<<< 前 2011年度 2012年度 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 次 >>>
 感染症科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   戸塚 恭一
講師:
   平井 由児
助教:
   相野田 祐介
   藤田 崇宏
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約2500件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
血液培養の多施設研究やHIV感染症における多施設研究に参加しています。
また、私立大学協議会主導の多施設研究調査にも参加しています。
他、臨床研究を中心とした研究や、臨床微生物・臨床薬理学的な研究も行っており、国際学会を含む学会発表・論文発表も行っています。

教育
毎月初期研修医を2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては4年生の感染症学の講義のほか、学生実習にて感染症学の指導も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ Keywords
感染症, コンサルテーション, 院内感染対策, 血液培養, HIV診療
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  相野田祐介 :日本感染症学会 評議員
2.  相野田祐介 :日本感染症学会・日本化学療法学会 感染症ガイド・ガイドライン作成委員
3.  藤田崇宏 :日本臨床微生物学会 感染症学セミナーWG委員
4.  平井由児 :日本感染症学会 評議員
5.  平井由児 :日本化学療法学会 評議員
6.  戸塚恭一 :日本臨床微生物学会 理事長
7.  戸塚恭一 :日本感染症学会 評議員
8.  戸塚恭一 :日本化学療法学会 評議員
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第61回日本化学療法学会総会  (学会長 戸塚恭一教授 : 日本化学療法学会 )  ,横浜  2013/06
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 6 3 3 3  0 7 0 0  0 8  6 5  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Shoji Takayo*, Hirai Yuji, Osawa Makiko, Totsuka Kyoichi:  Cefazolin therapy for methicillin-susceptible Staphylococcus aureus bacteremia in Japan.  Journal of Infection and Chemotherapy  20 (3) :175-180 , 2014.3
2. FUJITA Takahiro, ENDO Masahiro, GU Yoshiaki, SATO Tomoaki, OHMAGARI Norio:  Mycobacterium tuberculosis infection in cancer patients at a tertiary care cancer center in Japan.  Journal of infection and chemotherapy  20 (3) :213 , 2014.3
3. Hirai Yuji*, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Goto Aeko, Fujita Takahiro, TOTSUKA Kyoichi:  Nosocomial Candida parapsilosis candidemia: risk factors, antifungal susceptibility and outcome.  The Journal of hospital infection  87 :54-58 , 2014.3
4. Kishii Kozue, Kikuchi Ken, Yoshida Atsushi, Okuzumi Katsuko, Uetera Yushi, Yasuhara Hiroshi, Moriya Kyoji:  Antimicrobial susceptibility profile of Acinetobacter species isolated from blood cultures in two Japanese university hospitals.  Microbiology and immunology  58 (2) :142-6 , 2014.2
5. HiraiYuji:  症例から学ぶ感染症セミナーNo. 8 : Rhodotorula mucilaginosaによるカテーテル関連血流感染症.  日本感染症学雑誌  87 (suppl) :1-9 , 2013.6
総説及び解説
1. 藤田崇宏:  【感染症の検査結果を使いこなす 抗菌薬適正使用のための実践活用ガイド】 検査について学ぶ前に押さえておきたいキホン! Decision makingにおける検査特性の考え方.  薬局  65 (2) :185 , 2014.2
2. 藤田崇宏:  【医療関連感染症 起こさないためにどうするか? 起きてしまったらどうするか?】 医療関連感染症の主要な疾患 人工物の感染症.  内科  112 (5) :925-929 , 2013.11
3. 藤田崇宏:  【"実践的"抗菌薬の使い方-その本質を理解する】 薬剤同士の"違い=個別性"を理解して実践的な使い分けを習得する ST合剤.  Medicina  50 (7) :1262-1265 , 2013.7
4. 藤田崇宏:  【検査値を読む2013】 感染症検査 一般細菌感染症検査 グラム陰性菌感染症検査 Clostridium difficile抗原・トキシン検出検査.  内科  111 (6) :1464 , 2013.6
5. 藤田崇宏:  【検査値を読む2013】 感染症検査 リケッチア感染症検査 ツツガムシ病抗体.  内科  111 (6) :1484 , 2013.6
症例報告
1. Hirai Yuji*, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, FUjita Takahiro, KAWASHIMA MAKOTO, TOTSUKA Kyoichi:  Truncal rash in adult measles.  International journal of infectious diseases : IJID : official publication of the International Society for Infectious Diseases  20 :80-81 , 2014.3
2. Ogawa Yukari, Saraya Takeshi, Koide Takashi, Kikuchi Ken, Ohkuma Kosuke, Araki Koji, Makino Hiroshi, Yonetani Shota, Takizawa Hajime, Goto Hajime:  Methicillin-resistant Staphylococcus aureus enterocolitis sequentially complicated with septic arthritis: a case report and review of the literature.  BMC research notes  7 :21 , 2014.1
3. 後藤亜江子, 鶴岡直樹, 三浦ひとみ, 浅畑さやか, 相野田祐介, 藤田崇宏, 平井由児, 戸塚恭一*:  都市部汚水曝露が原因となったAeromonas hydrophilaによる皮膚軟部組織感染症の1例.  日本臨床微生物学雑誌  23 (2) :102-6 , 2013.6
4. 平井由児, 菊池賢, 杉田隆, 池田玲子, 後藤亜江子, 鶴岡直樹, 澤田達男, 大貫恭正, 玉置淳, 戸塚恭一, 泉二登志子:  同時に莢膜産生性の異なる2種類のC.neoformansが検出された肺クリプトコッカス症.  東京女子医科大学雑誌  83 :E463-468 , 2013.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. Hirai Yuji:  ニューモシスチス肺炎のすべて.  ニューモシスチス肺炎のすべて  181-187.  克誠堂出版,  日本, 2014.3
