<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 病理学(病態神経科学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 受賞学術賞
社会における活動 学術雑誌 学会発表


教授:
   柴田 亮行
   澤田 達男
   渡部 和彦
講師:
   新井田 素子
助教:
   加藤 陽一郎
   増井 憲太
■ 概要
病理学講座(病態神経科学分野)概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患を実験動物や培養細胞で再現し、病態解明と治療戦略に役立つ情報を得ることを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

 ①筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
 ②脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究
 ③頸動脈アテローム硬化症の分子メカニズム
 ④木村病に関与するサイトカインの特定
 ⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
 ⑥脳腫瘍進展における微小循環の関与
 ⑦福山型先天性筋ジストロフィー原因遺伝子産物の性質
 ⑧成体脳におけるニューロン新生メカニズム
 ⑨福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動
 ⑩大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証

                                                     文責 教授・講座主任 柴田亮行
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  令和元年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K07649)
 研究課題:mTOR複合体によるがんDNAメチル化形質の新規制御機構  (研究代表者:増井憲太)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
2.  令和元年度文部科学省科学研究費助成事業 基盤研究(C)  (研究課題番号:18K07074)
 研究課題:成体脳の神経前駆細胞における分化誘導因子の解析  (研究代表者:新井田素子)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 受賞学術賞
1.  新井田素子 一般社団法人至誠会 令和元年度 基礎医学研究助成 渡辺慶子賞
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  柴田亮行 第108回日本病理学会総会 一般口演「神経1」 座長
2.  柴田亮行 第14回日本臨床ストレス応答学会大会 シンポジウム2「ストレス応答シグナルと疾患研究のフロンティア」座長
3.  増井憲太 第37回日本脳腫瘍病理学会 教育セミナー 「神経細胞および混合神経細胞・膠細胞腫瘍の病理」 講師
4.  増井憲太 第60回日本神経病理学会総会学術研究会 一般演題 口演 腫瘍1 座長
5.  澤田達男 第24回日本外科病理学会学術集会 一般演題6 胆道・膵 コメンテーター
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 2 1 9  0 0 0 0  9 12  3 1  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Chiba Kentaro, Aihara Yasuo, Masui Kenta, Abe Kayoko, Komori Akashi, Kawamata Takakazu:  Pulvinar locus is highly relevant to patients' outcomes in surgically resected thalamic gliomas in children.  World neurosurgery.  134 :e530-e539 , 2020.2   DOI:10.1016/j.wneu.2019.10.116
2. MASUI Kenta, HARACHI Mio, IKEGAMI Shiro, YANG Huijun, ONIZUKA Hiromi, YONG William H., CLOUGHSY Timothy F., MURAGAKI Yoshihiro, KAWAMATA Takakazu, ARAI Nobutaka, KOMORI Takashi, CAVENEE Webster K., MISCHEL Paul S., SHIBATA Noriyuki:  mTORC2 links growth factor signaling with epigenetic regulation of iron metabolism in glioblastoma.  The Journal of biological chemistry  294 (51) :19740-19751 , 2019.12   DOI:10.1074/jbc.RA119.011519
3. Niida-Kawaguchi Motoko, Kakita Akiyoshi, Noguchi Noriko, Kazama Miku, Masui Kenta, Kato Yoichiro, Yamamoto Tomoko, Sawada Tatsuo, Kitagawa Kazuo, Watabe Kazuhiko, Shibata Noriyuki*:  Soluble iron accumulation induces microglial glutamate release in the spinal cord of sporadic amyotrophic lateral sclerosis.  NEUROPATHOLOGY  :doi:10.1111/neup.12632 , 2019.11   DOI:10.1111/neup.12632
