<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 感染症科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   菊池 賢
講師:
   平井 由児
助教:
   相野田 祐介
   井口 成一
   田子 さやか
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約2500件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
血液培養の多施設研究やHIV感染症における多施設研究に参加しています。
また、私立大学協議会主導の多施設研究調査にも参加しています。
他、臨床研究を中心とした研究や、臨床微生物・臨床薬理学的な研究も行っており、国際学会を含む学会発表・論文発表も行っています。

教育
毎月初期研修医を2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては4年生の感染症学の講義のほか、学生実習にて感染症学の指導も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ Keywords
レンサ球菌 ブドウ球菌 病原性 分子疫学 薬剤耐性 感染性心内膜炎 深在性真菌症 感染症診断
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省研究 基盤C  (研究課題番号:24590536)
 研究課題:原発性胆汁性肝硬変等慢性炎症性疾患に関与するレンサ球菌のゲノムと病原因子解析  (研究代表者:菊池 賢)
 研究補助金:4,200,000円  (代表)
2.  公益財団法人日本心臓血圧研究振興会榊原記念病院研究助成  (研究課題番号:H-1-2015)
 研究課題:循環器領域のメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(MSSA)感染症の治療法の確立  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:500,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 特許
1.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法  ―37324285  (2005/10/21登録)
2.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法(米国特許)  ―2458101  (2008/04/29登録)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  菊池 賢 :American Society for Microbiology Online mentor
2.  菊池 賢 :Microbial Drug Resistance Editor
3.  菊池 賢 :レンサ球菌研究会・世話人
4.  菊池 賢 :日本医真菌学会・編集委員
5.  菊池 賢 :日本感染症学会・評議員
6.  菊池 賢 :日本感染症学会東日本地方会・理事
7.  菊池 賢 :日本細菌学会 Microbiology and Immunology 副編集長
8.  菊池 賢 :日本細菌学会・用語委員
9.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・診療報酬委員会・副委員長
10.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・評議員
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 4 1 4 4 3  0 1 0 0  2 5  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Mizutani T, Iguchi S, Hiramatsu K, Kikuchi K:  A problem of species determination using housekeeping genes in the Streptococcus anginosus group.  Juntendo Medical Journal  61 :608-616 , 2016.3
2. Tago Sayaka, Hirai Yuji, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Kikuchi Ken:  Gram-negative rod bacteremia after cardiovascular surgery: Clinical features and prognostic factors.  Journal of microbiology, immunology, and infection = Wei mian yu gan ran za zhi  :00814 , 2015.8
3. Soki Hironobu, Abo Kazushige, Yamazaki Kenichiro, Kojima Takayoshi, Oda Toshimi, Uzawa Yutaka, Kikuchi Ken:  First Report of Intraorbital Abscess Caused by Candida allociferrii and Specific PCR for Differentiating Stephanoascus ciferrii Complex Species.  Medical mycology journal  56 (2) :E9-14 , 2015
総説及び解説
1. 井口 成一, 菊池 賢:  【かぜ症候群のトータルマネジメント-日常診療から増悪時の対処法まで】 かぜ症候群の病態と抗菌薬の使い方 溶連菌感染症 劇症型への対応を含めて.  感染と抗菌薬  18 (4) :353-359 , 2015.12
2. 菊池 賢:  口腔細菌と自己免疫疾患.  Bioindustry  32 :20-24 , 2015
3. 菊池 賢:  感染症:最近の動向.  Cefiro  22 :1-2 , 2015
症例報告
1. 田子 さやか[浅畑], 平井 由児, 相野田 祐介, 藤田 崇宏, 村長 保憲, 亀井 克彦, 若山 恵, 渋谷 和俊, 菊池 賢:  メキシコ渡航中に感染したと推定される肺ヒストプラスマ症の男性と配偶者への対応.  感染症学雑誌  90 (1) :83-87 , 2016.1
