<<< 前 2012年度 2013年度 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 次 >>>
 感染症科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   菊池 賢
講師:
   平井 由児
助教:
   相野田 祐介
   田子 さやか
   藤田 崇宏
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約2500件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
血液培養の多施設研究やHIV感染症における多施設研究に参加しています。
また、私立大学協議会主導の多施設研究調査にも参加しています。
他、臨床研究を中心とした研究や、臨床微生物・臨床薬理学的な研究も行っており、国際学会を含む学会発表・論文発表も行っています。

教育
毎月初期研修医を2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては4年生の感染症学の講義のほか、学生実習にて感染症学の指導も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ Keywords
レンサ球菌 ブドウ球菌 病原性 分子疫学 薬剤耐性 感染性心内膜炎 深在性真菌症 感染症診断
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省研究 基盤C  (研究課題番号:24590536)
 研究課題:原発性胆汁性肝硬変等慢性炎症性疾患に関与するレンサ球菌のゲノムと病原因子解析  (研究代表者:菊池 賢)
 研究補助金:4,200,000円  (代表)
2.  公益財団法人日本心臓血圧研究振興会榊原記念病院臨床研究助成
 研究課題:本邦の抗菌薬事情に即した感染性心内膜炎由来レンサ球菌、メチシリン感受性ブドウ球菌に対する抗菌薬感受性調査研究  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:500,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 特許
1.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法  ―37324285  (2005/10/21登録)
2.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法(米国特許)  ―2458101  (2008/04/29登録)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  菊池 賢 :American Society for Microbiology, Online mentor
2.  菊池 賢 :Microbial Drug Resistance, Editor
3.  菊池 賢 :日本医真菌学会・編集委員
4.  菊池 賢 :日本化学療法学会 評議員
5.  菊池 賢 :日本感染症学会・評議員
6.  菊池 賢 :日本感染症学会東日本地方会・理事
7.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・評議員
8.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・理事
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 4 3 1 1 8  0 4 0 0  8 10  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ishida Sakura, Tien Le Hong Thuy, Osawa Ro, Tohya Mari, Nomoto Ryohei, Kawamura Yoshiaki, Takahashi Tatsuhumi, Kikuchi Naoya, Kikuchi Ken, Sekizaki Tsutomu:  Development of an appropriate PCR system for the reclassification of Streptococcus suis.  Journal of microbiological methods  107 :66-70 , 2014.12
2. Izumi Kentaro, Osada Taro, Sakamoto Naoto, Kodani Tomohiro, Higashihara Yoshie, Ritsuno Hideaki, Shibuya Tomoyoshi, Nagahara Akihito, Ogihara Tatsuo, Kikuchi Ken, Watanabe Sumio:  Frequent occurrence of fever in patients who have undergone endoscopic submucosal dissection for colorectal tumor, but bacteremia is not a significant cause.  Surgical endoscopy  28 (10) :2899-904 , 2014.10
3. Hirotsu Mikio, Shiozawa Akihito, Ono Noritsugu, Miwa Masato, Kikuchi Ken, Ikeda Katsuhisa:  Fungal extracts detected in eosinophilic chronic rhinosinusitis induced cytokines from the nasal polyp cells.  The Laryngoscope  124 (9) :E347-53 , 2014.9
4. Tabata Atsushi, Sato Yuji, Maya Kentaro, Nakano Kota, Kikuchi Ken, Whiley Robert A, Ohkura Kazuto, Tomoyasu Toshifumi, Nagamune Hideaki:  A streptolysin S homologue is essential for β-haemolytic Streptococcus constellatus subsp. constellatus cytotoxicity.  Microbiology (Reading, England)  160 (Pt 5) :980-91 , 2014.5
5. Nakao Akihiro, Hisata Ken, Matsunaga Nobuaki, Fujimori Makoto, Yoshikawa Naomi, Komatsu Mitsutaka, Kikuchi Ken, Takahashi Hiroshi, Shimizu Toshiaki:  The clinical utility of a near patient care rapid microarray-based diagnostic test for influenza and respiratory syncytial virus infections in the pediatric setting.  Diagnostic microbiology and infectious disease  78 (4) :363-7 , 2014.4
6. Tojo Masayoshi, Fujita Takahiro, Ainoda Yusuke, Nagamatsu Maki, Hayakawa Kayoko, Mezaki Kazuhisa, Sakurai Aki, Masui Yoshinori, Yazaki Hirohisa, Takahashi Hiroshi, Miyoshi-Akiyama Tohru, Totsuka Kyoichi, Kirikae Teruo, Ohmagari Norio:  Evaluation of an Automated Rapid Diagnostic Assay for Detection of Gram-Negative Bacteria and Their Drug-Resistance Genes in Positive Blood Cultures.  PLoS ONE  9 (4) :e94064 , 2014.4