4. ARIMURA Ken, SEKINE Yasuo, HIROSHIMA Kenzo, SHIMIZU Satoru, SHIBATA Noriyuki, KONDO Mitsuko, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko:  PD-L1, FGFR1, PIK3CA, PTEN, and p16 expression in pulmonary emphysema and chronic obstructive pulmonary disease with resected lung squamous cell carcinoma.  BMC pulmonary medicine  19 (1) :169 , 2019.9   DOI:10.1186/s12890-019-0913-8
5. Blanco-Perez Frank, Kato Yoichiro, Gonzalez-Menendez Irene, Laino Lonathan, Ohbayashi Masaharu, Burggraf Manja, Krause Maren, Kirberg Jorg, Iwakura Yoichiro, Martella Manuela, Quintanilla-Martinez Leticia, Shibata Noriyuki, Vieths Stefan, Scheurer Stephan, Toda Masako:  CCR8 leads to eosinophil migration and regulates neutrophil migration in murine allergic enteritis.  Scientific Reports  9 (9608) :online , 2019.7   DOI:org/10.1038/s41598-019-45653-7
症例報告
1. Shidei Hiroaki, Maeda Hideyuki*, Isaka Tamami, Matsumoto Takako, Yamamoto Tomoko, Nagashima Yoji, Kanzaki Masato:  Mediastinal paraganglioma successfully resected by robot-assisted thoracoscopic surgery with en bloc chest wall resection: a case report.  BMC Surgery  20 (45) :1-5 , 2020.3   DOI:10.1186/s12893-020-00701-2.
2. AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, KONDO Mitsuko, KOBAYASHI Fumi, OKABAYASHI Asako, SAWADA Tatsuo, TAGAYA Etsuko:  Coexistence of diffuse panbronchiolitis and sarcoidosis revealed during splenectomy: a case report.  BMC pulmonary medicine  20 (1) :77 , 2020.3   DOI:10.1186/s12890-020-1117-y
3. ISHIZAKI Umiko, ABE Koichiro, KAMIO Takako, MASUI Kenta, SAKAI Shuji:  FDG PET/CT Findings of Ectopic Pituitary Adenoma.  Clinical nuclear medicine  45 :151-153 , 2020.2   DOI:10.1097/RLU.0000000000002887
4. Takeda Takahiro*, Iijima Mutsumi, Shimizu Yuko, Yoshizawa Hiroshi, Miyashiro Mayu, Onizuka Hiromi, Yamamoto Tomoko, Nishiyama Ayumi, Suzuki Naoki, Aoki Masashi, Shibata Noriyuki, Kitagawa Kazuo:  p.N345K mutation in TARDBP in a patient with familial amyotrophic lateral sclerosis: An autopsy case.  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology  39 (4) :286-293 , 2019.8   DOI:10.111/neup.12559
5. Aoshima Hiroe*, Isaka Tamami, Yamamoto Tomoko, Kanzaki Masato:  Trans-subxiphoid robot-assisted thoracoscopic surgery for resecting multiple thymomas: a case report.  Video-Assisted Thoracic Surgery  4 (14) :1-5 , 2019.6   DOI:10.21037/vats.2019.06.01
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎増井憲太, 金村米博: Diffuse midline glioma(H3K27M-mutant)における代謝経路の再構成.  第47回日本小児神経外科学会,  新潟,  2019/06
2. ◎鬼塚裕美, 山本智子, 板垣裕子, 廣井敦子, 菅野俊幸, 秋澤叔香, 中林章, 長嶋洋治: Nephroblastoma 成分が播種した、卵巣成熟奇形腫の一例.  第108回日本病理学会総会,  東京,  2019/05
3. ◎新井田素子, 渡部和彦, 山本智子, 加藤陽一郎, 柴田亮行: 筋委縮性硬化症(ALS)におけるアストロサイト増殖性に関する検討.  第108回日本病理学会総会,  東京,  2019/05
4. ◎増井憲太, 山本智子, 高木敏男, 近藤恒徳, 柴田亮行, 長嶋洋治: 基礎疾患のない男性に発生した腎 mixed epithelial and stromal tumor(MEST) の1例.  第108回日本病理学会総会,  東京,  2019/05
5. ◎関康史, 山下薫, 石田和也, 佐々木信和, 谷田部緑, 渡辺大輔, 谷田部淳一, 増井憲太, 小森隆司, 天野耕作, 川俣貴一, 市原淳弘: TSH産生下垂体腺腫に対するオクトレオチド負荷試験の意義を検討した1例.  第30回日本間脳下垂体腫瘍学会,  東京,  2020/02
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者