(最終更新日:2022-04-07 14:55:28)
  カコガワ ジユン
  水主川 純
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  母子総合医療センター
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  「貧血に出会ったら やさしくわかる貧血の診かた」 2020/04/30
2. 編集・監修  「乳腺炎ケアガイドライン2020」 2020/04/30
3. 部分執筆  「虐待(嬰児殺) 事例と歴史的考察から考える子ども虐待死」 2020/01/10
4. 部分執筆  平成27・28年度研究報告書 嬰児殺に関する研究「平成27・28年度研究報告書 嬰児殺に関する研究」 2018/03/30
5. 部分執筆  「平成27・28年度 研究報告書 嬰児殺に関する研究」 2018/03/30
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 総説  【周産期学必修知識第9版】周産期の性教育 2021/12
2. 症例報告  大動脈峡部拡張期逆流を認めた胎児発育不全の1例 言語コミュニケーションが困難な患者に対する説明方法 2021/10
3. 症例報告  Successful pregnancy after limb-sparing hemipelvectomy for Ewing sarcoma: Case report and literature review. 2021/07
4. 総説  【周産期診療の新しい方向性】社会的ハイリスク妊娠の問題点 2021/07
5. 総説  社会的ハイリスク妊娠 特定妊婦への対応と課題 2021/04
全件表示(123件)
■ 学会発表
1. 腎移植後妊娠による母体、移植腎への影響に関する臨床的検討 (口頭発表,一般) 2022/02/24
2. 羊水過多を合併し、生後に児が乳児血管腫と診断された胎盤血管腫の1例 (口頭発表,一般) 2020/06/14
3. 妊婦健康診査未受診妊婦に対し、多職種の連携により児の養育方針を決定した1例 (口頭発表,一般) 2020/02
4. 胎児肝腫大は重症一過性骨髄異常増殖症の出生前診断マーカーとなりうるか (口頭発表,一般) 2019/12/07
5. いま,妊娠・出産の現場で何が起こっているのか (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/12
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2020/01 妊娠期からのハイリスク家庭の発見と支援
2. 2019/12 医療機関での予期せぬ妊娠の現状とその対応
3. 2019/11 若年妊娠の問題と対応
4. 2019/08 妊産婦への切れ目ない支援 HIV感染妊婦も含めて
5. 2019/07 ママに知ってほしい子宮のこと
■ 講師・講演
1. 2021/12/07 特定妊婦・要支援家庭への支援〜コロナ禍の現状と今できること〜
2. 2021/11/01 妊婦と家族講座 妊婦と家族を支える力
■ 学歴
1. 2002/04~2006/03 浜松医科大学 医学研究科 医学科 博士課程修了 医学博士
2. 1994/04~2000/03 浜松医科大学 医学部 医学科 卒業 学士