2. 藤田崇宏:  軟部組織感染症.  感染症診療の手引き: 正しい感染症診療と抗菌薬適正使用を目指して  46.  シーニュ社,  日本, 2013.12
3. 藤田崇宏:  蜂窩織炎、皮膚軟部組織感染症.  本当に使える! 抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック〜具体的な処方例から代替薬、フォローアップ、効果がなかった場合の対応まで  238-249.  羊土社,  日本, 2013.10
4. HiraiYuji:  感染性心内膜炎.  本当に使える!抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック  286-299.  羊土社,  日本, 2013.10
5. 相野田祐介:  標準予防策.  臨床感染症ブックレット8  2-7.  文光堂,  東京、日本, 2013.9
6. 相野田祐介:  オキサゾリジノン系抗菌薬.  抗菌薬の選び方・使い方ハンドブック  150-2.  羊土社,  東京、日本, 2013.9
7. 相野田祐介, 浅畑さやか, 平井由児, 藤田崇宏, 戸塚恭一:    日本語版サンフォード感染症治療ガイド2013  1-.  ライフ・サイエンス出版,  東京、日本, 2013.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hirai Yuji, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, TOTSUKA Kyoichi: Candidemia following Cardio-Vascular Surgery within 180days ; Aortic Aneurysm Surgery may be the risk factor.  Trends In Medical Mycology-6, Copenhagen,  Copenhagen, Denmark,  2013/11
2. ◎Hirai Y, Asahata S, Ainoda Y, Fujita T, Totsuka K: Clinical epidemiology of Edwardsiella tarda bacteremia ; Review of the Literature and Analysis of 49 case reports from 1968 to 2012.  IDweek2013,  Sanfrancisco, USA,  2013/10
3. Masayoshi Tojo, Fujita Takahiro, Ainoda Yusuke, Nagamatsu Maki, Hayakawa Kayoko, Mezaki Kazuhisa, Sakurai Aki, Masui Yoshinori, Yazaki Hirohisa, Takahashi Hiroshi, Miyoshi-Akiyama Tohru, Totsuka Kyoichi, Kirikae Teruo, Ohmagari Norio: Evaluation Of Microarray Based Rapid Diagnostic Test For Direct Identification Of Gram-Negative Bacteria And Resistance Genes From Positive Blood Cultures.  53rd Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy,  Denver, USA,  2013/09
4. Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Hirai Yuji, TOTSUKA Kyoichi: Investigation of Haemophilus influenzae and H.parainfluenzae bacteriuria.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  Yokohama, Japan,  2013/06
5. Daigo Futaba, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Hirai Yuji, Kotani Toru, Ozaki Makoto, TOTSUKA Kyoichi: Can outcomes of blood culture-positive intensive care unit (ICU) patients be predicted based on pathogenic bacteria?.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  Yokohama, Japan,  2013/06
6. Fujita Takahiro, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Hirai Yuji, TOTSUKA Kyoichi: Antimicrobial co-resistance among Enterobacteriaceae resistant or susceptible to thirdgeneration cephalosporins.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  Yokohama, Japan,  2013/06
7. Hirai Yuji, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, TOTSUKA Kyoichi: Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus from patients with Blood Stream Infections ; MIC creep for Glycopeptides and Arbekacin.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  Yokohama, Japan,  2013/06
8. ◎Yusuke Ainoda, Sayaka Asahata, Takahiro Fujita, Yuji Hirai, Kyoichi Totsuka: Evaluation of Susceptibility to Oxacillin and Prognosis in Patients with S. lugdunensis Bacteremia.  28th International Congress of Chemotherapy and Infection,  Yokohama, Japan,  2013/06
9. Y. Hirai , S. Asahata, Y. Ainoda, T. Fujita, T Konishi, A. Goto, T. Kimura, K. Totsuka: Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus from patients with Blood Stream Infections ; MIC creep for Glycopeptides and Arbekacin.  28th International Congress of Chemotheapy and Infection,  Yokohama Japan,  2013/06
10. Yusuke Ainoda: Study of weighting of the scoring criteria for group A β-haemolytic streptococcal pharyngitis in adults.  23rd European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID),  Berlin, Germany,  2013/04
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者