<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 感染症科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   菊池 賢
准教授:
   吉田 敦
講師:
   平井 由児
助教:
   相野田 祐介
   井口 成一
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約2500件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
血液培養の多施設研究やHIV感染症における多施設研究に参加しています。
また、私立大学協議会主導の多施設研究調査にも参加しています。
他、臨床研究を中心とした研究や、臨床微生物・臨床薬理学的な研究も行っており、国際学会を含む学会発表・論文発表も行っています。

教育
毎月初期研修医を2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては4年生の感染症学の講義のほか、学生実習にて感染症学の指導も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ Keywords
レンサ球菌 ブドウ球菌 病原性 分子疫学 薬剤耐性 感染性心内膜炎 深在性真菌症 感染症診断
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  公益法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院臨床研究助成  (研究課題番号:H-10-2016)
 研究課題:感染性心内膜炎を起こすviridans group streptococciの起源と心内膜炎発症機構の解明  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:500,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 特許
1.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法  ―37324285  (2005/10/21登録)
2.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法(米国特許)米国特許)  ―2458101  (2008/04/29登録)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  菊池 賢 :American Society for Microbiology Online mentor
2.  菊池 賢 :Microbial Drug Resistance Editor
3.  菊池 賢 :レンサ球菌研究会・世話人
4.  菊池 賢 :日本医真菌学会・編集委員
5.  菊池 賢 :日本化学療法学会・評議員
6.  菊池 賢 :日本感染症学会・評議員
7.  菊池 賢 :日本感染症学会東日本地方会・理事
8.  菊池 賢 :日本細菌学会 Microbiology and Immunology 副編集長
9.  菊池 賢 :日本細菌学会・用語委員
10.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・診療報酬委員会・委員長
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 2 4 6 2  0 1 0 0  4 18  0 0  2 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kikuchi Ken, Matsuda Mari, Iguchi Shigekazu, Mizutani Tomonori, Hiramatsu Keiichi, Tega-Ishii Michiru, Sansaka Kaori, Negishi Kenta, Shimada Kimie, Umemura Jun, Notake Shigeyuki, Yanagisawa Hideji, Takahashi Hiroshi, Yabusaki Reiko, Araoka Hideki, Yoneyama Akiko:  Potential Impact of Rapid Blood Culture Testing for Gram-Positive Bacteremia in Japan with the Verigene Gram-Positive Blood Culture Test.  The Canadian journal of infectious diseases & medical microbiology = Journal canadien des maladies infectieuses et de la microbiologie medicale  2017 :4896791 , 2017.2
2. Iguchi Shigekazu, Mizutani Tomonori, Hiramatsu Keiichi, Kikuchi Ken:  Rapid Acquisition of Linezolid Resistance in Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus: Role of Hypermutation and Homologous Recombination.  PloS one  11 (5) :e0155512 , 2016
総説及び解説
1. Yoshida Atsushi, Iguchi Shigekazu, Uzawa Yutaka, Kikuchi Ken*:  Translational applications of diagnostics of infectious diseases using infectomics approaches in clinical settings.  Journal of Bacteriology and Mycology Open Access  :00071. , 2016
症例報告
1. 荒野直子、関谷充晃、鈴木健司、植草利公、菊池 賢、高橋和久:  16S rRNA解析で診断した肺Mycobacterium xenopi症の1例.  日本呼吸器学会誌  6 (2) :89-94 , 2017.3
2. Seki Atsuko, Yoshida Atsushi, Matsuda Yoko, Kawata Mitsuhiro, Nishimura Takashi, Tanaka Jun, Misawa Yoshiki, Nakano Yuta, Asami Ryoko, Chida Koji, Kikuchi Ken, Arai Tomio:  Fatal fungal endocarditis by Aspergillus udagawae: an emerging cause of invasive aspergillosis.  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology  28 :14-17 , 2017.2
