを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

 ①筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
 ②脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究
 ③頸動脈アテローム硬化症の分子メカニズム
 ④木村病に関与するサイトカインの特定
 ⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
 ⑥脳腫瘍進展における微小循環の関与
 ⑦福山型先天性筋ジストロフィー原因遺伝子産物の性質
 ⑧成体脳におけるニューロン新生メカニズム
 ⑨福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動
 ⑩大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証

                                                     文責 教授・基幹分野長 柴田亮行
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和3年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)(基金分)  (研究課題番号:19K07649)
 研究課題:mTOR複合体によるがんDNAメチル化形質の新規制御機構  (研究代表者:増井憲太)
 研究補助金:900,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  柴田亮行 第62回日本神経病理学会総会学術研究会会長
2.  柴田亮行、増井憲太 第62回日本神経病理学会総会学術研究会 特別講演 座長
3.  柴田亮行、増井憲太 第62回日本神経病理学会総会学術研究会 学生展示 座長
4.  増井憲太 第62回日本神経病理学会総会学術研究会 ワークショップ1 オーガナイザー
5.  増井憲太 第39回日本脳腫瘍学会学術集会 ポスター17 基礎7:新規治療戦略 座長
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 3 1 1 6  0 1 0 0  4 13  0 1  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MORIMOTO Satoshi*, MORISHIMA Noriko, WATANABE Daisuke, KATO Yoichiro, SHIBATA Noriyuki, ICHIHARA Atsuhiro:  Immunohistochemistry for (pro)renin receptor in humans.  International journal of endocrinology.  2021 (Article ID 8828610) :9 pages , 2021.7   DOI:10.1155/2021/8828610
2. ONIZUKA Hiromi, MASUI Kenta*, AMAMO Kosaku, KAWAMATA Takakazu, YAMAMOTO Tomoko, NAGASHIMA Yoji, SHIBATA Noriyuki:  Metabolic Reprogramming Drives Pituitary Tumor Growth through Epigenetic Regulation of TERT.  Acta Histochemica et Cytochemica  54 (3) :87-96 , 2021.6   DOI:10.1267/ahc.21-00007
3. Ikeguchi Ryotaro, Shimizu Yuko*, Shimonora Ayato, Suzuki Miki, Shimoji Kanoko, Yamamoto Tomoko, Shibata Noriyuki, Kitagawa Kazuo,:  Paraneoplastic AQP4-IgG–Seropositive Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder Associated With Teratoma A Case Report and Literature Review.  Neuroimmunology and Neuroinflammation.  :online , 2021.5   DOI:10.1212/NXI.0000000000001045
4. OKAMURA Yukinori*, YAMAMOTO Tomoko, TUKUI Ryota, KATO Yoichiro, SHIBATA Noriyuki:  Fukutin Protein Participates in Cell Proliferation by Enhancing Cyclin D1 Expression through Binding to the Transcription Factor Activator Protein-1: An in vitro Study.  International journal of molecular sciences.  22 :12153 , 2021
5. TSUKUI Ryota*, YAMAMOTO Tomoko, OKAMURA Yukinori, KATO Yoichiro, SHIBATA Noriyuki:  Fukutin regulates tau phoshorylation and synaptic function : Novel properties of fukutin in neurons.  NEUROPATHOLOGY  :Article DOI:10.1111/neup.12797 , 2021   DOI:10.1111/neup.12797
総説及び解説
1. 長嶋洋治*、野村塁、鬼塚裕美:  非淡明細胞型腎細胞癌の病理.  泌尿器外科  34 (5) :479-487 , 2021.4
2. HARACHI M, MASUI K, CAVENEE WK, MISCHEL PS, SHIBATA N:  Protein Acetylation at the Interface of Genetics, Epigenetics and Environment in Cancer.  Metabolites.  11 (4) :216 , 2021.4   DOI:10.3390/metabo11040216
症例報告
1. MIURA Hiroyuki*, MIURA Jun, GOTO Shinichi, TACHIBANA Keisei, YAMAMOTO Tomoko:  Notably small bronchial carcinoid accompanied by peripheral aquamous cell carcinoma.  Respirology case reports.  9 (e0851) :open access , 2021.9   DOI:10.1002/rcr2.851
2. 橋本哲也*, 野並裕司, 金室俊子, 吉田一彦, 鬼塚裕美, 板垣裕子, 増井憲太, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治:  術後に形成された空洞に再発をきたした乳頭状腎細胞癌の 1 例.  日本臨床細胞学会雑誌  60 (3) :150-155 , 2021.6   DOI:10.5795/jjscc.60.150
3. 小篠映子, 増井憲太, 山本智子, 篠原徳子, 朝貝省史, 三宮彰仁, 柴田亮行:  クリプトコッカス髄膜炎を併発したFallot四徴症長期生存の1剖検例.  病理と臨床  39 (2) :205-211 , 2021
4. Omi Yoko*, Kamio Hidenori, Yoshida Yusaku, Masui Kenta, Yamamoto Tomoko, Nagashima Yoji, Okamoto Takahiro:  Breast metastasis from medullary thyroid carcinoma: a report of a case.  Surgical case reports.  7 (188) :open access , 2021   DOI:10.1186/s40792-021-01273-w
ページの先頭へ
■ 著書
1. 増井憲太, 小森隆司:  病理分類 改訂版WHO 分類とcIMPACT-NOW.  脳神経外科 特集グリオーマ  510-519.  医学書院,  東京, 2021.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Morimoto S, Morishima N, Watanabe D, Kato Y, Sawada T, Shibata N, Ichihara A: Association between cardiac (pro)renin receptor expression and myocardial hypertrophy in human.  ESH-ISH 2021,  Web開催,  2021/04
2. ◎岡村幸宜, 柴田亮行, 山本智子, 加藤陽一郎, 津久井亮太: 培養アストロサイトにおける Fukutin の細胞増殖制御機構.  第8回東京女子医科大学・早稲田大学研究交流セミナー,  東京(Zoom開催),  2022/03
3. ◎増井憲太, ミシェルポール, 柴田亮行: IDH 野生型膠芽腫における DNA メチル化形質の制御機構と意義.  第39回日本脳腫瘍学会学術集会,  神戸(現地開催+Web開催),  2021/12
4. ◎小篠映子, 増井憲太, 山本智子, 柴田亮行: クリプトコッカス髄膜炎を併発したファロー四徴症長期生存例の1例.  第62回日本神経病理学会総会学術研究会,  東京(WEB開催),  2021/05
5. ◎増井憲太, 小森隆司, 村垣善浩, 柴田亮行: 脳腫瘍におけるエピジェネティクス異常.  第62回 日本神経病理学会総会学術研究会,  東京(WEB開催),  2021/05
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者