<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 病理学(人体病理学・病態神経科学分野)
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 学会発表


教授:
   澤田 達男
   渡部 和彦
准教授:
   増井 憲太
講師:
   新井田 素子
助教:
   加藤 陽一郎
   岡村 幸宜
   村上 久美子
■ 概要
病理学(人体病理学・病態神経科学分野)概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患を実験動物や培養細胞で再現し、病態解明と治療戦略に役立つ情報を得ることを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

 ①筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
 ②脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究
 ③頸動脈アテローム硬化症の分子メカニズム
 ④木村病に関与するサイトカインの特定
 ⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
 ⑥脳腫瘍進展における微小循環の関与
 ⑦福山型先天性筋ジストロフィー原因遺伝子産物の性質
 ⑧成体脳におけるニューロン新生メカニズム
 ⑨福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動
 ⑩大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証

                                                     文責 教授・基幹分野長 柴田亮行
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  増井憲太 第40回日本脳腫瘍病理学会学術集会 ポスターセッション1 座長
2.  増井憲太 第40回日本脳腫瘍病理学会学術集会 臨床病理検討会7 指定討論者
3.  増井憲太 第63回日本神経病理学会総会学術研究会 一般演題(口演):「発達障害、てんかん」 座長
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  3 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. MIURA Hiroyuki*, MIURA Jun, GOTO Shinichi, YAMAMOTO Tomoko:  Ovarian serous carcinoma in which mediastinal recurrence of the cancer was resected 16 years after surgery: A case report.  Respirology case reports.  :2022;10:e0988 , 2022.5   DOI:10.1002/rcr2.988
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎岡村幸宜, 津久井亮太, 山本智子, 渡部和彦, 柴田亮行: 培養アストロサイトにおけるfukutinの新規機能.  第63回日本神経病理学会総会学術研究会,  京都,  2022/06
2. ◎増井憲太, 新田雅之, 村垣善浩, 川俣貴一, 里見介史, 松下裕子, 吉田朗彦, 市村幸一, 小森隆司: Pilocytic astrocytoma 治療後29年の経過で発生した放射線誘発性グリオーマの一例.  第63回日本神経病理学会総会学術研究会,  京都,  2022/06
3. 増井憲太◎、山本智子、星野あつみ、長嶋洋治 、柴田亮行: COVID-19 感染症を併発した Klippel-Trenaunay-Weber 症候群の 1 剖検例.  第111回日本病理学会総会,  神戸,  2022/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者