<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 病理学(人体病理学・病態神経科学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   柴田 亮行
   澤田 達男
   渡部 和彦
講師:
   新井田 素子
   増井 憲太
助教:
   加藤 陽一郎
■ 概要
病理学講座(病態神経科学分野)概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患を実験動物や培養細胞で再現し、病態解明と治療戦略に役立つ情報を得ることを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

 ①筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
 ②脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究
 ③頸動脈アテローム硬化症の分子メカニズム
 ④木村病に関与するサイトカインの特定
 ⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
 ⑥脳腫瘍進展における微小循環の関与
 ⑦福山型先天性筋ジストロフィー原因遺伝子産物の性質
 ⑧成体脳におけるニューロン新生メカニズム
 ⑨福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動
 ⑩大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証

                                                     文責 教授・講座主任 柴田亮行
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和2年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07649)
 研究課題:mTOR複合体によるがんDNAメチル化形質の新規制御機構  (研究代表者:増井憲太)
 研究補助金:1,100,000円  (代表)
2.  令和2年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K07074)
 研究課題:成体脳の神経前駆細胞における分化誘導因子の解析  (研究代表者:新井田素子)
 研究補助金:900,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 2 2 0 2 7  0 1 0 0  2 4  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KAZAMA Miku, KATO Yoichiro*, KAKITA Akiyoshi, NOGUCHI Noriko, URANO Yasuomi, MASUI Kenta, NIIDA-KAWAGUCHI Motoko, YAMAMOTO Tomoko, WATABE Kazuhiko, KITAGAWA Kazuo, SHIBATA Noriyuki:  Astrocytes release glutamate via cystine/glutamate antiporter upregulated in response to increased oxidative stress related to sporadic amyotrophic lateral.sclerosis.  NEUROPATHOLOGY  40 :587-598 , 2020.10   DOI:doi:10.1111/neup.12716
2. HARACHI Mio, MASUI Kenta*, HONDA Hiroaki, MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, CAVENEE Webster K., MISCHEL Paul S., SHIBATA Noriyuki:  Dual Regulation of Histone Methylation by mTOR Complexes Controls Glioblastoma Tumor Cell Growth via EZH2 and SAM.  Mol Cancer Res  18 (8) :1142-1152 , 2020.8   DOI:10.1158/1541-7786.MCR-20-0024
3. WATANABE D, MORIMOTO S*, MORISHIMA N, KATO Y, NAGASHIMA Y, SHIBATA N, ICHIHARA A:  Adrenal n(pro)renin receptor expression and serum soluble (pro)renin receptor concentration in primary aldosteronism.  International journal of endocrinology.  9640103 :doi.org/10.1155/2020/9640103 , 2020   DOI:org/10.1155/2020/9640103
4. WATABE K, KATO Y, SAKUMA M, MURATA M, NIIDA-KAWAGUCHI M, TAKEMURA T, HANAGATA N, TADA M, KAKITA A, SHIBATA N:  Praja1 RING-finger E3 ubiquitin ligase suppresses neuronal cytoplasmic TDP-43 aggregate formation.  NEUROPATHOLOGY  40 :570-586 , 2020   DOI:doi:10.1111/neup.12694
総説及び解説
1. 増井憲太*:  代謝とエピジェネティクスが規定する悪性脳腫瘍の病態.  Precision Medicine  3 (11) :88(1050)-91(1053) , 2020.10
2. 増井憲太*:  悪性脳腫瘍のヒストン修飾の制御機構とその意義.  Medical Science Digest  46 (8) :34-36 , 2020.7
3. Onizuka Hiromi, Masui Kenta, Komori Takashi:  Diffuse gliomas to date and beyond 2016 WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System.  International Journal of Clinical Oncology  25 (6) :997-1003 , 2020.6   DOI:10.1007/s10147-020-01695-w
4. 佐藤えみり、山本智子、李若瑜, 王若珺, 澁谷和俊、長嶋洋治*、菊池賢、野中学:  コクシジオイデス症.  病理と臨床  38 (4) :368-370 , 2020.4
症例報告
1. 上田眞帆, 世川修, 山口隆介, 山本智子:  胎児期に生じた腸重積を契機として発症した先天性回腸閉鎖症の1例.  小児外科  53 (3) :341-344 , 2021.3
2. OGAWA Yuko*, ABE Koichiro, HATA Keisuke, YAMAMOTO Tomoko, SAKAI Shuji:  A case of pulmonary tumor embolism diagnosed with respiratory distress immediately after FDG-PET/CT scan.  Radiology case reports.  16 :718-722 , 2021.1   DOI:doi.org/10.1016/j.radcr.2021.01.015
3. Sakuma M*, Hiroi A, Yamamoto T, Sawada T, Ichihara A, Sakai S, Amano T, Kobayashi D, Shibata N, Nagashima Y:  Autopsy of malignant paraganglioma causing compressive myelopathy due to vertebral metastases.  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology  40 :632-640 , 2020.9   DOI:10.1111/neup.12690
4. Omi Yoko*, Yamamoto Tomoko, Nagashima Yoji, Abe Koichiro, Karasawa Kumiko, Tanaka Yukichi, Okamoto Takahiro:  Parathyroid carcinoma in a 13-year-old girl with a long-term survival.  Surgical case reports.  6 (145) :open access , 2020.6   DOI:10.1186/s40792-020-00914-w
5. ORIMO Mami, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, MASUI Kenta, TANAKA Junji, TAGAYA Etsuko:  A case of lymphangioleiomyomatosis with diffuse large B-cell lymphoma: Usefulness of FDG-PET.  Respiratory medicine case reports  29 :100999 , 2020   DOI:10.1016/j.rmcr.2020.100999
ページの先頭へ
■ 著書
1. 長嶋洋治、久保祐二、松尾真理、山本智子、鬼塚裕美、増井憲太、齋藤加代子:  II.ゲノム医療で診断と治療が期待される疾患 1.東京女子医科大学における病理検体を用いたゲノム医療.  臨床病理レビュー特集第164号「遺伝子解析技術の革新がもたらす臨床検査とは」  29-37.  臨床病理刊行会,  東京、日本, 2020.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎福井敦, 村垣善浩, 新田雅之, 齋藤太一, 都築俊介, 堀澤士朗, 平孝臣, 小森隆司, 増井憲太, 川俣貴一: 成人脳幹・小脳深部の腫瘍性病変に対する定位生検の有用性―単施設 28 例の報告.  第38回日本脳腫瘍学会学術集会,  広島,  2020/11
2. ◎新田雅之, 生田聡子, 丸山隆志, 齋藤太一, 都築俊介, 小森隆司, 増井憲太, 福井敦, 郡山峻一, 川俣貴一, 村垣善浩: WHO2016 分類に基づいた G2/G3 神経膠腫 397 例の遺伝子型、摘出率と治療成績.  第38回日本脳腫瘍学会学術集会,  広島,  2020/11
3. ◎増井憲太, 原地美緒, 村垣善浩, ミシェル ポール, 柴田亮行: IDH 野生型膠芽腫におけるヒストンメチル化(H3K27me3)の新規制御機構とその意義.  第38回日本脳腫瘍学会学術集会,  広島,  2020/11
4. ◎澤田達男: 脳腫瘍の細胞.  第59回日本臨床細胞学会秋期大会,  横浜,  2020/11
5. 増井憲太、千ヶ崎一代、田畑務、柴田亮行、長嶋洋治: 扁平上皮癌と腺癌成分を含んだ成熟嚢胞性奇形腫の1例.  第109回日本病理学会総会,  福岡,  2020/07
全件表示(6件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者