7. Kishii K, Kikuchi K, Matsuda N, Yoshida A, Okuzumi K, Uetera Y, Yasuhara H, Moriya K:  Evaluation of matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry for species identification of Acinetobacter strains isolated from blood cultures.  Clinical Microbiology Infection  20 :424-430 , 2014
総説及び解説
1. 相野田祐介:  症例にみる抗菌薬適正使用の実際.  看護技術  61 (3) :57-64 , 2015.2
2. 藤田崇宏:  【高齢者の感染症はこう診る-外来・病棟から在宅まで】 診療の場ごとの感染症への対応 長期療養型施設における感染症への対応.  内科  114 (5) :799 , 2014.11
3. 藤田崇宏:  【疾患の全体像「ゲシュタルト」をとらえる 感染症の診断術 臨床像の核心とその周辺がみえてくる!】 (第1章)Common/Criticalな疾患 軟部組織感染症のゲシュタルト 蜂窩織炎から壊死性筋膜炎まで.  レジデントノート  16 (2) :287 , 2014.4
症例報告
1. 村瀬 享子, 野田 一成, 大滝 美浩, 安田 順一, 小田 智三, 横沢 隆行, 菊池 賢:  Oligella urethralisによる尿路感染症に続発した菌血症の1例.  感染症学雑誌  89 (2) :274-278 , 2015.3
2. Asahata Sayaka, Hirai Yuji, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Okada Yumiko, Kikuchi Ken:  Fournier's gangrene caused by Listeria monocytogenes as the primary organism.  The Canadian journal of infectious diseases & medical microbiology  26 (1) :44-6 , 2015.1
3. 酒匂 伸一郎, 大塚 正之, 菊池 賢:  喀痰から百日咳菌が分離された高齢者百日咳の1症例.  呼吸  33 (10) :1048-1052 , 2014.10
4. Kawasaki Yu, Matsubara Kousaku, Ishihara Haruko, Nigami Hiroyuki, Iwata Aya, Kawaguchi Koji, Fukaya Takashi, Kawamura Yoshiaki, Kikuchi Ken:  Corynebacterium propinquum as the first cause of infective endocarditis in childhood.  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  20 (5) :317-9 , 2014.5
その他
1. 笠原敬, 藤田崇宏:  第3世代以降のセファロスポリン系薬選択の根拠.  日本医事新報  (4720) :57-58 , 2014.10
2. 藤田崇宏, 脇坂達郎:  MSSA菌血症の治療.  日本医事新報  (4708) :62-63 , 2014.7
3. 菊池 賢:  感染症四方山話 (7) Geomedical science.  The Chemical Times  231 :3-6 , 2014
4. 菊池 賢:  感染症四方山話(8)感染症医のあり方.  The Chemical Times  232 :19-23 , 2014
5. 菊池 賢:  感染症四方山話(9)家庭でできる微生物実験 その2.  The Chemical Times  233 :18-23 , 2014
ページの先頭へ
■ 著書
1. 相野田祐介:  「急性HIV症候群」の診断と初期治療のピットフォール.  メディカル朝日  23-5.  朝日新聞社,  東京、日本, 2014.10
2. 菊池賢, 相野田祐介, 田子さやか, 平井由児, 藤田崇宏:    日本語版サンフォード感染症治療ガイド2014 44  1.  ライフサイエンス出版,  日本, 2014.7
3. 藤田崇宏:  ST合剤.  “実践的"抗菌薬の選び方・使い方  203-208.  医学書院,  日本, 2014.6
4. 相野田祐介:  HIV/AIDSの周辺疾患~特に急性HIV症候群を見逃さない.  レジデントノート 増刊  229-37.  羊土社,  東京、日本, 2014.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Fujita Takahiro, Tago Sayaka, Ainoda Yusuke, Hirai Yuji, Goto Aeko, Kikuchi Ken: Clinical Characteristics and Epidemiology of Bacteremia Caused by Non-faecalis/faecium Enterococcus Species.  54th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy,  Boston, USA,  2014/09
2. ◎Hirai Yuji, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Goto Aeko, TOTSUKA Kyoichi: Epidemiology of Fungal Organisms Isolated From 5923 Otorrhea samples,
A Case Control Study : Are Candida Species Infective Organisms?.  24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID),  Barcelona, Spain,  2014/05
3. ◎Hirai Yuji, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, TOTSUKA Kyoichi: CANDIDEMIA DIAGNOSED FROM PERIPHERAL BLOOD SMEAR ; REVIEW OF LITERATURE AND ANALYSES OF 36 CASES FROM 1954 TO 2012.  24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID),  Barcelona, Spain,  2014/05
4. ◎Ainoda Yusuke, Asahata Sayaka, Fujita Takahiro, Hirai Yuji, Totsuka Kyoichi: Factors associated with 90-day mortality in patients with Staphylococcus lugdunensis bacteraemia in Japan: A case-control.  24rd European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID),  Barcelona, Spain,  2014/05
5. ◎眞屋 健太朗, 田端 厚之, 大倉 一人, 菊池 賢, 友安 俊文, 長宗 秀明: S.anginosus subsp.whileyiおよびS.constellatus subsp.viborgensisが保有するβ溶血因子の特性解析.  第88回日本細菌学会総会,  岐阜,  2015/03
6. ◎菊池 賢: 感染制御の視点で耐性菌を再考する MRSAの進化から考える次なる感染制御への戦略.  第30回日本環境感染学会,  神戸,  2015/02
7. ◎菊池 賢: MSSAを見直す 抗MSSA薬の再評価.  第26回日本臨床微生物学会総会,  東京,  2015/02
8. ◎岸井 こずゑ, 菊池 賢, 吉田 敦, 奥住 捷子, 森屋 恭爾: 多剤耐性菌の蔓延が危惧されるAcinetobacter属菌の分子疫学解析ならびに同定の新基準確立に関する研究.  第30回日本環境感染学会,  神戸,  2015/02
9. ◎鈴木 宏美, 高橋 照乃, 荒木田 真子, 浅葉 季子, 岩本 律子, 平工 加奈子, 大友 陽子, 菊池 賢: 手術部看護師針刺し発生ゼロの取組み.  第30回日本環境感染学会,  神戸,  2015/02
10. ◎菊池 賢, 米山 彰子: 微生物+薬剤耐性遺伝子の同時検出による迅速診断 敗血症におけるグラム陽性菌+薬剤耐性遺伝子検出パネル(Verigene BC-GP assay)の評価.  第26回日本臨床微生物学会総会,  東京,  2015/01
全件表示(22件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者