3. Seki Atsuko, Yoshida Atsushi, Matsuda Yoko, Kawata Mitsuhiro, Nishimura Takashi, Tanaka Jun, Misawa Yoshiki, Nakano Yuta, Asami Ryoko, Chida Koji, Kikuchi Ken, Arai Tomio:  Fatal fungal endocarditis by Aspergillus udagawae: an emerging cause of invasive aspergillosis.  Cardiovascular pathology : the official journal of the Society for Cardiovascular Pathology  28 :14-17 , 2017.2
4. 山本 由美子, 高尾 亞由子, 山本 雄嗣, 奥村 敏, 菊池 賢, 春田 郁子, 小林 馨:  原発性胆汁性肝硬変の寛解と歯科感染症の治療との関連が示唆された1例.  有病者歯科医療  25 (3) :213-219 , 2016.9
5. Kishii Kozue, Kikuchi Ken, Tomida Junko, Kawamura Yoshiaki, Yoshida Atsushi, Okuzumi Katsuko, Moriya Kyoji:  The first cases of human bacteremia caused by Acinetobacter seifertii in Japan.  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  22 (5) :342-5 , 2016.5
6. Iguchi Shigekazu, Hirai Yuji, Ainoda Yusuke, Isoda Noriko, Miura Hitomi, Egawa Hiroto, Yamamoto Masakazu, Kikuchi Ken:  Incidental diagnosis of oxyuriasis through a colonoscopy.  IDCases  4 :38-40 , 2016
7. Hirai Y, Asahata-Tagp S, Ainoda Y, Fujita T, Uzawa Y, Yamamoto K, Iiida T, Kikuchi K:  First case of liver abscess with endogenous endophthalmitis due to non-K1/K2 serotype hypermucoviscous Klebsiella pneumoniae clone ST268.  Journal of Gastrointestinal and Digestive System  6 :383 , 2016
その他
1. 田子 さやか, 菊池 賢:  【呼吸器感染症の最新の話題】 輸入される呼吸器感染症 輸入真菌感染症.  Respiratory Medical Research  4 (2) :111-116 , 2016.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 菊池 賢、吉田 敦、井口成一:  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2016.  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2016  1.  ライフサイエンス出版,  東京, 2016
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎菊池 賢: キノロン耐性に見る細菌の耐性獲得戦略.  第90回日本細菌学会総会,  仙台,  2017/03
2. ◎古垣内 美智子、井口 成一、吉田 敦、鵜澤 豊、菊池 賢: ヒト臨床検体から分離されたGemellaの再分類.  第90回日本細菌学会総会,  仙台市,  2017/03
3. ◎竹澤 理子、井口 成一、吉田 敦、鵜澤 豊、菊池 賢: 日本のMSSAに対するβーラクタム薬のinoculum effect.  第90回日本細菌学会総会,  仙台市,  2017/03
4. ◎樋口 健太郎、井口 成一、吉田 敦、鵜澤 豊、菊池 賢: 臨床材料から分離される”Candida dubliniensis"の鑑別手法の検討.  第90回日本細菌学会総会,  仙台市,  2017/03
5. ◎野老 洋夫、井口 成一、吉田 敦、鵜澤 豊、石川元直、菊池 賢,: Daptomycin使用中に耐性を獲得したmethicillin-resistant Staphylococcus aureusのdaptomycin耐性機構.  第90回日本細菌学会総会,  仙台市,  2017/03
6. ◎両角 一輝、佐々木 崇、平松 啓一、小林 宣道、菊池 賢、磯貝 恵美子: 薬剤耐性菌に対する抗菌ペプチドPersulcatusinの効果とその抗菌メカニズム.  第90回日本細菌学会総会,  仙台市,  2017/03
7. ◎古垣内 美智子, 菊池 賢, 吉田 敦, 江口 香織, 戸田 宏文, 宇都宮 孝治, 松浦 宏美, 上硲 俊法: Methicillin-resistant Staphylococcus pseudintermedius(MRSP)とMRSAの鑑別に苦慮した1例.  第28回日本臨床微生物学会総会,  長崎,  2017/01
8. ◎高岡 美也子, 伊藤 葵, 西潟 唯, 村上 由香, 佐藤 純江, 坂元 靖, 柄澤 利子, 後藤 亜江子, 鶴岡 直樹, 岡本 友紀, 鈴木 弘倫, 鵜澤 豊, 井口 成一, 吉田 敦, 菊池 賢, 中嶋 順子, 花井 豪, 内潟 安子: Mycobacterium iranicumによるCAPD腹膜炎の1例.  第28回日本臨床微生物学会総会,  長崎,  2017/01
9. ◎佐藤 純江, 伊藤 葵, 西潟 唯, 村上 由香, 高岡 美也子, 後藤 亜江子, 坂元 靖, 柄澤 利子, 鶴岡 直樹, 三浦 ひとみ, 鵜澤 豊, 井口 成一, 菊池 賢, 野口 学, 田子 さやか: Coccidioides immitisによる慢性中耳炎の1例.  第28回日本臨床微生物学会総会,  長崎,  2017/01
10. ◎山内 康加, 山田 茜, 三坂 香織, 上岡 奈未, 船田 雄太, 宮井 美津男, 菊池 賢: 血液培養からAggregatibacter actinomycetemcomitansを検出した1例.  第28回日本臨床微生物学会総会,  長崎,  2017/01
全件表示(25件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者