<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 耳鼻咽喉科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   野中 学
   中溝 宗永
准教授:
   山村 幸江
講師:
   瀬尾 友佳子
助教:
   稲井 俊太
   一瀬 和美
   草間 薫
   近藤 律男
   崎谷 恵理
   佐藤 えみり
   富田 英莉香
   野島 知人
   向井 昌功
■ 概要
<B>ミクリッツ病・IgG4関連疾患の病理学的検討</B>
IgG4関連疾患として理解されつつあるミクリッツ病、キュットナー腫瘍の臨床ならびに基礎的研究を行っています。
<B>木村病の病態解明と新しい治療法</B>
木村病の発症機序解明のため、次世代シークエンサーを用いて遺伝子解析を行いTSLP、TSLPRの関与について検討。抗IgE抗体を用いた新しい治療法に挑戦する。
<B>アレルギ-性鼻炎病態形成にける上皮細胞の役割について</B>
アレルギ-性鼻炎の病態形成には、鼻粘膜の上皮細胞は重要な働きをしています。Nasal brushingの手法を用い、季節性アレルギ-性鼻炎の吸入抗原暴露を受けているときと、受けていないときの、上皮細胞におけるサイトカイン、ケモカインなどの発現の経時的変化を検討しています。
<B>好酸球性副鼻腔炎治療指針の作成</B>
近年増加している型で好酸球の浸潤が顕著にみられます。病因解明の基礎的研究を行いながら、ステロイド点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などの有効性を検討し、内視鏡下副鼻腔手術を含め、重症度に合わせた治療指針の作成を行っています。 好酸球性中耳炎の病態解明と有効な治療法の検討
昨年、好酸球性中耳炎の研究グル-プの1人として好酸球性中耳炎の診断基準を作成しました。好酸球性中耳炎には、軽症なものから重症なものまであり、その違いはどうしておこるのか検討しています。
<B>鼻・副鼻腔線維芽細胞の特殊性と慢性副鼻腔炎病態形成における役割の解明</B>
近年、線維芽細胞は自然免疫や獲得免疫に深く関わっていることが分かってきています。特に最近では、鼻・副鼻腔線維芽細胞は、慢性副鼻腔炎の病態形成に重要な種々のtoll like receotprs (TLRs)に反応することを解明しました。現在は、人の複雑な生体反応に重要な働きをしていますnon coding RNAの、鼻・副鼻腔線維芽細胞における発現を検討しています。
唾液腺TcシンチグラフィにおいてWarthin腫瘍とオンコサイトーマは特異的に集積像を示します。集積の機序の解明のため、細胞膜でヨード能動輸送を担うNISに着目し、唾液腺腫瘍における発現を調べています。
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 2 0 0 5  0 2 0 0  3 14  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamamura Yukie, Seo Yukako, Nonaka Manabu:  Etiologies and Treatment Outcomes of 419 Patients with Taste Disorders.  Tokyo Women's Medical University Journal  早期公開 :1-1 , 2022.2   DOI:https://doi.org/10.24488/twmuj.2021011
2. Nojima Tomohito, Nonaka Manabu, Seo Yukako, Yamamura Yukie, Mukai Masayoshi:  Increased Expression of Activation-Induced Cytidine Deaminase in Sinus Mucosa from IgG4-Related Disease Patients with Comorbid Chronic Rhinosinusitis.  ORL  83 (4) :286-294 , 2021.6   DOI:10.1159/000515797
3. Akaba Tomohiro, Kondo Mitsuko, Kobayashi Fumi, Honda Nahoko, Muramatsu Soshi, Yagi Osamitsu, Takeyama Kiyoshi, Seo Yukako, Nonaka Manabu, Tagaya Etsuko:  Characteristics of patients with severe asthma who experienced treatment failure with omalizumab.  Pulmonary pharmacology & therapeutics  68 :102032 , 2021.6   DOI:10.1016/j.pupt.2021.102032
