<<< 前 2010年度 2011年度 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 次 >>>
 感染症科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   戸塚 恭一
助教:
   平井 由児
   藤田 崇宏
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 6 3 3 3 0  0 6 0 0  5 3  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 小西寿子, 後藤亜江子, 平井由児, 相野田祐介, 藤田崇宏, 木村利美, 戸塚恭一*:  抗菌薬および手指消毒薬使用量とMRSA分離率の検討.  日本化学療法学会雑誌  61 (2) :162-70 , 2013.3
2. HiraiYuji:  高用量抗菌薬をどう使いこなすか 高用量で挑む感染症治療の実際③ 敗血症.  感染と抗菌薬  15 (4) :373-382 , 2012.12
3. Ainoda Yusuke, Hirai Yuji, Fujita Takahiro, Isoda Noriko, Totsuka Kyoichi:  Analysis of clinical features of non-HIV Pneumocystis jirovecii
pneumonia.  Journal of Infection and Chemotherapy  18 (5) :722-8 , 2012.10
総説及び解説
1. 浅畑さやか, 相野田祐介*:  血液培養時の皮膚消毒方法.  内科  111 (3) :540-7 , 2013.3
2. 浅畑さやか, 相野田祐介*:  Q&A形式Case Study.  HIV感染症とAIDSの治療  3 (2) :54-66 , 2012.12
3. 相野田祐介, 戸塚恭一*:  NON-HIV Pneumocystis jirovecii肺炎(PCP)の予防と治療におけるatovaquoneの有用性と限界.  血液内科  65 (5) :699-702 , 2012.11
4. 相野田祐介:  HIV感染症.  medicina  49 (10) :1766-8 , 2012.10
5. 浅畑さやか, 相野田祐介*:  皮膚軟部組織感染症の診療.  内科  110 (4) :567-71 , 2012.10
6. 相野田祐介:  外来診療で使用する抗菌薬と適正使用.  日本医師会雑誌  141 (5) :991-6 , 2012.8
7. 平井由児*:  バンコマイシン:Review and Prospect.  臨床薬理  43 (4) :215-211 , 2012.7
8. 藤田崇宏:  [知っておきたい、見落としやすい、危険な感染症] 劇症型G群溶血性連鎖球菌感染症.  救急医学  36 (5) :615-617 , 2012.5
症例報告
1. Ainoda Yusuke, Moriyama Takahito, Nitta Kosaku, Totsuka Kyoichi*:  Rash in meningococcemia.  Internal Medicine  51 (16) :2255 , 2012.8
2. Hirai Yuji*, Akihiko Yamamoto, Yaguchi Arino, TOTSUKA Kyoichi:  Lockjaw occurring after attending a small kitchen garden.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  51 (20) :2991 , 2012.8
その他
1. 大曲貴夫, 松永直久, 吉藤歩:  【症候から学ぶ感染症診療と抗菌薬治療】 日常診療の中でいかに感染症を想起して的確に診断するか.  内科  110 (4) :621-631 , 2012.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 相野田祐介:  誤嚥性肺炎.  今日の臨床サポート  1-.  エルゼビアジャパン,  日本, 2013.3
2. 藤田崇宏:  7 発熱と皮疹.  不明熱を減らすための[外来発熱診療ガイド]-症候別の診かた・考えかた-  70-79.  丸善出版,  東京, 日本, 2012.8
3. 相野田祐介, 浅畑さやか, 藤田崇宏, 平井由児, 戸塚恭一:  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2012.  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2012  12-.  ライフサイエンス出版,  東京, 日本, 2012.7
4. 藤田崇宏:  固形悪性腫瘍における重症・難治性感染症.  臨床感染症ブックレット7  88-93.  文光堂,  東京, 日本, 2012.7
5. 相野田祐介:  便培養.  感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making  125-8.  文光堂,  東京, 日本, 2012.4
6. 平井由児:  ヘルペスウイルス.  感度と特異度からひもとく感染症診療のDecision Making  339.  文光堂,  東京, 2012.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Yuji Hirai, Sayaka Asahata, Yusuke Ainoda, Takahiro Fujita, TOSHIKO KONISHI, Kenji Okada, TOTSUKA Kyoichi: Defined Daily Dose of micafungin per 1000 patient day didn't affect incidence of Candida parapsilosis candidemia at tertiary hospital in Japan.  Interscience Conferance on Antimicrobial Agents and Chemotherapy,  San Francisco, USA,  2012/09
2. 佐藤加奈子、早乙女由美子、平間茜、平井由児: 清拭用おしぼり由来が疑われたB.cereus血流感染事例の調査について.  日本環境感染学会総会,  パシフィコ横浜,  2013/02
3. ◎平井由児: バンコマイシン Look back, Look forward.  第33回日本臨床薬理学会学術総会,  浜松,  2012/11
4. ◎浅畑さやか, 相野田祐介, 藤田崇宏, 平井由児, 岡野江美, 竹内香織, 戸塚恭一: 感染症科の病床を持たずにHIV感染症を診ること 他科におけるHIV患者の入院を中心とした検討 1999~2012年.  第26回日本エイズ学会学術集会・総会,  横浜, 日本,  2012/11
5. ◎相野田祐介: 免疫不全とPCP.  日本臨床微生物学会,  東京, 日本,  2012/09
6. ◎テインイエ, 安並毅, 石森紀子, 近藤年昭, 吉永健太郎, 森直樹, 山田修, 戸塚恭一, 寺村正尚, 泉二登志子: 当院に於ける後天性血友病.  第109回日本内科学会講演会,  京都,  2012/04
7. ◎平井由児, 浅畑さやか, 相野田祐介, 藤田崇宏, 戸塚恭一: Candidemiaと抗真菌薬処方量についての観察.  日本化学療法学会,  長崎,  2012/04
8. ◎相野田祐介, 浅畑さやか, 藤田崇宏, 平井由児, 戸塚恭一: Staphylococcus lugdunensis菌血症患者の背景と合併症.  日本感染症学会,  長崎,  2012/04
9. ◎藤田崇宏, 浅畑さやか, 相野田祐介, 平井由児, 戸塚恭一: 大学病院におけるクオンティフェロン陰性結核症例の検討.  日本感染症学会,  長崎,  2012/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者