2. Hirai Yuji, Asahata-Tago Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Kikuchi Ken:  Edwardsiella tarda bacteremia. A rare but fatal water- and foodborne infection: Review of the literature and clinical cases from a single centre.  The Canadian journal of infectious diseases & medical microbiology  26 (6) :313-8 , 2015.11
3. Tago Sayaka, Hirai Yuji, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Takamori Mikio, Kikuchi Ken:  Perianal tuberculosis: A case report and review of the literature.  World journal of clinical cases  3 (9) :848-52 , 2015.9
4. Takahashi Nobuhiro, Shinjoh Masayoshi, Tomita Hirofumi, Fujino Akihiro, Sugita Kayoko, Katohno Yasuhiro, Kuroda Tatsuo, Kikuchi Ken:  Catheter-related blood stream infection caused by Dermacoccus barathri, representing the first case of Dermacoccus infection in humans.  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  21 (8) :613-6 , 2015.8
5. Hirai Yuji, Asahata Sayaka, Ainoda Yusuke, Fujita Takahiro, Miura Hitomi, Hizuka Naomi, Kikuchi Ken:  Candidemia Diagnosed from Peripheral Blood Smear: Case Report and Review of Literature 1954-2013.  Mycopathologia  180 (1-2) :111-6 , 2015.8
6. Saraya T, Kikuchi K, Araki K, Uehera Y, Makino H, Tamura M, Hirukawa I, Honda K, Yokoyama T, Kurai D, Ishii H, Fujiwara M, Takizawa H, Koto H.:  Reversed halo sign caused by huge tricuspid native valve infective endocarditis associated with community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus.  Journal of Medical Microbiology Case Reports  jmmcr0.0001628 :1-6 , 2015
その他
1. 菊池 賢:  感染症四方山話(10)感染症研究との出会い.  The Chemical Times  237 :2-7 , 2015
2. Honda Hitoshi, S Heist Brian, Kikuchi Ken:  Deep-seated mycosis.  Medical mycology journal  56 (3) :E21-2 , 2015
ページの先頭へ
■ 著書
1. 菊池 賢、平井由児、田子さやか、井口成一:  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2015.  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2015  1.  ライフサイエンス出版,  東京, 2015
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎菊池 賢: 常在菌と病原菌の狭間 感染性心内膜炎を起こす"常在菌" 常在菌叢と感染創由来の菌の違い.  第89回日本細菌学会総会,  大阪,  2016/03
2. ◎佐藤 祐介, 鐘司 光貴, 渡邊 真弥, 菊池 賢, 平松 啓一, 崔 龍洙: グリコペプチド耐性Staphylococcus capitisのゲノム解析.  第89回日本細菌学会総会,  大阪,  2016/03
3. ◎菊地 まゆ, 菊池 賢, 南 梓, 鈴木 秀明, 並木 みずほ, 矢口 有乃: 意識障害で受診した非HIV感染者における梅毒と単純ヘルペスウイルスの混合感染の一例.  第66回日本救急医学会関東地方会,  東京,  2016/02
4. ◎岸井 こずゑ, 菊池 賢, 富田 純子, 河村 好章, 吉田 敦, 奥住 捷子, 森屋 恭爾: "close to 13 TU"菌血症を引き起こしたAcinetobacter seifertiiの同定解析.  第27回日本臨床微生物学会総会,  仙台,  2016/01
5. ◎竹澤 理子, 菊池 賢, 鵜澤 豊, 井口 成一, 田子 さやか, 梅村 純, 高梨 秀一郎, 手賀 みちる, 三坂 香織: MSSA感染症に対する抗菌薬治療の再考.  第64回日本感染症学会東日本地方会総会,  札幌,  2015/10
6. ◎彦根 麻由, 阪本 直也, 太田 雅之, 鷲野 巧弥, 小林 謙一郎, 岩渕 千太郎, 根岸 久実子, 鴻巣 晶子, 相野田 祐介, 菊池 賢, 大西 健児, 風間 晴子: Gemella haemolysansによる感染性心内膜炎の1例.  第64回日本感染症学会東日本地方会総会,  札幌,  2015/10
7. ◎菊池 賢: 感染症領域における次世代シークエンサー&メタゲノム解析の将来展望 感染症診断における次世代シーケンサーの活用.  第89回日本感染症学会総会,  京都,  2015/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者