4. Arimura Ken, Tagaya Etsuko, Kikuchi Ken, Mitsuda Toshihiro, Yasuda Gaku, Azuma Haruna, Konda Naoko, Ikarashi Yuichi, Chiba Yukihide, Kusama Kaoru, Sakama Reiko, Hagiwara Shotaro, Shimizu Satoru, Shimamoto Ken, Nomura Minoru, Yaguchi Arino, Niinami Hiroshi, Kondo Mitsuko, Tanabe Kazunari, Kawana Masatoshi:  Polymerase-chain reaction testing to prevent hospital-acquired severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 infection in Shinjuku, an epicenter in Tokyo: The Tokyo Women's Medical University model.  Respiratory investigation  59 (3) :356-359 , 2021.5   DOI:10.1016/j.resinv.2020.12.009
総説及び解説
1. 向井昌功:  頭痛をきたす鼻副鼻腔疾患.  ENTONI  268 :13-17 , 2022.3
2. 山村 幸江:  【みみ・はな・のどの外来診療update-知っておきたい達人のコツ26-】舌痛症.  ENTONI  (257) :74-78 , 2021.4   DOI:J03602
3. 瀬尾 友佳子, 野中 学:  【喘息病態の難治化因子】好酸球性副鼻腔炎・好酸球性中耳炎.  アレルギーの臨床  41 (4) :289-292 , 2021.4
症例報告
1. 五島 可奈子, 佐藤 えみり, 瀬尾 友佳子, 野中 学:  Crohn病に対するTNF-α阻害薬による治療中に発症した中耳・咽喉頭結核の1例.  東京女子医科大学雑誌  91 (2) :153-157 , 2021.4   DOI:https://doi.org/10.24488/jtwmu.91.2_153
2. Tomoo Jikuzono, Shigekazu Suzuki, Osamu Ishibashi, Shoko Kure, Atsuko Sakanushi, Munenaga Nakamizo, Masashi Kawamoto, Ryuji Ohashi, Tetsu Yamada, Iwao Sugitani:  Clinical Utility of Fine Needle Aspiration Cytology for Adenoid Cystic Carcinoma of the Trachea with Thyroid Invasion: A Case Report.  Journal o Nippon Medical School  :1-17 , 2021   DOI:https://doi.org/10.1272/jnms.JNMS.2022_89-207
ページの先頭へ
■ 著書
1. 向井 昌功, 佐藤 えみり, 野島 知人, 瀬尾 友佳子, 崎谷 恵理, 五島 可奈子, 中溝 宗永, 野中 学:  内視鏡下経前頭洞ドレナージと補助的小外切開の併用で治癒した上壁型眼窩骨膜下膿瘍例.  日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報  1614-1618.  (一社)日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会,  日本, 2021.12 Link
2. 向井 昌功:  内視鏡下鼻副鼻腔手術の合併症とその対応 内視鏡下鼻副鼻腔手術の副損傷予防策.  日本鼻科学会会誌  285.  (一社)日本鼻科学会,  日本, 2021.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎田宮亜希子, 富田英莉香, 瀬尾友佳子, 野中学: 当科で経験した浸潤型副鼻腔真菌症の6症例.  第60回日本鼻科学会,  滋賀県琵琶湖ホテル・大津市民会館,  2021/09
2. 向井昌功, 稲井俊太, 中溝宗永, 野中学: 翼口蓋神経節分枝から発生したと考えられる上咽頭神経鞘腫の1例.  第31回日本頭頸部外科学会総会・学術講演会,  大阪,  2022/03
3. ◎藤倉思草, 猪井咲良, 大川拓也, 道下麻未, 權藤茉由子, 水落清, 鏑木陽一郎, 竹下暁子, 野島知人, 瀬尾友佳子, 野中学, 永田智, 【指定発言】◎鶴田敏久: 深頸部膿瘍を契機に診断された自己免疫性好中球減少症.  第677回日本小児科学会東京都地方会講話会,  東京(Web),  2021/12
4. 中溝宗永: 「皮膚外科(リンパ節郭清を極める)」頸部リンパ節郭清.  第85回日本皮膚科学会東京支部学術大会,  東京,  2021/11
5. 中本実沙, 草間薫, 中溝宗永, 野中学: 末梢性顔面神経麻痺を発症した茎状突起過長症の一例.  第31回 日本耳科学会 総会・学術講演会,  ヒルトン東京お台場,  2021/10
全件表示(18件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者