<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 母子総合医療センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   水主川 純
   和田 雅樹
   正岡 直樹
准教授:
   内山 温
   垣内 五月
   中林 章
講師:
   石谷 健
   戸津 五月
   増本 健一
助教:
   大野 秀子
   細川 真一
   阿部 結貴
   今井 憲
   小熊 怜子
   小保内 俊雅
   金沢 純子
   藏本 吾郎
   首里 京子
   鈴木 正人

   鈴木 優人
   土山 史佳
   西田 俊彦
   堀部 悠
■ 概要
当センターはハイリスク妊婦および新生児の高度専門医療を24時間体制で実践するところです。そのため、母体・胎児集中治療室(MFICU)と新生児集中治療室(NICU)を、それぞれ、9床および15床備えています。さらにこれらの集中治療室の後方病床も整備されています。また、国の周産期医療対策整備事業に則り、総合周産期母子医療センターに東京都から認定されています。そして、東京都外も含め、多くの母体および新生児の紹介入院を受け入れています。当センターの最大の特色は、母体および新生児の全ての疾患および合併症に対応できることです。これは東京女子医科大学病院のメディカルセンターとしての機能を最大限に活かしたもので、全国でも類を見ない機能を備えた周産期センターです。特に母体に糖尿病、腎疾患、膠原病、心疾患等を合併した症例数はわが国でトップクラスです。また、その予後も他施設に比べ良好で、その優秀さが海外の教科書に紹介されたことがあります。

さらなる特色としては、MFICU、NICUとも多くの医療機器が所狭しと並んでいますが、実践している医療は「人のこころ」を基本としているところです。母体と新生児をケアするセンターとして特に配慮している点です。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 3 1 1 1 0  0 0 0 0  0 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 水主川純:  【周産期学必修知識第9版】周産期の性教育.  周産期医学  51 (増) :1188-1190 , 2021.12
2. 水主川純:  【周産期診療の新しい方向性】社会的ハイリスク妊娠の問題点.  小児外科  53 (7) :697-699 , 2021.7
3. 水主川純:  社会的ハイリスク妊娠 特定妊婦への対応と課題.  日本周産期・新生児医学会雑誌  56 (4) :607-609 , 2021.4
症例報告
1. 池端英理子, 阿部結貴, 佐藤直, 山口暁子, 村田周子, 永田怜子, 鈴木優人, 水主川純, 田畑務:  大動脈峡部拡張期逆流を認めた胎児発育不全の1例 言語コミュニケーションが困難な患者に対する説明方法.  東京産科婦人科学会会誌  70 (4) :739-743 , 2021.10
2. Kakogawa Jun, Ogawa Masaki, Suzuki Nao, Tabata Tsutomu:  Successful pregnancy after limb-sparing hemipelvectomy for Ewing sarcoma: Case report and literature review.  Taiwanese Journal of Obstetrics and Gynecology  60 (4) :787-790 , 2021.7   DOI:10.1016/j.tjog.2021.05.038
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎大木里花子, 海上耕平, 水主川純, 別府寛子, 八木澤隆史, 神澤太一, 土岐大介, 白川浩希, 清水朋一, 尾本和也, 乾政志, 田邉一成, 高木敏男, 石田英樹: 腎移植後妊娠による母体、移植腎への影響に関する臨床的検討.  第55回日本臨床腎移植学会,  オンライン,  2022/02
2. ◎小林文, 有村健, 菊池賢, 新井里子, 和田雅樹, 田畑務, 徳重克年, 川名正敏, 多賀谷悦子: SARS-CoV-2 陽性妊婦の救急外来での経膣分娩と当院における院内感染対策について.  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者